地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

戻る

公共ホール現代ダンス活性化支援事業(通称名:ダン活支援)

  公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)を実施した団体を対象としたフォローアップ事業です。対象団体が、同事業で蓄積したノウハウを活用し、登録アーティストとして実績のあるアーティストを招いて、コンテンポラリーダンス公演と地域交流プログラム(アウトリーチと公募のワークショップ)を自主的に企画・実施し、地域創造が財政的な支援を行います。


公共ホール現代ダンス活性化支援事業の仕組み

公共ホール現代ダンス活性化支援事業の仕組み

スケジュール(令和2年度事業実施の場合)

時期(予定) 内容 提出書類
令和元年度(前年度)
7月中旬〜9月上旬 事業申請書の受付
(9月上旬締切)
事業申請書 他
10月〜 事業内定通知(10月)
アーティストへ出演依頼
-
12月 実施計画書の提出(12月下旬締切) 事業実施計画書 他
令和2年度(実施年度)
4月上旬 助成決定通知 -
4月〜翌年 事業の実施 -
変更承認申請書の提出
(助成決定通知後に申請内容に変更が生じた場合は速やかに提出すること。なお、変更の内容によっては事業の用件を満たさなくなり、助成できない場合がある。)
変更承認申請書 他
事業終了後
30日以内
実績報告、助成金の請求 実績報告書 他

令和元年度事業日程

令和元年度は制度見直しに伴う移行期のため実施団体なし


実績

 
 平成30年度(2018年度)
都道府県
市町村名
実施団体
( 施 設 )
アーティスト 実 施 日
島根県
松江市
 (公財)しまね文化振興財団
 (島根県民会館)
 田畑真希 12月13日〜14日
1月22日〜28日
大阪府
八尾市
 (公財)八尾市文化振興事業団
 (八尾市文化会館プリズムホール)
 北村成美 11月29日〜12月1日
1月22日〜27日
計 2団体

平成21〜29年度の実績

ページトップへ↑