地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

自主事業

戻る

公立美術館活性化事業

公立美術館活性化事業
事業名 内容 助成対象 助成措置
都道府県
政令指定都市等
市区町村等 助成率 助成額の上限 助成期間
1.市町村立美術館活性化事業 地域創造が企画提案する巡回展に参加しながら、他館との連携の中でスキルアップが図れる、エントリー型の事業 ×
実行
委員会
事業経費から
入場料等収入を
控除した額の2/3
1200万円 1年間
2.公立美術館巡回展支援事業 公立美術館の自主企画による、コレクションを活用した巡回展の実施を、準備経費を含め2年間にわたり助成。
実行
委員会

実行
委員会
(1年目・準備年度)
250万円
(2年目・開催年度)
2,000万円
2年間
3.地域の公立美術館ネットワーク事業 同一都道府県内の公立美術館による連携事業を支援。巡回展に限らず同時開催展など、多様な形態の展覧会が対象。
実行
委員会

実行
委員会
1,000万円 1年間

公立美術館活性化事業 企画検討委員 名簿

(平成22年4月〜平成24年3月)

委員 荒井 直美 新潟市新津美術館 学芸員
委員 大月 ヒロ子 有限会社イデア 代表取締役
委員 河村 章代 高知県立美術館 主任学芸員
副委員長 佐藤 友哉 北海道立近代美術館 学芸副館長
委員 志賀 秀孝 府中市美術館 学芸係長
委員 泰井 良 静岡県立美術館 主任学芸員
委員 高橋 直裕 世田谷美術館 教育普及担当課長
委員 知念 理 大阪市立美術館 主任学芸員
委員長 古川 秀昭 岐阜県美術館 館長
委員 松田 弘 広島県立美術館 事務局次長兼学芸課長
委員 三上 満良 宮城県美術館 統括研究員
委員 村田 真宏 愛知県美術館 副館長
委員 山西 健夫 鹿児島市立美術館 学芸主幹

(敬称略・五十音順)

 

ページトップへ↑