地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

自主事業

戻る

 東京芸術見本市 2005 セミナー風景 (平成17年度)

東京芸術見本市 2005 ブース出展風景 (平成17年度)

  1. 東京芸術見本市 2005 セミナー風景 (平成17年度)
  2. 東京芸術見本市 2005 ブース出展風景 (平成17年度)

芸術見本市

 国内外の舞台芸術制作者、アートカンパニー、公立ホールの運営団体などが参加し、情報交換を行う「芸術見本市」を関連団体とともに開催しています。見本市には、各団体が自らの情報を発信するブース部門、アートカンパニーが短い公演を行うショーケース部門などがあります。また、地域の芸術文化環境への理解を深めるためのセミナーやシンポジウム、ワークショップなども開催しています。


芸術見本市の考え方

芸術見本市の考え方

スケジュール(平成21年度)

時期(予定) 内容 提出書類
2009年(平成21年)
10月〜 ブース出展者など募集 -
2010年(平成22年)
1月〜 地域創造主催セミナー参加者募集 -
3月1日〜3月4日 東京芸術見本市2010開催
*期間中地域創造主催セミナーを開催
出展申込み・参加登録等は、公式HPで受付予定
http://www.tpam.or.jp/

事業実績

1 舞台芸術・芸能見本市大阪(参加実績)

事業実施日 会場 地域創造主催事業
2000年度(平成12年度)第1回
2000年(平成12年)
8月3日〜8月4日
大阪国際会議場 シンポジウム「アートを身近にするために〜アウトリーチの役割について」
(社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2001年度(平成13年度)第2回
2001年(平成13年)
7月31日〜8月1日
大阪国際会議場 シンポジウム「アウトリーチ活動のすすめ〜地域資源を活用する」
(社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2002年度(平成14年度)第3回
2002年(平成14年)
8月8日〜8月9日
大阪国際会議場 シンポジウム「地域資源と文化の新たな出会い〜これからの事業展開を考える」
(社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2003年度(平成15年度)第4回
2003年(平成15年)
8月8日〜8月9日
大阪国際会議場 シンポジウム「アウトリーチを評価する!」
ワークショップ「芸術を体験してみよう」
(すべて社団法人全国公立文化施設協会と共同開催
2004年度(平成16年度)第5回
2004年(平成16年)
7月29日〜7月31日
大阪国際会議場 シンポジウム「地域文化施設の活力を!〜これからの運営を考える」
ワークショップ「リズムと遊ぼう!マリンバとボディパーカッション」
(すべて社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2005年度(平成17年度)第6回
2005年(平成17年)
7月25日〜7月27日
大阪ビジネスパーク シンポジウム「2005!公立文化施設はどう変わる!?−市町村合併・指定管理者制度をむかえて−」
(社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2006年度(平成18年度)第7回
2006年(平成18年)
7月27日〜7月29日
大阪ビジネスパーク シンポジウム、ワークショップ
「公立文化施設の新たな挑戦〜コンテンポラリーダンスが地域を変える!?」
(社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)

※主催団体(大阪21世紀協会)の都合により平成18年度で事業終了

2 東京芸術見本市(開催実績)

事業実施日 会場 地域創造主催事業
1995年度(平成7年度) 第1回
1995年(平成7年)
9月19日〜9月21日
東京芸術劇場/メトロポリタンプラザ 地域創造主催事業:開催せず
1996年度(平成8年度)第2回
1997年(平成9年)
2月25日〜2月27日
東京国際フォーラム セミナー「地域がおもしろくなる〜吉本戦略」「アーティストと地域」(*)
「文化の核(コア)としての劇場」(*)「ミュージカルの魅力」
(*は国際交流基金と共同開催)
1998年度(平成10年度)第3回
1998年(平成10年)
9月4日〜9月5日
東京国際フォーラム シンポジウム「基調講演:公立ホールの今後を見据えて」
「ホールにおけるネットワーク活動の現状と今後の方向性」
「21世紀ホールが備えるべきソフトの現状と今後の方向性」
(すべて社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
1999年度(平成11年度)第4回
1999年(平成11年)
8月31日〜9月1日
東京国際フォーラム シンポジウム「ホールにおける市民参加型事業」(*)
「公共ホール運営への市民参加」(*)「1999地域演劇事情」
(*は社団法人全国公立文化施設協会と共同開催)
2000年度(平成12年度)第5回
2000年(平成12年)
8月3日〜8月4日
東京国際フォーラム シンポジウム「アートに触れてみよう〜アウトリーチの現状と可能性について〜」(*)
レクチャー「フランスのヌーヴォー・シルク〜その起源と発展」、
セミナー「地域演劇事情2000」
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2001年度(平成13年度)第6回
2001年(平成13年)
9月12日〜9月13日
東京国際フォーラム シンポジウム/分科会「アウトリーチ活動のすすめ〜地域資源を活用する〜」(*)
対談「リージョナル注目の女性演出家特集」
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2002年度(平成14年度)第7回
2002年(平成14年)
8月19日〜8月21日
東京国際フォーラム シンポジウム「文化が地域をつくる」「これからの公共ホール・求められる公共ホール」
「地域の資源と文化の新たな出会い〜これからの事業展開を考える」
(すべて社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2003年度(平成15年度)第8回
2003年(平成15年)
12月9日〜12月11日
東京芸術劇場、ホテルメトロポリタンほか シンポジウム「公共ホールとアートNPOとの連携について考える」(*)
セミナー「劇場による人材育成」(**)「劇場間ネットワークによる事業展開」(**)
スペシャルトーク「リージョナルシアター・シリーズ5周年」
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催、**は国際交流基金との共同開催)
2004年度(平成16年度)第9回
2004年(平成16年)
8月29日〜8月31日
東京芸術劇場ほか シンポジウム「公立文化施設の明日を考える−政策評価と指定管理者制度−」(*)
ワークショップ「音楽を体験してみよう!」
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2005年度(平成17年度)第10回
2005年(平成17年)
9月12日〜9月15日
東京国際フォーラムほか シンポジウム「2005!公立文化施設はどう変わる!?−市町村合併・指定管理者制度をむかえて−」(*)
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2006年度(平成18年度)第11回
2007年(平成19年)
3月5日〜3月8日
東京国際フォーラムほか シンポジウム「公立文化施設における政策評価のあり方を考える〜使命・役割の再確認に向けて」(*)
(*は社団法人全国公立文化施設協会との共同開催)
2007年度(平成19年度)第12回
2008年(平成20年)
3月4日〜3月7日
恵比寿ガーデンプレイスほか セミナー「魅力ある公立文化施設」のための年間プログラムづくり
〜政策評価の視点から〜
2008年度(平成20年度)第13回
2009年(平成21年)
恵比寿ガーデンプレイスほか セミナー「アウトリーチを検証する!」
〜文化・芸術による地域交流プログラムの新たな可能性を考える〜

ページトップへ↑