地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

今月のレポート

茨城県日立市
10 月号-No.126

ひたち野外オペラ 第2回公演

『カルメン』


 
 8月20日、日立シビックセンター開館15周年記念イベントとして、ひたち野外オペラ『カルメン』が上演された。市民約300人が企画・制作・出演者として参加し、フルオーケストラが野外で生演奏するこの催しは、「オペラによるまちづくり」を推進する日立市のシンボルとも言える祭典だ。
 開演の1時間前に会場に入ると、既に入場口には長蛇の列ができ、チケットのない人は花見の場所取りのように敷物持参で座り込み、開演を待ちわびている。会場前は商店街が出店する「カルメン屋台」でにぎわい、祭りの雰囲気に包まれていた。ステージ中央に組まれた大階段の脇には、色とりどりの布やお祓いに使われた神具などが飾り付けてあり、オーケストラブースには雨除けの簡易テントが設置してあった。
 フラメンコダンサーによる群舞で始まった『カルメン』は、前奏曲と間奏曲に乗せて演じられるダンス「もうひとつのカルメン」を合間に挟みながら、にぎやかに上演された。総勢245名の出演者たちはステージ上を所狭しと動き回り、客席を行進し、3時間半の公演を力いっぱい演じた。会場からは暖かい拍手が惜しみなく送られ、涙する姿も見られた。
  上演に向けて、2004(平成16)年6月に「ひたちオペラ大学」を開講し、30名ほどの市民が、指揮者、演出家、事業アドバイザーの講義を受け、オペラ制作のノウハウを学んだ。7回に渡る講義を受けた受講生が中心メンバーとなり、同8月4日「ひたち野外オペラ『カルメン』プロジェクト」を発足。出演者やスタッフの募集、コレペティ養成講座、ソリストのオーディション、広報、営業など全ての業務を行った。道具製作スタッフのリーダー・三浦信孝さんは「障害者のための音楽コンサートを企画・運営しているので、知識や技術を得るためにプロジェクトに参加しました。他人事ではないから自然と真剣になりました」と言う。
 「多くの市民に参加してもらいエネルギーを集めたい。広場を生かした野外で上演し、もっと多くの人にオペラに目を向けてほしい。この2つの思いを実現させるために、誰もが耳に馴染みのある『カルメン』を演目に選びました。それと市民参加なので特定の人にだけスポットが当たるようではいけない。核となる人も共同作業ができるかどうかを中心に人選しました」と、プロジェクト代表の半井進さんは話す。それぞれのパートが突出することなく、全員が主役として輝けることを目指して、制作は進められた。
 出演者は全て公募。ソリストはオーディションで45名程度の応募者から10名が選ばれた。8年間市民オペラを担当しているシビックセンターの小野芳樹さんは、「市民出演者の募集は、発表会や練習スケジュールを事前に調査し稽古が重ならないように調整するなど、各文化団体の事情に特に配慮しました。舞台裏に慣れている演劇関係者には裏方を担ってもらったので、俳優陣は未経験者が殆どでした。オケは日立交響楽団のほかに、ひたちジュニア管弦楽団OBのプロの方にも出演してもらいました」と話す。
 また、野外で行う以上、雨のリスクは避けられない。楽器のケアや、出演者の安全面など心配な点は数え切れない。一時は場面のカット、字幕の取りやめ、地下のマーブルホールにオーケストラだけ入れることも考えたという。
  今後の課題は後継者の育成だ。10年間継続していく中で、文化団体の活動の中心だったリタイヤ組も高齢化し、若い世代が減っていることを痛感したという。また、企画を起こすプロデューサーや演出家など専門的な役割を担う地元スタッフの育成も目指したいという。
 第1回野外オペラ『トゥーランドット』以来、ニューイヤーコンサートのチケットは毎回完売するようになり、新しい観客層の掘り起しには成功している。この広がった輪をどう深めていくか、オペラによるまちづくりの道はこれからも続く。
(野林紗恵)
これまでの流れ
日立市は「オペラによるまちづくり」を提唱し、1993(平成5)年から協議を重ね、96年に「ひたち市民オペラを育てる会」を発足、市民ボランティアによるオペラ作りを本格的にスタートさせた。全国のオペラ関係者が集まり市民オペラのあり方について討論する「全国オペラフォーラム」を始め、ニューイヤーオペラコンサートの開催、各地の公演視察や情報紙の発行、オペラ制作講座など多彩な活動を続け、2001年にひたち野外オペラ第1回公演「トゥーランドット」を上演した。第2回となる今回の野外公演で10年の大きな節目を迎えた。
2005年8月21日、第10回全国オペラフォーラムが開催され、全国のオペラ関係者約50人が集まった。フォーラム参加者で「全日本オペラネットワーク」を設立しており、公演情報や業者、スタッフのデータなど、幅広く情報を公開している。
http://www.civic.jp/operanetwork/index.html
日立シビックセンター開館15周年記念事業ひたち野外オペラ第2回公演『カルメン』
[主催]ひたち市民オペラによるまちづくりの会、日立市、(財)日立市科学文化情報財団
[日程]8月20日
[会場]日立新都市広場(日立シビックセンター前)

地域創造レター 今月のレポート
     2005.10月号--No.126

ページトップへ↑