地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

財団からのお知らせ

2月号-No.154

●「公共ホール現代ダンス(コンテンポラリーダンス)活性化事業」平成21・22年度登録アーティスト募集

 この事業は、地域創造に登録されたコンテンポラリーダンスのアーティストを地域のホールに派遣し、ホールとの共同企画により地域との交流を図るプログラム(ワークショップなど)と公演を実施するものです。平成21・22年度事業の実施に当たり、登録アーティストを募集(2月中旬予定)します。公立文化施設等の担当者の方々には、地域で活躍するアーティストをご紹介いただければ幸いです。


登録アーティスト募集概要

[応募条件]
@コンテンポラリーダンスのアーティストとして活動し、自身の作品を発表した経験のある方
Aソロ、またはデュオで活動ができる方
Bワークショップを行った実績があり、地域住民との交流を積極的に行う意思とアイデアのある方
[募集要項]募集要項および応募用紙は地域創造ホームページ(http://www.jafra.or.jp)の「様式箱」でダウンロードできます(2月中旬以降に掲載)。詳細は担当までお問い合わせください
[応募締切]3月14日(金)消印有効(応募用紙・VTR提出)
[選考日程]4月3日(木)(書類およびVTRによる選考)
[問い合わせ]芸術環境部 下元・坂間 
Tel. 03-5573-4064

●「東京芸術見本市2008」開催のお知らせ

 地域の公共ホール、劇場関係者と国内外の舞台芸術関係者との出会い・交流の場である「東京芸術見本市」を、3月5日から8日までの4日間、恵比寿ガーデンルーム・ホール(東京・恵比寿)などを会場に開催します。12回目となる今回は、TPAMショーケースと銘打ち東京近郊で行われるさまざまな舞台の本公演との連携を強化するなど、見本市を通じて売り手と買い手の新しい出会いの場も提供します。舞台芸術に関する情報の収集やアイデア探し、アーティストとの交渉など、ぜひご活用ください。
  また、この見本市の中で地域創造主催(共催:社団法人全国公立文化施設協会)のセミナー「公立文化施設における年間プログラム〜ホールの魅力をどう高める」を3月7日(金)の午前中、恵比寿ガーデンルームで開催します。奮ってご参加ください。
  なお、地域創造主催セミナーおよび見本市全体の事業詳細、参加申し込み等のご案内は、1月下旬に自治体の文化・芸術担当および公共ホール等へ送付する予定です。

*東京芸術見本市2008の詳細は下記までお問い合わせください

東京芸術見本市事務局
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-2 サウスビル3F
Tel. 03-5724-4660
Fax. 03-5724-4661
tpam@tpam.or.jp
http://www.tpam.or.jp/

「東京芸術見本市2008」地域創造セミナーに関する問い合わせ
芸術環境部 山下友一
Tel. 03-5573-4078

●「地方都市オーケストラ・フェスティバル2008」開催

 地方都市を拠点に活躍しているプロのオーケストラが東京・すみだトリフォニーホールに集い、華麗な競演を繰り広げる「地方都市オーケストラ・フェスティバル」が今年も開催されます。
 11回目として新たなスタートを切る今回は、同ホールの開館10周年を記念し、6つのプロオーケストラが集結。各オーケストラの持ち味を活かしたコンサートのほか、室内楽コンサートや公開リハーサルなど、さらに充実した内容でお届けします。
  1週間の間に凝縮された各オーケストラの個性ある演奏を聴き比べていただければと思います。ぜひご来場ください。

群馬交響楽団
[日程]3月23日(日) 15:00
大阪シンフォニカー交響楽団
[日程]3月28日(金) 19:00
山形交響楽団
[日程]3月29日(土) 13:00
広島交響楽団
[日程]3月29日(土) 19:00
九州交響楽団
[日程]3月30日(日) 13:00
関西フィルハーモニー管弦楽団
[日程]3月30日(日) 19:00
*各公演とも開演25分前より指揮者によるプレ・コンサート・トークを開催します

地方都市オーケストラ・フェスティバル2008
[主催]地方都市オーケストラ・フェスティバル2008実行委員会
[会場]すみだトリフォニーホール(東京都墨田区)
http://www.triphony.com
[チケット申し込み・問い合わせ]
トリフォニーホールチケットセンター
Tel. 03-5608-1212

●「公共ホール音楽活性化事業」平成20・21年度登録アーティスト決定

 平成20・21年度の公共ホール音楽活性化事業登録アーティストが決定しました。今回は8組(15名)のアーティストが全国応募のオーディションにより選出されました。オーディションでは演奏の技術だけではなく、地域の方々にクラシック音楽を親しんでいただくためのプログラムのアイデアや、コミュニケーション力も重視しました。

公開プレゼンテーションのお知らせ
平成20・21年度登録アーティストによるプレゼンテーションを実施いたします。これは平成20年度の公共ホール音楽活性化事業に参加するホール担当者に出演アーティストを決定していただくために開催するものですが、事業に関心のある公共ホール関係者をご招待いたします(入場無料)。ご希望の方はぜひご参加ください。詳細につきましては、担当までお問い合わせください。
[期日]4月16日(水)
[会場]津田ホール(東京都渋谷区)


今野尚美(こんの・なおみ:ピアノ)
英国王立音楽院を首席卒業後、同大学院にてディプロマを取得。在学中より数々のコンクールに入賞し、帰国後もソロ、室内楽、協奏曲共演などさまざまな演奏活動を続ける。また病院やサロンなどコンサートホール以外の場所でのトークコンサート、児童館や幼稚園での子ども向けのコンサートも積極的に活動中。
髙橋和歌(たかはし・わか:ヴァイオリン)
桐朋学園大学を卒業後、附属研究科、大学院大学修了。東京音楽コンクール入選、江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位、ルーマニア音楽コンクール第1位。桐朋アカデミーオーケストラ、広島交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック、日本フィルハーモニー交響楽団等と共演。
小谷口直子(こたにぐち・なおこ:クラリネット)
東京芸術大学卒業、同大学院修了。第71回日本音楽コンクール第1位。併せて、増沢賞、E.ナ力ミチ賞受賞。ほかにも主要コンクールにて優勝、入賞多数。現在、京都市交響楽団 首席奏者。さらにソロリサイタルや室内楽公演、国際音楽祭出演等、全国で幅広い活動をしており日本を代表する若手奏者である。
福島青衣子(ふくしま・せいこ:ハープ)
2003年リヨン国立高等音楽院首席卒業。05年同大学院修了。吉野篤子氏、ファブリス・ピエール氏に師事。01年パリ・シャルパンティエ・コンクールでルーセル賞、02年マドリッド・ルドヴィコ国際ハープコンクール第3位受賞。在学中、即興演奏、現代曲のアンサンブルに所属。民俗音楽グループKHAPSを結成しフランス各地で演奏。06年、07年サイトウキネンオーケストラに参加。
吉川健一(よしかわ・けんいち:バリトン)
国立音楽大学卒業、同大学院修了。イタリア・トルトーナ国際音楽コンクール等、国内外のコンクールで入賞する。『魔笛』パパゲーノ役での二期会デビューをきっかけに、新国立劇場など国内主要劇場で活躍する。二期会会員。
ピアノデュオ ドゥオール(藤井隆史&白水芳枝)
東京藝術大学卒業、独・マンハイム音大大学院ソロ科、ピアノデュオ科最優秀修了(文化庁、DAAD奨学生)。ロンドン、M.ドラノフ、青山バロックザール賞ほか、欧米、日本での受賞多数。米国ツアー、日本各地でのリサイタル、講座のほか、NHKにも度々出演。
公式サイト:http://www.yoshie-takashi.com

ミュゼ(ピアノトリオ)
桐朋学園出身の3人で2006年夏に結成され、これまでに茅野市民館や名取市文化会館主催公演においてコンサートを行う。06年アウトリーチフォーラム事業参加。上野真理(ヴァイオリン/オーストリア国際室内楽音楽祭優秀賞)、伊久希(チェロ/ワールド・チェロ・コングレス招待参加)、佐々木祐子(ピアノ/トリエステ国際コンクール最高位)
クインテット・アッシュ(木管五重奏)
若手音楽家が集まり2006年結成。06年度地域創造アウトリーチ・フォーラムアーティストとして宮城県内において研修、アウトリーチ活動を開始。07年10月宮崎県で演奏会を行うなど、徐々に活動の場を広げている。

公共ホール音楽活性化事業に関する問い合わせ
芸術環境部 篠原・尾形・小澤
Tel. 03-5573-4056

●平成19年度「リージョナルシアターズ・ミーティング」開催のお知らせ

 今年で9年目を迎える「リージョナルシアター・シリーズ」。公演期間中に開催するセミナー「リージョナルシアターズ・ミーティング」では、「地域と演劇」をテーマに、これまでの9年間を振り返り、参加した劇団と共同作業をしている地元の公共ホールの担当者から、それぞれの立場で現状と今後についてお話しいただきます。地域で演劇活動をする際の目標や課題、アウトリーチ活動や公演事業をどのように考え連携していくのかを掘り下げます。

リージョナルシアターズ・ミーティング「地域と演劇〜リージョナルシアターを振りかえって〜」 [開催日]2月21日(木) 15:00〜17:30
[会場]東京芸術劇場 中会議室
[対象]公共ホール・劇場担当者、演劇関係者、一般
[定員]50人程度(参加無料)
[パネリスト]
岩崎正裕(劇作家・演出家/劇団太陽族(大阪)/第1回参加)
福田修志(劇作家・演出家/F's Company(長崎)/第8回参加)
清水友陽(劇作家・演出家/WATER33-39(札幌)/第9回参加)
山口英樹(伊丹市立演劇ホールAI・HALL)
小島寛大(京都芸術センター)
岩永貴博(長崎ブリックホール)
[進行]津村卓(地域創造プロデューサー)
[参加申し込み方法]2月15日(金)までにFAXまたは、メールにてお申し込みください。詳しくは同封のチラシ(申込書)をご参照ください。
*当日は、リージョナルシアター・シリーズ「創作・育成プログラム」作品『着座するコブ』(作・演出:山岡徳貴子)を同劇場小ホール1で19:00から上演します。こちらもぜひご覧ください。

●平成20年度から「リージョナルシアター・シリーズ」が変わります。

 「リージョナルシアター・シリーズ」は平成20年度から装いを新たにし、「リージョナルシアター事業」として、地域で活動をする演劇の表現者と公共ホール等の担当者が、5日間の研修を通じて、演劇の手法を活用した地域交流プログラムを企画・検討する事業へ生まれ変わります。研修後は企画したプログラムを各地域で公演と併せて実施します。また、プロの演劇人がアドバイザーとして企画案に助言を行いプログラムの充実を図ります。


◎事業全体の流れ
@事業開始前に企画書を提出し、アドバイザーと参加者が事前打ち合わせを行う
A2008年11月10日(月)〜14日(金)の5日間、まつもと市民芸術館での研修プログラム(*)に参加
B研修後、実施までの間にアドバイザーを各地域へ派遣(平成20年度内)
C研修後、企画したプログラムを地元で実施



*「地域交流プログラム」とは、学校向けのプログラムやリーディング等を創作し、公立施設で巡演するなど、演劇を使って地域に貢献するプログラムです


◎支援措置
同封の要綱をご参照ください。
◎応募方法
同封の募集要項で詳細をご覧の上、お申し込みください。申請書は地域創造ホームページの「様式箱」でダウンロードできます。
地域創造HP (http://www.jafra.or.jp/
[募集締切]2008年3月4日(火)

「リージョナルシアターズ・ミーティング」「リージョナルシアター事業」に関する問い合わせ
芸術環境部 大垣・坂田
Tel. 03-5573-4124

ページトップへ↑