地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

自主事業

戻る

アクティビティとは

アクティビティとは、アウトリーチコンサートや、レクチャー、ワークショップなど音楽を通して地域と交流するプログラムです。

これまでに行われたアクティビティの例を紹介します。この他にも、その地域ならではの様々なアクティビティ&コンサートが行われています。

ACTIVITY アーティストとの出会いの場

○ 学校訪問コンサート

写真未来の聴衆となる子ども達が、クラシック音楽と出会うコンサートです。 音楽室や教室など、アーティストの息づかいが感じられるような小さな会場で開催します。 子ども達はとても感性豊か。本物の演奏には敏感に、ダイレクトに反応します。プロのテクニックと生の音の迫力に、子ども達から歓声があがる場面も。アーティストも真剣勝負です。

○ 病院、福祉施設への訪問コンサート

ホールへ足を運ぶことが難しい地域の人々のために開催するコンサートです。これまで病院、特別養護老人ホーム、養護学校などを訪問しています。「元気がでました」「こんなに楽しいのは久しぶり」。実は、一番音楽を待っている方々かもしれません。

○ 雰囲気を変えて

ホワイエや美術館などでコンサートを開催し、ホールとは違うリラックスした雰囲気の中で音楽を楽しんでもらうコンサートです。「クラシックは堅苦しくって」と“食わずぎらい”の方々に、「食べてみようかな」と思ってもらえるかどうか。アイデアが問われるコンサートです。

○ クリニック&ワークショップ

写真地域の音楽愛好家を対象としたクリニックや、音楽初心者も参加できるワークショップを開催します。「人間の身体って楽器なんですね」。参加者が、プロと一緒に演奏や歌にチャレンジすることで、音楽の魅力を改めて発見できる場をつくります。

○ 他のジャンルとの組み合せ

写真絵や写真、朗読、パフォーマンス、伝統芸能など 他のジャンルの表現と演奏を組み合せたコンサートです。これまで絵本の読み聞かせと演奏を組み合せたコンサートなどを開催しました。「こんな事をやってみたかった」というアーティストのアイデアを少し冒険して実現してみる。クラシック音楽の新しい可能性が広がるかもしれません。

○ Etc...

ここにあげた例はほんの一例です。この事業では、公共ホールの担当者とアーティストがダイレクトに意見を交換し企画を組み立てる、オーダーメイド事業です。コミュニケーション次第でアクティビティもコンサートも その可能性はどんどん広がります。その地域、アーティストならではのオリジナルのアクティビティ&コンサートをつくってみませんか?

ページトップへ↑