地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

地域通信

4月号-No.168.

データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●:開催地/地域創造の支援事業地域創造の支援事業
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。
太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。

北海道・東北

●岩手県北上市

(財)北上市文化創造
〒024-0084 北上市さくら通り2-1-1
Tel. 0197-61-3300 小笠原直哉
http://www.sakurahall.jp/

第32回北上市民劇場「さくらホール市民劇」『地蔵横丁ものがたり』〜白百合と赤いちゃんちゃんこ〜

中学生から70歳代までの約30人の市民キャストが出演するほか、昨年9月からの脚本創作ワークショップを経ての台本づくり、当ワークショップ参加者が演出と演出助手を務めるなど、今回はより市民が主体的に取り組む。地域を活気づけようと「願掛け地蔵」の祭りに合わせて若者たちがイベントをしようと街の喫茶店・白百合に集まり、準備を進める間に起きる出来事を描く現代劇。

[日程]3月28日
[会場]北上市文化交流センター

ページトップへ↑

関東

●群馬県渋川市

渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館
〒377-0008 渋川市渋川1901-24
Tel. 0279-25-3215 須田真理
http://www.city.shibukawa.gunma.jp/hyakka/03bijutu.html

海老塚耕一展─呼吸する風の肖像─

銀行の空きスペースを利用し、彫刻家・桑原巨守の充実したコレクションをもつ同館では、2002年より年に1回、空間的な造形を行う現代美術家の個展シリーズを開催している。これまで白川昌生や古郡弘などプロジェクト型の作品や大規模なインスタレーションをつくる作家も招聘し、現地制作による新作展示と、作家本人によるワークショップを実施してきた。今年は彫刻や版画など幅広い活動で知られる海老塚耕一による、風をテーマにした大規模な作品と、地元の植物の種を使ったインスタレーションを展示。持ち寄った布で旗をつくり、風を感じるワークショップも実施する。

[日程]3月8日〜5月10日
[会場]渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館

●東京都目黒区

東京都写真美術館
〒153-0062 目黒区三田1-13-3
Tel. 03-3280-0099 丹羽・石田
http://www.syabi.com/

やなぎみわ マイ・グランドマザーズ

やなぎみわは、現代における個人の問題意識や、伝統的な女性像への問いかけなどをテーマにした写真による作品で、国内外の高い評価を得ている。今回は近年の代表作である、被写体の若い女性が思い描いた50年後の自分の姿を特殊メイクでつくり上げ、撮影したシリーズ「MyGrandmothers」を紹介。新作を含む写真26点と映像1点を、作家と被写体が対話を繰り返し、被写体が想像した将来の姿について書いたテキストとともに展示する。

[日程]3月7日〜5月10日
[会場]東京都写真美術館

●東京都江東区

東京都現代美術館
〒135-0022 江東区三好4-1-1
Tel. 03-5245-4111 長谷川祐子
http://www.mot-art-museum.jp/

池田亮司 +/- [the infinite between 0 and 1]

エントランス部分の改修で、ミュージアムショップの位置、内装デザインが変わって常設展示室への導線もスムーズになるなどリニューアルオープン。リニューアル後第1弾の企画展は、ダムタイプの舞台音楽を手掛け、電子音楽の第一人者として知られる池田亮司の本格的個展。1階は“ブラックキューブ”として映像インスタレーションを、地下1階“ホワイトキューブ”ではサウンドインスタレーションを展開。スケールの大きい7点の作品を対比させて構成する。

[日程]4月2日〜6月21日
[会場]東京都現代美術館

●東京都、金沢市

(東京)東京国際フォーラム
〒100-0005 千代田区丸の内3-5-1 LFJ「熱狂の日」音楽祭事務局
Tel. 03-5221-9100
http://www.lfj.jp
(金沢)ラ・フォル・ジュルネ・金沢音楽祭実行委員会
〒920-0856 金沢市昭和町20-1石川県立音楽堂内
Tel. 076-232-8111 田村稔
http://lfjk.jp

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン/ラ・フォル・ジュルネ金沢「熱狂の日」音楽祭2009

ラ・フォル・ジュルネはフランス・ナント市で開催されるヨーロッパ最大規模の音楽祭で、日本では2005年から東京で開催。今年は「バッハとヨーロッパ」をテーマに、バッハや同時代の作曲家を中心としたプログラム。昨年から同時開催している金沢のテーマは「モーツァルトと仲間たち」。邦楽とモーツァルトのコラボレーションコンサートは金沢のオリジナルプログラム。今年は富山や福井でプレコンサートを開催する。

[日程・会場]東京:4月28日〜5月5日/東京国際フォーラムほか、金沢:4月28日〜5月4日/石川県立音楽堂ほか

●横浜市

横浜美術館
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい3-4-1
Tel. 045-221-0300 木村絵理子
http://www.yaf.or.jp/yma

金氏徹平:溶け出す都市、空白の森

作家初の試みとなるアニメーションによる大型のビデオインスタレーションや、長さ10m以上に及ぶ巨大インスタレーションなど、新作を中心とした約120点で構成。真っ白な空間から、極彩色のモノが溢れる世界へ帰結するという構成で、生命力に満ちた都市や森に踏み込んだかのようなダイナミックな空間が創出される。パフォーマンスをはじめ多彩な関連イベントも開催。

[日程]3月20日〜5月27日
[会場]横浜美術館

●横浜市

神奈川芸術文化財団
〒231-0023 横浜市中区山下町3-1
Tel. 045-633-3760 熊井一記
http://www.kanagawa-arts.or.jp

第16回神奈川国際芸術フェスティバル「明日への祝祭!」

横浜開港150周年、県民ホール開館35周年、県立音楽堂開館55周年を記念し、テーマに沿った未来志向のプログラムを展開。フランス古楽アンサンブル「ル・ポエム・アルモニーク」の初の本格来日公演をはじめ、オペラ『愛の白夜』や開港150年特別企画のパフォーマンス「横浜発─鏡像」、ハイドンやヘンデルらのアニバーサリー年として、スティーヴン・イッサーリスの室内楽プロジェクトなどを実施。

[日程]4月19日〜7月23日
[会場]神奈川県民ホール、神奈川県立音楽堂、横浜赤レンガ倉庫1号館ホール

●川崎市地域創造の支援事業

川崎・しんゆり芸術祭2009実行委員会
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-2-2 新百合21ビルB2F
Tel. 044-952-5024 岡野佐和
http://www.artericca-shinyuri.com/

川崎・しんゆり芸術祭2009「Arte Riccaしんゆり」

駅周辺に9つのホールがあり、芸術関係者も多く住むことから「芸術のまちづくり」に取り組んでいる新百合ヶ丘。ホールや芸術関係者、地域との連携により、今年初めて芸術祭を開催。川崎ゆかりのアーティストらが出演し、クラシックコンサートやオペラ、演劇、映画などさまざまなジャンルの芸術が展開される。

[日程]4月24日〜5月10日
[会場]昭和音楽大学、川崎市アートセンターほか

ページトップへ↑

北陸・中部

●新潟県長岡市地域創造の支援事業

長岡市芸術文化振興財団、長岡市
〒940-2108 長岡市千秋3-1356-6
Tel. 0258-29-7715 市川直記
http://www.nagaoka-caf.or.jp

中越大震災5周年復興祈念事業能楽座 長岡公演

観世銕之丞がシテを演じる能『山姥』と、野村万作による狂言『昆布売』のほか、中越地震の復興を祈念し、梅若玄祥が2001年の同時多発テロを受けて創作した創作能舞『祈り』を上演。本公演前日に、シテ方観世流の柴田稔と、狂言方大蔵流の善竹富太郎ほかによる能楽ワークショップも開催。さまざまな体験型プログラムとレクチャーを織り交ぜ、能、狂言の面白さを伝える。

[日程]5月2日、3日
[会場]長岡リリックホール

●長野県飯田市地域創造の支援事業

オーケストラと友に音楽祭実行委員会
〒395-0051 飯田市高羽町5-5-1
Tel. 0265-23-3552 中島弘貴
http://www.iida-oketomo.com/

オーケストラと友に音楽祭

1989年から昨年まで飯田市で開催していた「アフィニス夏の音楽祭」が、より市民が主体となる音楽祭としてリニューアル。名古屋フィルによる名曲コンサートやポップスコンサートのほか、楽団員による音楽クリニックを実施し、クリニックの成果発表会も行われる。

[日程]4月17日、5月2日〜5日
[会場]飯田文化会館ほか

●長野県茅野市

茅野市美術館
〒391-0005 茅野市仲町1-22
Tel. 0266-82-8222 九冨美香
http://www2.chinoshi.net/shiminkan/museum/

茅野市美術館アート×コミュニケーション#1「こころみる、ここをみる。」

写真を中心にさまざまな創作活動を展開する美術家・佐藤時啓を講師に迎えて体験型ワークショップを7回実施。カメラ・オブスキュラやピンホールカメラをつくっての撮影や、フォトグラム制作などの写真の基本的な原理を知るものから、作家の代表作である「光」シリーズの共同制作など幅広い内容。10月にはワークショップ参加者の作品と、作家が茅野市を撮影した作品による展覧会を開催。

[日程]4月26日〜10月25日(展覧会:10月11日〜25日)
[会場]茅野市美術館

●名古屋市

愛知県文化振興事業団
〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
Tel. 052-971-5511 富田顕生
http://www.aac.pref.aichi.jp/sinkou/

第9回愛知県芸術劇場演劇フェスティバル

公募により各地の劇団が出演するフェスティバル。今年は世相も鑑みて「HOME」を共通テーマに設定。名古屋を拠点に活動する新鋭の「テラ・インコグニタ」と地元で約30年活動を続ける女性劇団「劇団気まぐれ」、東京からは青年団出身の岩井秀人率いる「ハイバイ」、京都から鈴江俊郎の新ユニット「演劇ユニット昼ノ月」がそれぞれカラーの異なる、個性溢れる作品を上演する。公募した一般審査員が、参加劇団の中から優れた作品を選び、グランプリを決定する。

[日程]4月10日〜5月24日
[会場]愛知県芸術劇場

ページトップへ↑

近畿

●兵庫県尼崎市

兵庫県立尼崎青少年創造劇場ピッコロシアター
〒661-0012 尼崎市南塚口町3-17-8
Tel. 06-6426-1940 田窪哲旨
http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/

兵庫県立ピッコロ劇団オフシアターVol.21『あの森には行ってはならない』〜KAFKA'sNightmare Mash Up〜

ピッコロシアター中ホールの小空間を使って実験性の高い舞台づくりを目指すシリーズ第21弾。ピッコロ劇団員が作品選定や企画を行っており、今回は、ウォーリー木下の演出・脚本により、カフカの『変身』『流刑地にて』『断食芸人』を基にしたオリジナル作品を上演。カフカをいかに遊ぶかにポイントを置き、戯曲を使わない稽古をするなど、普段とは異なる自由度の高い手法で創作している。

[日程]4月16日〜19日
[会場]ピッコロシアター

ページトップへ↑

中国・四国

●島根県益田市

島根県立石見美術館
〒698-0022 益田市有明町5-15
Tel. 0856-31-1860 真住貴子
http://www.grandtoit.jp/museum/

中尾彰─津和野・東京・蓼科─

1904年に津和野で生まれた中尾彰は独学で絵を学び、1931年の第1回独立美術協会展に入選。絵画のほか文芸同人誌での詩文の発表や、子どものための美術運動を展開するなど幅広く活動した。本展は、津和野に近い島根県立石見美術館、住居のあった東京・練馬の練馬区立美術館、アトリエのあった長野県茅野市の茅野市美術館による共同企画で、油彩画約60点を中心に、戦中戦後の混乱や火災で多くの作品が失われるなど、謎の部分が多かった活動の全貌に迫る。

[日程・会場]2月21日〜3月29日:練馬区立美術館/4月17日〜6月15日:島根県立石見美術館/7月24日〜8月23日:茅野市美術館

●広島市

広島市現代美術館
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
Tel. 082-264-1121 小橋祥子
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp

どろどろ、どろん 異界をめぐるアジアの現代美術

“異界”をキーワードに、国内・アジアの現代美術作家の作品と、妖怪の描かれた絵巻や祭事に使われた面などの歴史・民俗資料を併せて展示し、時代を超えて受け継がれている不安や未知の領域を視覚化する創造力を紹介。出品作品のひとつ、広島の妖怪物語「稲生物怪録」にまつわる市内のスポットを、同作の専門家である杉本好伸安田女子大学教授のガイドで探索するツアーなども開催する。

[日程]3月14日〜5月10日
[会場]広島市現代美術館

ページトップへ↑

九州・沖縄

●福岡市

福岡演劇フェスティバル実行委員会
〒815-0042 福岡市南区若久6-15-5
Tel. 092-474-6181 糸山裕子
http://www.amcf.jp/

第3回福岡演劇フェスティバル

地元の演劇人やNPO、企業、財団などが実行委員会形式で開催する福岡版“舞台芸術見本市”。それぞれの劇場が演劇やコンテンポラリーダンス公演を招聘するほか、福岡近郊で公募した劇団の公演などが行われる。また前回から、演出家の育成を目的に、課題戯曲(今回はチェーホフ『結婚申込』)によりオリジナル舞台作品を創作・上演する「戯曲創作コンペティション」を実施している。

[日程]4月12日〜5月31日
[会場]イムズホール、西鉄ホール、ぽんプラザホール

●大分県別府市

別府市、別府現代芸術フェスティバル2009実行委員会
〒874-0918 別府市汐見町9-1観光港第3埠頭ターミナル2F みなとパレット NPO法人BEPPUPROJECT内
Tel. 0977-22-3560 澤田知美
http://www.beppuproject.com/

別府現代芸術フェスティバル2009「混浴温泉世界」

市民主導により開催する大型国際現代芸術フェスティバル。タイトルの「混浴温泉世界」は、人々が同じ場を共有し、去って行く場所としてこのフェスティバルを象徴し、また別府という地域を象徴するもの。8組の海外アーティストが街にサイトスペシフィックな作品を展開し、観客がその作品を探して街を散策する「アートゲート・クルーズ」を核に、若手のアーティストが古いアパートで滞在制作を行う「わくわく混浴アパートメント」、商店街や温泉、神社などを舞台にコンテンポラリーダンスやライブを行う「ベップダンス」や「ベップオンガク」などが市内各地で展開される。

[日程]4月11日〜6月14日
[会場]別府市内各所

●大分県別府市

アルゲリッチ芸術振興財団
〒874-0903 別府市野口原3030-1 ニューライフプラザ内
Tel. 0977-27-2300 松村美々
http://www.argerich-mf.jp/

第11回別府アルゲリッチ音楽祭

「育む」「アジア」「創造と発信」をコンセプトに掲げ、マルタ・アルゲリッチが総監督を務める音楽祭。アルゲリッチとクレーメルによるデュオコンサートや国内外のトップアーティストが次々に出演するマラソンコンサート、地元の子どもたちにリハーサルを公開する「ピノキオコンサート」などを実施。日韓交流として、韓国公演も行われる。

[日程]5月11日〜24日
[会場]ビーコンプラザ、iichiko総合文化センター

●宮崎県宮崎市

(財)宮崎県立芸術劇場
〒880-8557 宮崎市船塚3-210
Tel. 0985-28-3210 金子博朗
http://www.miyazaki-mf.jp/14mmf/

第14回宮崎国際音楽祭

アーティスティック・ディレクターと指揮にシャルル・デュトワを迎え、世界最高峰のアーティストが出演する音楽祭。ホールコンサートや商店街での「ストリート音楽祭」のほか、音楽祭の出演者を講師に迎えた「ミュージック・アカデミーinみやざき」の受講生によるコンサートを開催。今年は福岡公演も行う。

[日程]5月5日〜23日
[会場]メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場)

ページトップへ↑