地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

自主事業

戻る

公共ホール音楽活性化関連

地域においてクラシック音楽を身近なものとするため、演奏家等を公共ホールに派遣し、地方公共団体等と共催でコンサートとアクティビティ(地域との交流を図る演奏交流プログラム)を実施します。  また、企画から公演に至る過程において、企画・制作能力を高めるための研修機会を提供することで、地域のアーツスタッフの育成、地域文化の活性化を図ります。

アクティビティについて

公共ホール音楽活性化事業の概要

趣旨・目的
対象団体
実施形態 地域創造が負担・助成する
経費及び支援内容
(通称おんかつ)
公共ホール音楽活性化事業

おんかつスタートプログラム
【趣旨・目的】
  地域創造に登録されたクラシックの新進演奏家を地域の公共ホールへ派遣し、アクティビティとコンサートを実施します。
  事業の実施を通じて、生の音楽に触れる機会の少ない人々に音楽を届けるとともに、演奏家とホールとの共同作業による地域オリジナルの企画づくりを目指します。

【対象団体】
  当該事業を実施したことのない市町村等
共 催 【負担経費】
・演奏家派遣経費…全額
・地域交流事業負担金…10万円を限度

【支援内容】
・コーディネーターの派遣
・全体研修会の開催
※上記に係る経費は全額地域創造が負担する。
(通称おんかつ支援)
公共ホール音楽活性化支援事業


おんかつフォローアップメニュー
【趣旨・目的】
  公共ホール音楽活性化事業で蓄積したノウハウを活用して、引き続き同様の事業を実施する団体に対して、財政的な支援を行います。

【対象団体】
  公共ホール音楽活性化事業を過去2年以内に実施した市町村等
助 成 【助成経費】
  下記の対象経費合計額の2/3(支援1年目)または1/3(支援2年目)
・演奏家派遣経費
・地域交流事業に係る経費(ピアノ調律料のみとし、10万円を限度とする。)
(通称おんかつ応用)
公共ホール音楽活性化事業・応用プログラム

おんかつ発展メニュー
【趣旨・目的】
  公共ホール音楽活性化事業、公共ホール音楽活性化支援事業で培ったノウハウと考え方に基づいて、地域交流プログラムの手法を活用した発展的で応用的な企画づくりを目指します。
企画テーマ例
・教育、福祉など他分野との連携(平成19年度 島根県出雲市)
・地域住民との作品創作活動(平成19、20年度 大分県豊後大野市)
・新たなワークショップづくり(平成21、22年度 福岡県直方市)

【対象団体】
  公共ホール音楽活性化事業の実施実績があり、公共ホール音楽活性化支援事業を実施したことのある市町村等または実施したと同等と認められる市町村等
共 催 【負担経費】
  下記の対象経費合計額の2/3(派遣1回目及び2回目)または1/2(派遣3回目から6回目)
・演奏家派遣経費
・地域交流事業に係る経費
(ピアノ調律料及び借上料のみとし、限度額は実施回数により10万円または15万円とする。)

【支援内容】
・コーディネーターの派遣
・企画会議の開催
※上記に係る経費は全額地域創造が負担する。

趣旨・目的
対象団体
実施形態 地域創造が負担・助成する
経費及び支援内容
(通称フォーラム)
公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業

都道府県・政令市向けプログラム
【趣旨・目的】
  都道府県・政令指定都市の参加のもと、2年度にわたって研修会や域内市町村でのアウトリーチ、コンサートなどの事業を実施することで、アウトリーチの手法およびアウトリーチによる事業展開の普及を目指します。
  また、この事業の実施を通じて、都道府県・政令指定都市へ、公共ホール音楽活性化事業で培われたノウハウの蓄積を図るとともに、公共ホールと住民との新たな関係づくりや地元音楽関係者とのネットワークづくりを行います。

【対象団体】
  当該事業を実施したことのない都道府県、政令指定都市
共 催 【負担経費】
@都道府県主催事業
・経費の一部を負担(2年間で50万円を限度)
・アーティスト研修に係る経費のうち、ピアノ調律費、現地楽器運搬費(アーティストの移動経費に相当)を地域創造が負担(公演の調律費は除く)
A市町村公演事業
・経費の一部を負担(5万円限度/団体)
・ピアノ調律費の一部を負担(15万円限度/団体)

【支援内容】
・コーディネーターの派遣
・アーティストの派遣
※上記に係る経費は全額地域創造が負担する。

※詳細は、各事業ページをご覧ください。

ページトップへ↑