地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

地域通信

1月号-No.129


北海道・東北関東北陸・中部近畿中国・四国九州・沖縄
講座・シンポジウム募集

●データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●で表示してあるのは開催地です。
地域創造の支援事業 マークが付いている事業は地域創造の支援事業です。
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。


北海道・東北
●札幌市
札幌市芸術文化財団
〒060-0001 札幌市中央区北1条西13丁目
Tel. 011-271-5822 大野典子
子どものためのオペレッタワークショップ
『いなかのねずみと町のねずみ』発表公演
64名の小中学生が参加するオペレッタワークショップの成果発表。札幌市内を中心に室内オペラの上演を行っているNPO法人札幌室内歌劇場のメンバーを講師に迎え、9月から週1回の練習を続けている。歌、ダンス、演劇など多様な要素をもつオペレッタを取り上げることで、子どもたちの個性が光る公演をつくり上げる。
[日程]1月15日
[会場]札幌市教育文化会館

●札幌市 地域創造の支援事業
札幌市公園緑化協会
〒007-0880 札幌市東区モエレ沼公園1-1
Tel. 011-790-1231 姫嶋智彦
SNOWSCAPE MOERE
イサム・ノグチがマスタープランを手がけ、2005年夏に全面完成したモエレ沼公園で行われる、冬のアートフェスティバル。これまで同公園に関わってきたグループが緩やかに連携し、「冬のランドスケープ」をテーマに、フィンランドで活躍するウィリアム・デニスクによるインスタレーション制作、アーティストと学生が雪の村をつくる「スノービレッジプロジェクト」など、4つの企画を行う。
[日程]12月23日〜2月19日
[会場]モエレ沼公園

●岩手県花巻市 地域創造の支援事業
新市誕生記念イーハトーブ大音楽祭実行委員会
〒025-0097 花巻市若葉町3-16-22(花巻市文化会館内)
Tel. 0198-24-6511 戸来・小原
イーハトーブ大音楽祭
平成18年1月1日の新花巻市誕生を記念して、開催される音楽祭。公募で集まった約150名が、仙台フィルハーモニー管弦楽団をバックに、第九と宮澤賢治の代表的な音楽作品『精神歌』を歌う。そのほか、新市誕生記念事業として、旧大迫町に伝わる早池峰神楽(国指定重要無形民俗文化財)の公演を行う(1月28日、29日)。早池峰神楽を構成する2つの神楽座、大償(おおつぐない)と岳(たけ)を両方見ることができる貴重な公演。
[日程]1月22日
[会場]花巻市文化会館

●仙台市
仙台市市民文化事業団
〒984-0015 仙台市若林区卸町2-12-9
Tel. 022-782-7510 八巻寿文
劇都仙台2005演劇プロデュース公演『ドドミノ』
全国から176作品の応募があった、第2回仙台劇のまち戯曲賞で大賞を受賞した柴幸男『ドドミノ』を、全国公募で集めた役者6名と、仙台のスタッフにより上演。仙台演劇界が総力を上げて臨むプロデュース公演として、10年間で6作品を生み出してきた。7作目となる今回は、演出に宮田慶子、ドラマドクターに平田オリザ、コーディネーターに仙台を代表する演劇人・石川裕人を迎える。
[日程・会場]1月22日〜29日:せんだい演劇工房10-BOX/1月31日:北上市文化交流センター/2月3日、4日:駅前劇場(東京)

●仙台市
仙台市市民文化事業団
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5
Tel. 022-727-1872 遠藤吉孝
若草物語6
─仙台フィルハーモニー管弦楽団と若い音楽家による演奏会
オーディションで選ばれた18歳までの若手音楽家が、外山雄三が指揮する仙台フィルハーモニー管弦楽団と共演する企画。過去15名の参加者の中には、学生音楽コンクールや東京音楽コンクールで1位になった者もいる。6回目となる今回は、全国から56人の応募があり、3名(ヴァイオリン2名・ピアノ1名)が選ばれた。2007年に行われる第3回仙台国際音楽コンクール関連事業。
[日程]1月29日
[会場]仙台市青年文化センター



関東
●茨城県水戸市
水戸市芸術振興財団
〒310-0063 水戸市五軒町1-6-8
Tel. 029-227-8123 辻本力
ACM劇場プロデュース公演
すべてはシェイクスピアから2『かもめ』
日本の近現代演劇に大きな影響を与えた欧米の劇作家の作品を、若手の演出家・翻訳家・俳優たちにより現代に甦らせるシリーズ。第2弾となる今回は、チェーホフの『かもめ』を近藤弘幸が新訳、演出は桐山知也。
[日程]1月20日〜22日、27日〜29日、2月3日〜5日
[会場]水戸芸術館ACM劇場

●茨城県水戸市
水戸市芸術振興財団
〒310-0063 水戸市五軒町1-6-8
Tel. 029-227-8111 逢坂・浅井・高橋
われらの時代
地域を視野に入れて独自の活動を展開している作家や、これからの可能性を秘めた若手作家など、水戸ゆかりの作家25名を紹介するグループ展。同館の学芸員のほか、さまざまな分野の専門家7名が推薦委員として関わることで、陶による表現や具象など、これまで展示の機会があまりなかった表現分野にもスポットを当てる。
[日程]12月17日〜2月5日
[会場]水戸芸術館現代美術ギャラリー

●さいたま市 地域創造の支援事業
埼玉県立近代美術館
〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-30-1
Tel. 048-824-0111 平野・伊豆井
木村直道+遊びの美術
無限の想像力や開放感を人類にもたらしてきた「遊びの精神」と美術の関わりを探る展覧会。第1部では、身近な廃材を遊びの精神によって芸術作品に甦らせた埼玉県ゆかりの彫刻家、木村直道を紹介する。第2部では、マルセル・デュシャン、元永定正、歌川国芳など、ユニークな活動で知られる国内外の美術家10人を、遊びの精神という切り口から紹介。
[日程]1月7日〜2月5日
[会場]埼玉県立近代美術館

●東京都江東区 地域創造の支援事業
東京都歴史文化財団
〒135-0022 江東区三好4-1-1
Tel. 03-5245-1145 加藤・山本
MOTアニュアル2006
No Border─「日本画」から/「日本画」へ
時代を反映したテーマを設定し、さまざまな視点から若手作家を紹介する展覧会。8回目となる今回は、モチーフや画材などでは容易に分類できなくなってきており、現在、存在価値や価値観が鋭く問われている日本画を取り上げる。このような状況のなか、あえて日本的な表現に挑む30代の若手作家たちによる“ニホン画の今”を紹介する。
[日程]1月21日〜3月26日
[会場]東京都現代美術館

●東京都世田谷区
世田谷美術館
〒157-0075 世田谷区砧公園1-2
Tel. 03-3415-6011 杉山悦子
堂本尚郎展 絵画探求60年の足跡とその未来1945-2005
激動の昭和を駆け抜けてきた歴史的前衛画家、堂本尚郎の足跡を初期の日本画から最新作までの約100点でたどる。留学先のパリで、瞬く間にアンフォルメル(抽象画の一つ)の中心人物になり注目を集めた後、パリやニューヨークでの活動でその画風を進化させ、現在は世田谷のアトリエで今なお新たな転換を見せているその画業の全貌を観る。氏と詩人の高橋陸郎の座談会「無意識と意識の間」の開催も。
[日程]12月17日〜2月12日
[会場]世田谷美術館

●東京都豊島区 地域創造の支援事業
東京都歴史文化財団
〒171-0021 豊島区西池袋1-8-1
Tel. 03-5391-2111 中村よしき
東京芸術劇場POPSコンサートvol.1「愛のラビリンス」
クラシックコンサートに利用されることが多い同劇場大ホールを、他ジャンルのコンサートでも活用し、新しい客層を開拓する企画。クリヤ・マコトと夏木マリが、新日本フィルハーモニー交響楽団をバックに、『リリー・マルレーン』や『愛の賛歌』など往年の名曲を演奏する。
[日程]1月16日
[会場]東京芸術劇場

●横浜市
横浜美術館
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-4-1
Tel. 045-221-0300 猿渡紀代子
「銅板画家 長谷川潔展─作品のひみつ─」
27歳で渡仏、89歳で没するまで、一度も帰国することなく彼の地で創作活動を続けた横浜出身の銅版画家長谷川潔の回顧展。当館が長い年月をかけて収集した中から、約250点の作品と豊富な資料で、パリに生きた長谷川が到達した、静謐で神秘的な静物画の名作の数々を展観する。『竹取物語』の挿絵をスライドで見ながら物語の語りを聞く会や、銅版作家の山本容子の記念講演会、また長谷川が通った小学校に担当学芸員が出向いて、大先輩の活躍を子どもたちに紹介する出張授業など、多彩なイベントも開催。
[日程]1月15日〜3月26日
[会場]横浜美術館

●神奈川県厚木市
厚木市文化振興財団
〒243-0032 厚木市恩名1-9-20
Tel. 046-225-2588 山崎和美
あつぎハーモニカコンサート2006
世界的なハーモニカ奏者・岩崎重昭や彼の門下生が活動し、ハーモニカ愛好団体が20以上ある“ハーモニカのまち”厚木で開催される恒例のコンサート。今回は、次代を担う若手プレーヤーの演奏に加え、岩崎による複音、田中光栄によるクロマチック、深沢剛によるテンホールズなど、各分野の一人者によるハーモニカ演奏が楽しめる。
[日程]1月15日
[会場]厚木市文化会館



北陸・中部
●石川県金沢市
金沢21世紀美術館
〒920-8509 金沢市広坂1-2-1
Tel. 076-220-2800 不動・吉岡
もうひとつの楽園 Alternative Paradise
日本に、欧米のアートやデザインの概念に収まりきらない領域として存在する「工芸」。西洋近代主義が目指したものとはまた別の“もうひとつの楽園”を、ジャンルを超えた工芸の作品から見いだし、その現代的価値とは何かを問いかける展覧会。国内外11名の招待作家による作品とともに、隈研吾ディレクションのもと、3名のアーティストのコラボレーションによる現代解釈としての茶室(T-roomプロジェクト)の展観も行う。
[日程]11月5日〜3月5日
[会場]金沢21世紀美術館

●石川県金沢市 地域創造の支援事業
石川県音楽文化振興事業団
〒920-0856 金沢市昭和町20-1
Tel. 076-232-3403 新村逸晴
邦楽器&オーケストラ・アンサンブル金沢ジョイントコンサート
地元に伝承する邦楽と洋楽の共演が楽しめる恒例のコンサート。石川県立音楽堂にフランチャイズしているオーケストラ・アンサンブル金沢と、県内外で積極的な演奏活動を行っている石川県箏曲連盟、地元合唱団によるジョイント公演。5回目となる今回は、八橋検校による箏曲の古典『六段』を、倉知竜也編曲で、オーケストラとのコラボレーション作品として演奏。そのほか、石川県の民謡をモチーフにした間宮芳生『白峰かんこ』(委嘱新作)、外山雄三『能登舟こぎ唄』など、充実した内容。
[出演]山本邦山(尺八)、砂崎知子(箏)
[日程]1月15日
[会場]石川県立音楽堂



近畿
●兵庫県尼崎市
兵庫県立ピッコロ劇団
〒661-0012 尼崎市南塚口町3-17-8
Tel. 06-6426-8088 山本由利子
『KANADEHON忠臣蔵』
10月にオープンした兵庫県立芸術文化センターの開館記念として、ピッコロ劇団が企画・制作した公演。兵庫県ゆかりの歴史的な大事件、赤穂浪士の討ち入りを劇化した『仮名手本忠臣蔵』を取り上げる。11段にも及ぶ原作を、市川猿之助のスーパー歌舞伎で知られる石川耕士が、展開を凝縮した脚本を執筆し、2時間半で全段を上演する。演出は花組芝居主宰の加納幸和。
[日程]1月28日〜2月3日
[会場]兵庫県立芸術文化センター

●兵庫県伊丹市 地域創造の支援事業
伊丹市文化振興財団
〒664-0846 伊丹市伊丹2-4-1
Tel. 072-782-2000 小倉由佳子
日独共同制作作品 笠井叡振付『蜃気楼 Das Schinkiro』
大野一雄、土方巽と共に舞踏の創世記を築いた笠井叡が、ドイツ、オーストリア、イギリス、アメリカ、イランなど8名の多国籍ダンサーを振付けたプロジェクト。2005年4月に、ベルリンでオーディションとワークショップを実施、6月のフェスティバル「IN TRANSIT」で初演。待望の日本公演となる。
[日程・会場]1月13日〜15日:シアタートラム(東京)/1月19日、20日:アイホール



中国・四国
●島根県浜田市
浜田市教育文化振興事業団
〒697-0016 浜田市野原町859-1
Tel. 0855-23-8451 渡隆
第9回浜田こどもアンデパンダン展
開館以来毎年開催している、子どもたちの作品を無審査・無賞で展示する展覧会。今回は、地元浜田市の小学校から236点、北陸・中部・近畿地方から52点、海外16カ国から80点、合計368点が出品される。液体粘土で自分の顔をつくった作品や共同制作の作品など、ユニークな力作が多数登場。
[日程]11月12日〜1月29日
[会場]浜田市世界こども美術館



九州・沖縄
●福岡県中間市
中間市文化振興財団
〒809-0014 中間市蓮花寺3-7-1
Tel. 093-245-8000 三浦康晃
ブラスフェスタ in なかま
市内の中学校、高校、社会人のブラスバンドが参加するフェスティバル。昨年1月に行った「スクール・ブラス・フェスタ2005」が好評だったことを受け、国内外で幅広く活躍する中間市出身のフルーティスト瀬尾和紀を招くなど、規模を拡大して開催。各中学の2年生と社会人バンドS.O.B.、瀬尾が共演するプログラムを盛り込むなど、ブラスバンドを通じて交流の輪を広げていくことを目指す。
[日程]1月22日
[会場]なかまハーモニーホール



講座・シンポジウム
文化政策セミナー
2004年度新設の鳥取大学地域学部附属芸術文化センターが、地域貢献の一環として実施。初回の今回は、「地域における文化政策の充実と発展について」をテーマに、同大学教授陣のほか、池上惇(京都橘大学)、中川幾郎(帝塚山大学)、後藤和子(埼玉大学)らが講演を行う。文化政策に関心のある人なら誰でも参加可能。詳細は下記ウェブサイト参照。
[日程]1月26日、27日
[会場]鳥取県立図書館大研修室
[申込期間]12月19日〜1月25日 
[問い合わせ]鳥取大学 Tel. 0857-31-5075
http://www.tottori-artcenter.com/event/01gatsu_2.html



募集
「日本の歌」スプリングセミナー2006受講生募集
日本歌曲を中心とした、セミナーと音楽祭の参加者を募集。音楽監督は日本歌曲伴奏の塚田佳男。講師陣は、畑中良輔ほか、第一線で活躍しているオペラ歌手たち。コースは年齢や内容で5つに分かれており、最終日には修了コンサートも行う。詳細は下記ウェブサイト参照。
[募集期間]1月10日〜15日
[日程]3月21日〜26日
[会場]榛名町総合文化会館エコール
[問い合わせ]榛名町文化振興事業団 Tel. 027-374-5001
http://www.echoll.com/

可児市文化芸術振興財団 職員募集
文化芸術事業の制作業務、まちづくり・生涯学習関係事業の企画実施、施設管理等に従事する一般職員を2名(予定)募集。詳細は下記ウェブサイト参照。
[募集期間]12月14日〜1月13日 
[問い合わせ]可児市文化芸術振興財団 Tel. 0574-60-3311
http://www.kpac.or.jp/

ロゼシアター公募展 新進アーティスト作品展IV 作品募集
静岡県出身もしくは在住の若手美術家の作品を募集。審査員は東京国立博物館名誉館員の長谷川栄と静岡大学名誉教授の長岡宏。詳細は下記ウェブサイト参照。
[募集期間]12月1日〜2月10日 
[会場]富士市文化会館ロゼシアター
[問い合わせ]富士市文化振興財団 Tel. 0545-60-2512
http://rose-theatre.jp/

ページトップへ↑