地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

地域通信

6月号-No.122


関東北陸・中部近畿中国・四国九州・沖縄トピックス

●データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●で表示してあるのは開催地です。
地域創造の支援事業 マークが付いている事業は地域創造の支援事業です。
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。


関東
●茨城県水戸市
水戸市芸術振興財団
〒310-0063 水戸市五軒町1-6-8
Tel. 029-227-8123 辻本力
シリーズ・日本の劇作家たち3『北京の幽霊』
日本人のドラマを描いた劇作家に焦点を当て、日本語の美しさなどを再発見することを目指してスタートしたシリーズの第3弾。飯沢匡の戯曲『北京の幽霊』を松本小四郎の演出で上演。昭和15年の北京を舞台に、日本人一家と幽霊の交流を描いた、ちょっと怖い、しかし心温まるコメディー作品。
[出演]冨岡弘、米川理恵子、水戸芸術館専属劇団ACMほか
[日程]6月3日〜6月12日
[会場]水戸芸術館ACM劇場

●栃木県栃木市
とちぎ蔵の街美術館
〒328-0015 栃木市万町3-23
Tel. 0282-20-8228 河野エリ
ヨーロッパ・ガラス名品の旅─ヴェネチア・ボヘミア・ドイツ・イギリスなど─
ヴェネチアで開花したヨーロッパ近代のガラス工芸が、ボヘミアなど各地に伝わり、地方独特の芸術へと発展してゆく過程を辿る企画展。サントリー美術館のコレクションより、グラス、水差、ペーパーウェイトなど111点を展示。スライドレクチャー、ギャラリー・トークも開催。
[日程]4月12日〜6月15日
[会場]とちぎ蔵の街美術館

●埼玉県川口市
(財)川口総合文化センター
〒332-0015 川口市川口3-1-1
Tel. 048-258-2000 大畑和正
重要無形文化財「雅楽」特別公演 宮中雅楽の夕べ
年に2回程度しか外部で行わない宮内庁楽部による公演が、開館15周年記念事業として実現。演目は、管弦『平調音取』『催馬楽更衣』、舞楽『賀殿』ほか。管弦の部では楽器紹介も行われる。
[日程]6月18日
[会場]川口総合文化センター・リリア

●東京都三鷹市
三鷹市芸術文化振興財団
〒181-0012 三鷹市上連雀6-12-14
Tel. 0422-47-5122 森元・森川
“桜桃忌スペシャル”太宰治作品をモチーフにした演劇第2回
『わたしの王国〜中期短編作品より〜』
昨年から太宰治を偲ぶ桜桃忌の時期に彼の作品をモチーフにした演劇公演を実施。今年は昭和初期の三鷹を舞台にした作品で、にんじんボーン主宰の宮本勝行が演出。関連事業として、俳優・大杉が太宰の作品を朗読する「太宰を聴く」を実施。
[日程]6月23日〜6月26日
[会場]三鷹市芸術文化センター星のホール

●東京都板橋区
板橋区立美術館
〒175-0092 板橋区赤塚5-34-27
Tel. 03-3979-3251 佐藤・安村
館蔵品展「江戸狩野派ってなに?」
当館のコレクションである江戸狩野派の作品をユニークな方法で紹介。「美人図→奥様、和歌を詠む」「龍虎図屏風→ドラゴン・タイガー最終決戦」など、作品の題名を現代風に改めて紹介するなど、難解と思われがちな狩野派作品を楽しく鑑賞する。本物の屏風を間近に鑑賞できる「お座敷コーナー」や、江戸狩野派連続講話も。
[日程]前期:4月23日〜5月29日、後期:5月31日〜7月3日
[会場]板橋区立美術館

●川崎市
川崎市市民ミュージアム
〒211-0052 川崎市中原区等々力1-2 等々力緑地内
Tel. 044-754-4500 深川雅文
時代を切り開くまなざし─木村伊兵衛写真賞の30年─1975〜2005
写真界の芥川賞ともいわれる木村伊兵衛写真賞受賞作家36名全員の作品、約400点を展示。昨年アルル写真祭で、約30年ぶりに発表され話題となった木村撮影のカラー作品『Paris 1954-1955』も併せて公開する。記念トークショー「木村伊兵衛写真賞の軌跡─受賞作家と語る─」も実施。
[日程]4月23日〜6月19日
[会場]川崎市市民ミュージアム

●神奈川県横須賀市 地域創造の支援事業
横須賀芸術文化財団
〒238-0041 横須賀市本町3-27
Tel. 046-828-1603 天沼ひかる
オペラ宅配便シリーズV「これが女の生き様よ!」
初心者から楽しめるオペラシリーズ第5弾。ワインを飲みながら鑑賞できるテーブル席の設置、観客を巻き込む仕掛けづくり、劇場合唱団の参加など随所にオペラを気軽に楽しむための工夫が凝らされている。バロック・オペラから「女の人生」をテーマに、ペルゴレージの喜劇『奥様は女中だった!?』、パーセルの悲劇『ダイドーとイニーアス』を若手実力派がフレッシュに演じる。
[日程]6月12日、7月17日
[会場]ヨコスカ・ベイサイド・ポケット

●横浜市
横浜市栄区民文化センターリリス
〒247-0007 横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1
Tel. 045-896-2000 戸田まゆみ
音楽家の玉手箱2005〜午後の音楽会Vol.1〜“憧れのパリへ”
若手演奏家を支援するシリーズのひとつとして、昨年度のオーディション合格者による演奏会を開催。出演はアルトサックスの河口亜矢とピアノの河野有香による「Duo Siffler」(デュオ・スィフレ)。横浜フランス月間に合わせて、フランス作曲家を集めたプログラムを、レクチャー付きで演奏。今後はアウトリーチ活動も予定しており、シリーズとしてより一層の発展を目指す。
[日程]6月23日
[会場]横浜市栄区民文化センターリリス

●横浜市
神奈川芸術文化財団
〒231-0023 横浜市中区山下町3-1
Tel. 045-633-3686 井上はるか
“詩と音楽”第1回「モンゴル〜草原を渡る風」
言葉の響きと音楽の深い繋がりに着目したシリーズの第1弾。馬頭琴の世界的巨匠チ・ボラグと息子のチ・ブルグトによる演奏、モンゴル歌謡の第一人者オドバルの歌唱と朗誦。ネイティブスピーカーによる詩の朗読と、解説を交えてその国の伝統音楽を聴き、言葉とイメージ、響きと楽音の交流を体感する。
[日程]6月11日
[会場]神奈川県民ホール 小ホール



北陸・中部
●新潟県十日町市
まつだい農舞台
〒942-1526 十日町市松代3743-1
Tel. 025-595-6180 柳取佐知
さわる彫刻展2 〜五感の夜明け〜
作品に直接触れることで彫刻の愉しみを味わうシリーズ第2弾。ルノアールの彫刻をはじめ、120年前にスペインでつくられた壺、触覚のみではなく、音や匂いを感じる作品など20点を展示。目隠しをして作品のそばに行き、手触りだけで彫刻を味わうというコーナーも有り。
[日程]4月23日〜6月26日
[会場]まつだい農舞台 農舞台ギャラリー

●富山県富山市 地域創造の支援事業
富山市民文化事業団
〒930-0858 富山市牛島町9-28
Tel. 076-445-5610 中島晴美
ステージ・オン・ステージ3連続公演─(1)『その河をこえて、五月』
小劇場の熱気を再現しようと、舞台上に特設シアターを設置した演劇シリーズの1回目。2002年6月に日韓国民交流記念事業として上演され、両国で高い評価を得た『その河をこえて、五月』を再演。異国間のコミュニケーションをテーマに、出会いと別れを織り込んだ会話の中から、両国の現在を描いた作品。第2弾は『子供のためのシェイクスピア─尺には尺を』、第3弾は串田和美演出の新作を予定。
[演出]イ・ビョンフン、平田オリザ
[日程]6月7日、8日
[会場]オーバード・ホール

●長野県松本市
まつもと市民芸術館
〒390-0815 松本市深志3-10-1
Tel. 0263-33-3800 松野創
『アルルの女』
NYLON100℃の看板女優・峯村リエ、廣川三憲、無名塾出身の進藤健太郎ら東京を拠点に活動するプロの演劇人と、オーディションで選ばれた10人の松本の人々が一体となり、『カルメン』と並び称されるビゼー作曲の名作『アルルの女』を公演。衣裳素材となる古着の提供、大道具や衣裳の制作、振り付けなど、スタッフワークも松本発。
[脚色・演出]内田紳一郎
[日程]6月17日〜6月19日
[会場]まつもと市民芸術館小ホール

●静岡市
静岡県立美術館
〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-2
Tel. 054-263-5857 森充代
物語のある絵画―日本画と古典文学の出会い―
『源氏物語』や夏目漱石の『草枕』など、桃山時代から近代までの日本文学や和歌をテーマに描かれた日本画約30点を展示。特に近代の画家では、文学主題にそれぞれの方法で取り組んだ鏑木清方、松岡映丘に焦点を当てる。
[日程]6月10日〜7月18日
[会場]静岡県立美術館

●愛知県岡崎市
岡崎市美術博物館
〒444-0002 岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
Tel. 0564-28-5000 浦野加穂子
祈りの世界の動物たち
仏教や神道などの宗教美術の中で、重要な役割を果たしている動物に焦点を当て、その特徴と役割を紹介する。動物に祈りを込めてつくったもの(馬の埴輪など)を展示する「いにしえの動物たち」、動物が登場する涅槃図などを紹介する「宗教美術のなかの動物たち」の2部構成。
[日程]5月21日〜6月26日
[会場]岡崎市美術博物館

●愛知県豊田市
豊田市美術館
〒471-0034 豊田市小坂本町8-5-1
Tel. 0565-34-6610 金井直
アルテ・ポーヴェラ/貧しい芸術
日用品などを立体作品の制作素材とするイタリア60年代の芸術運動「アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)」を取り上げた企画展。巨大な石やレタスなど、普段何気なく見ているものを素材にした作品にふれ、日常生活を再認識する試み。美術館のコレクション20点をはじめ計60点を展示。フィルム+レクチャーなど関連事業も開催。
[日程]3月19日〜6月12日
[会場]豊田市美術館



近畿
●京都市
京都芸術センター
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
Tel. 075-213-1000 東理映子
京都コンテンポラリーダンス・ラボ11
Pre Coaching Project "Bridge"
コンテンポラリーダンス初心者や、もう少し踏み込んで取り組みたい人を対象にしたプログラム。砂連尾理、山下残、高嶺格など全12人の講師陣が、さまざまな切り口から身体表現の世界を紹介。1カ月に50回と、短期間に集中してワークショップを実施することで、若手ダンサーを育成するコーチング・プロジェクトのオーディションに合格することを目指す。
[日程]6月3日〜7月3日
[会場]京都芸術センター フリースペース

●大阪府能勢町 地域創造の支援事業
能勢町生涯教育課
〒563-0341 豊能郡能勢町宿野30
Tel. 072-734-3241 松田正弘
六月能勢淨るり月間
地元の主婦や学生が構成する一座、「ザ・能勢人形浄瑠璃」が毎年6月に実施する公演会。能勢では約200年前から土地固有の芸事として“素浄瑠璃”が盛んで、さらなる発展・継承のために7年前に一座を結成。人形浄瑠璃文学座から指導を受け、オリジナル戯曲を発表するなど、活発な活動を展開している。今年は、2002年に上演したオリジナル戯曲の再演、人形浄瑠璃因協会(ちなみきょうかい)への入会お披露目、三味線・囃子のコラボレーションとバライティー豊かな内容で開催。
[日程]6月4日、25日
[会場]淨るりシアター

●兵庫県宝塚市 地域創造の支援事業
宝塚市文化振興財団
〒665-0845 宝塚市栄町2-1-1
Tel. 0797-85-8844 衣川大輔
芸能古今東西シリーズ/文楽 in タカラヅカ
能や文楽など古典芸能に触れるきっかけを提供するシリーズの21本目。今回は、地元の富豪が主人公の戯曲が存在するなど、宝塚市と縁が深い文楽を取り上げる。「大夫のツバが飛んでくる」ほど近くで見ることができる舞台が好評。演目は『壺坂観音霊験記』沢市内より「山の段」。
[日程]6月4日
[会場]宝塚ソリオホール



中国・四国
●広島市
広島市現代美術館
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
Tel. 082-264-1121 竹澤雄三
被爆60周年特別展「そして、未来へ─ヒロシマ賞受賞作家のまなざし」
人類の平和に貢献した現代美術家に授与される「ヒロシマ賞」受賞作家の軌跡を辿る展覧会。広島へ向けた作家のメッセージとともに、三宅一生による新作インスタレーション、ダニエル・リベスキンドのニューヨーク・グラウンド・ゼロ開発計画の資料など受賞作家の近作を収蔵作品と共に展示。また、7月23日から第6回ヒロシマ賞受賞記念シリン・ネシャット展を開催。
[日程]4月16日〜6月26日
[会場]広島市現代美術館

●高知県高知市 地域創造の支援事業
高知県文化財団
〒781-8123 高知市高須353-2
Tel. 088-866-8000 藤田直義
舞台公演シリーズVOL.29“クリエイション05”ポかリン記憶舎公演『短い声で』
高知県立美術館から舞台芸術の創造発信を目指す「クリエイション05」第1弾。半睡と覚醒が満ち引きする瞑想的空間へ観客を誘う劇団「ポかリン記憶舎」が、生と死の狭間で翻弄される人々の姿を描く新作を上演。公演に先立ち、3月と5月に美術館や高校でワークショップを実施、受講者の中からスポット出演者を1名決定。劇団主宰の明神慈氏は高知市出身、初の凱旋上演となる。アフタートークもあり。
[日程]6月11日、12日
[会場]高知県立美術館ホール



九州・沖縄
●福岡市 地域創造の支援事業
(財)アクロス福岡
〒810-0001 福岡市中央区天神1-1-1
Tel. 092-725-9317 高野文生
アクロス円形工房 I 「東洋・西洋 融合的音樂會」
アーティストのジャンルを超えたコラボレーションで新しい“音楽芸術”を創造するシリーズの今年度第1弾。ジャンルが違うために、今まで交流がなかったアーティストたちが出会い、認め合う場であるとともに、市民が新しいジャンルの音楽や芸能にふれる場を目指す。今回はジャス×東洋楽器×ソプラノのコラボ。
[日程]6月12日
[会場]アクロス福岡円形ホール



トピックス
大分県立総合文化センターがネーミングライツ(命名権)を導入
大分県が昨年3月に策定した「大分県財政改革プラン」の中で、大規模施設の安定的な資金確保の一環として、同文化センターと大分スポーツ公園総合競技場にネーミングライツ導入を検討。麦焼酎「いいちこ」で全国的に有名な三和酒類がスポンサーとなり、4月1日より愛称が「iichiko総合文化センター」となった。ホールやエントランス空間、練習室など、センター内の各施設名にも「iichiko」の名称を付ける。命名権料は年5,000万円で契約期間は5年間。そのうち2,000万円が事業費に充てられ、今年度は「iichiko presents」として3〜4事業実施する予定。共催事業という形を取ることで、スポンサー企業のイメージの向上を狙う。
http://www.emo.or.jp/


ページトップへ↑