地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

地域通信

8月号-No.184

データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●:開催地/地域創造の支援事業地域創造の支援事業
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。
太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。

北海道・東北

●宮城県七ヶ浜町地域創造の支援事業

七ヶ浜国際村事業協会
〒985-0803 宮城郡七ヶ浜町花渕浜字大山1-1
Tel. 022-357-5931 大内恵理子
http://www.shichigahama.com/kokusai/

宮城うたの日コンサートin七ヶ浜

「うたを楽しむ日、感謝する日」をコンセプトに、地元に根づいた音を通して、まちを一つにしたいとの思いを込めたコンサート。2回目の今年は、七ヶ浜国際村の劇場付きミュージカルカンパニーとパーカッショングループが下地勇やブラックボトムブラスバンドらと共演。この日のために出演アーティストが共同で制作した楽曲も披露される。また、中学校の吹奏楽部との共演も初めて盛り込む。

[日程]8月29日
[会場]七ヶ浜国際村

●秋田県小坂町地域創造の支援事業

小坂町
〒017-0202 鹿角郡小坂町小坂鉱山字松の下2(康楽館内)
Tel. 0186-29-3732 木村則彦
http://www.town.kosaka.akita.jp/kourakukan/kourakukan.htm

康楽館創建百年祭記念公演 松井誠特別舞踊ショー

康楽館の常設公演を監修する松井誠によるプログラム。小坂町出身アーティストによる町の新PRソングも披露される。康楽館は1910年に鉱山従業員の厚生施設として開設された芝居小屋で、外装は洋風ながら桟敷や花道など内装は和風という和洋折衷造りが特徴。人力による回り舞台や切穴(すっぽん)など、ほぼ建設当初の構造を残している。

[日程]8月29日
[会場]康楽館

●秋田県湯沢市地域創造の支援事業

音楽のまち“ゆざわ”サマーミュージックフェスティバル実行委員会
〒012-0105 湯沢市川連町字上平城120(教育委員会生涯学習課)
Tel. 0183-42-5810 金野寛子
http://www.city-yuzawa.jp/

音楽のまち“ゆざわ”サマーミュージックフェスティバル2010

市内の小中・高校の吹奏楽部が全国、県下で活躍するなど音楽が盛んな地域のさらなる発展を目指してスタートした音楽祭で今年で3回目。市内の小中学校・高校の吹奏楽部や合唱部、地元出身の若手音楽家、小学校合同バンドなどが出演するほか、公募で結成されたフェスティバルバンドがゲストの鈴木英史(作曲家)、そうる透(ドラマー)らプロと共演。全国吹奏楽コンクールの常連校湯沢南中と秋田市立山王中のジョイントステージも。

[日程]8月21日、22日
[会場]湯沢文化会館大ホール

ページトップへ↑

関東

●茨城県取手市

取手アートプロジェクト実施本部
〒302-0012 取手市井野団地3-21(Tappino内)
Tel. 0297-72-0177
http://www.toride-ap.gr.jp/

取手アートプロジェクト2010

1999年のスタート以降、会期を設定するイベント型の活動が中心だったが、今年は建築家グループみかんぐみによってリノベーションされたアートスペースTappino(タッピーノ)を中心に、人が出会い新しいものが生まれる場をつくる活動に挑戦。メイン企画「100本ノック!」では9カ月にわたって地域住民やアーティストの企画を各所で展開していく。このほか、取手市内の小学1年生全員の絵を展示する「こどもプログラム」や、井野団地3街区エリアの色彩計画に取り組む「3カラプロジェクト」なども実施。

[日程]7月11日〜2011年3月21日
[会場]Tappinoほか取手市内各所

●さいたま市地域創造の支援事業

さいたま市文化振興事業団
〒338-0835 さいたま市桜区道場4-3-1
Tel. 048-858-9080 赤羽根哲也
http://www.saitama-culture.jp/plazawst/

プラザミュージカル『砂漠から還ってきた将軍』〜宮沢賢治作「北守将軍と三人兄弟の医者」より〜

プラザウエストの開館5周年を記念し、初めて市民ミュージカルに取り組む。旧浦和市出身の演出家、伊藤大(青年座)を迎え、一般公募で集まった35人の子どもたちが約30回のワークショップを通して作品をつくる。脚本は、宮沢賢治の童話をモチーフにした書き下ろし。地元で活動する市民劇団の団員がボランティアスタッフとして関わることで、異世代間交流だけでなくプロの舞台づくりを学ぶ機会ともなっている。

[日程]8月29日
[会場]プラザウエスト

●千葉市地域創造の支援事業

千葉県文化振興財団
〒260-8661 千葉市中央区市場町11-2
Tel. 043-222-0077 宮野航
http://www.cbs.or.jp/

千葉県少年少女オーケストラとアキラさんの大発見コンサート

1996年に設立された県立としては初めてのジュニアオーケストラの15周年記念公演。10歳から20歳までの約160人で構成され、昨年にはヨーロッパ公演も実施。2006年から開催している宮川彬良プロデュースによる本公演では、ショパンの名曲やNHKでお馴染みの曲などを演奏。今年は財団設立25周年、オケ設立15周年の節目の年で、鳥取での招待公演、市川公演も行う。

[日程・会場]8月24日:倉吉未来中心、8月28日:市川市文化会館、8月29日:千葉県東総文化会館

●千葉市

千葉市美術館
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8
Tel. 043-221-2311 松尾知子
http://www.ccma-net.jp/

開館15周年記念特別展 田中一村 新たなる全貌

栃木に生まれ、千葉に20年住み、奄美大島へ渡って亜熱帯植物を題材にした日本画を描くも、生前それらの作品を公表する機会もなく無名のまま没した田中一村(1908〜77)の過去最大の回顧展。生誕100年の2008年、奄美大島の田中一村記念館と一村ゆかりの栃木や千葉、石川、鹿児島の美術館が共同で調査研究したことをきっかけに開催するもので、調査で発見された画や資料を多数含む約250点で構成。千葉市美術館では、記念講演やシンポジウムなどを多数予定している。

[日程・会場]8月21日〜9月26日:千葉市美術館、10月5日〜11月7日:鹿児島市立美術館、11月14日〜12月14日:田中一村記念美術館

●東京都台東区

したまち演劇祭実行委員会
〒110-0015 台東区東上野4-5-6(台東区観光課内)
Tel. 03-5246-1148 本木一彦
http://www.shitamachiengekisai.com/

第1回したまち演劇祭in台東

喜劇発祥の地であり、現在も大衆演劇が残る台東区・浅草の特色を生かした演劇祭がスタート。運営委員会長を俳優の橋爪功が務める。下町風情や人情溢れる作品を創作している劇団を公募し、廃校を改修した創業支援施設「台東デザイナーズビレッジ」や普段は入れない浅草見番(芸者の稽古場)、東洋館(旧フランス座)など個性豊かな会場で上演する。会期中は落語ワークショップや子ども向けの演劇ワークショップも開催。同時期には第3回したまちコメディ映画祭in台東も開催される(9月16日〜20日)。

[日程]8月10日〜9月20日
[会場]台東デザイナーズビレッジ、浅草見番、東洋館ほか

●東京都江東区地域創造の支援事業

東京都現代美術館
〒135-0022 江東区三好4-1-1
Tel. 03-5245-1134 難波祐子
http://www.mot-art-museum.jp/

こどものにわ

世代間交流や地域を巻き込むことを意図した現代美術展。出田郷、遠藤幹子、大巻伸嗣、KOSUGE1-16、サキサトムが空間全体を体感できるような新作インスタレーションを制作するほか、江東区の子育て支援センターや児童館、保育園、地元の深川資料館通り商店街で乳幼児と保護者を対象に作家とワークショップを行い、その作品を店舗や美術館に展示する。乳幼児も楽しめるシャボン玉を使ったパフォーマンスや赤ちゃん学研究者による実験・講座が行われる予定。

[日程]7月24日〜10月3日
[会場]東京都現代美術館

●東京都世田谷区地域創造の支援事業

せたがや文化財団
〒157-0062 世田谷区南烏山1-10-10
Tel. 03-5374-9111 佐野晃一郎
http://www.setagaya-bunka.jp/

世田谷文学館開館15周年記念 みんなのサザエさん展

国民的漫画『サザエさん』の名場面を、昭和の世相・出来事の写真や風俗資料などと照らし合わせながらたどるとともに、長谷川町子の業績を漫画だけでなく、絵画・陶芸作品約30点も交えて芸術家としての側面も紹介する。同区内にある長谷川町子美術館との初の連携企画展で、今まで他館に貸し出されることがなかった漫画原画が初めて出品される。小学生が巨大すごろくを3日間でつくって遊ぶワークショップなども実施。

[日程]7月17日〜9月12日
[会場]世田谷文学館

●東京都豊島区

としま未来文化財団
〒170-0013 豊島区東池袋4-5-2
Tel. 03-5391-0751 小沼知子
http://www.owlspot.jp/

Dance Variation(ダンバリ)vol.3

コンテンポラリーダンスや日本舞踊など、さまざまなダンスをワークショップや公演鑑賞を通して子どもから大人まで楽しめる参加型イベント。タップダンサー・熊谷和徳による小中学生、初心者、経験者別のワークショップを体験し、最終日に行われる熊谷の舞台公演に出演するプログラムをはじめ、遊びやゲームを交えながら客席などさまざまな場所でダンスを体験したり、郡上おどりに挑戦するプログラムも。

[日程]8月2日〜8日
[会場]あうるすぽっと

●神奈川県横須賀市

(社)横須賀青年会議所
〒238-0013 横須賀市平成町2-14-4
Tel. 046-824-1061 小川和男
http://www.yokosukajc.com/

よこすか市民ミュージカル『Dream’sDream〜タイムカプセル 夢物語〜』

青少年の地域教育という観点から始まった市民ミュージカル事業。横須賀市在住・在勤者からオーディションで選ばれた小中高生約30人と大人約20人が参加。30年以上も前に市内に埋められたタイムカプセルを題材にした内容で、今年3月から公演に向け練習に励んでいる。

[日程]8月21日、22日
[会場]横須賀市民文化会館

ページトップへ↑

北陸・中部

●富山県下新川郡

入善町 下山芸術の森発電所美術館
〒939-0631 下新川郡入善町下山364-1
Tel. 0765-78-0621 長縄宣
http://www.town.nyuzen.toyama.jp/nizayama/

ヤノベケンジ×ウルトラファクトリー「MYTHOSミュトス」展

1926年建設の水力発電所を改装した美術館の巨大な空間を“廃墟”から“未来”へと繋がる“物語が生まれる場”としてとらえ、長期間にわたり大規模なインスタレーションを繰り返す。旧約聖書の「天地創造の7日間」を全体テーマに、物語の進行とともに会期を4章に分け、電光、流水、虹を人工的に発生させる巨大彫刻を順次制作・展示していく。「虹」はヤノベが教鞭を執る京都造形芸術大学内の工房(ウルトラファクトリー)のメンバーとの共同制作。

[日程]6月19日〜9月23日
[会場]下山芸術の森発電所美術館

●富山県黒部市地域創造の支援事業

(財)黒部市国際文化センター
〒938-0031 黒部市三日市20
Tel. 0765-57-1201 菊地昌弘
http://www.colare.jp/

コラーレ開館15周年記念 野村万作 薪狂言の会

コラーレ夏の風物詩となった野村万作・萬斎親子が野外能舞台で舞い謡う薪狂言。今回は『咲嘩』『二人袴』とポピュラーな2演目を上演。本公演に先立ち、市内中学生向けの狂言の歴史や鑑賞ポイントなどの解説、所作体験、狂言鑑賞も予定。

[日程]8月25日
[会場]黒部市国際文化センターコラーレ

●富山県南砺市地域創造の支援事業

(財)舞台芸術財団演劇人会議
〒939-2513 南砺市利賀村上百瀬
Tel. 0763-68-2356 重政良恵
http://www.jpaf.or.jp/

SCOTサマー・シーズン2010

今年で3回目となるSCOTの演劇祭。大衆劇作家・長谷川伸『沓掛時次郎』をベースにした新作漫画劇『新・帰ってきた日本』、野外花火に彩られる『シラノ・ド・ベルジュラック』など鈴木忠志演出3作品を上演するほか、イタリア・韓国・日本の招待作品、過去の利賀演劇人コンクール受賞演出家による特別参加作品と課題公募による戯曲作品も含め、全20作品28公演。

[日程]8月11日〜29日
[会場]富山県利賀芸術公園

●石川県金沢市

金沢21世紀美術館
〒920-8509 金沢市広坂1-2-1
Tel. 076-220-2800 黒澤浩美
http://www.kanazawa21.jp/

「みかんぐみのアイディアワークショップ─みんなのがっこう」新竪町小学校改造計画プロジェクトルーム

建築家グループみかんぐみとモデル校の金沢市立新竪町小学校6年生、金沢工業大学建築学科の学生を中心に、「環境・建築計画・コミュニティ・アート・地域学」をテーマにワークショップを繰り返す中で「自分たちの目指す学校」を考えていく。少子化や中心市街地の空洞化が進む中、どのように小学校を支え、「開かれた学校」を実現していくかを地域で考える。

[日程]6月12日〜9月26日
[会場]金沢21世紀美術館

●静岡市地域創造の支援事業

静岡県文化財団
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
Tel. 054-203-5714 戸怐E角田
http://www.granship.or.jp/

グランシップ音楽の広場2010

地域の演奏家に、発表の機会と交流の場を提供し、観る人にも気軽に本格的なクラシック音楽を楽しんでもらおうというプログラム。3年目の今年も、静岡ゆかりの演奏家によるプロ・アマ混成オケ約300人と、地元アマチュア合唱団約200人にゲストを交え、指揮者を360度囲む形で共演する。プッチーニのオペラ『トスカ』や、NHK大河ドラマのテーマ曲などを演奏。フィナーレでは客席も参加する仕掛けを企画。

[日程]8月1日
[会場]静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」

●名古屋市

なごや子どものための芸術劇場実行委員会
〒460-0008 名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク8階(名古屋市文化振興事業団文化振興部内)
Tel. 052-249-9387 鈴村りえ
http://art-village.info/

ナゴヤコドモアートビレッジ

コンサートやさまざまなジャンルのワークショップが一堂に会したプログラムで今年で3回目。オカリナ奏者の大沢聡が道端大輝の指揮でセントラル愛知交響楽団とコラボレーションするコンサートでは、終演後にバックステージツアーも実施。ワークショップはダンス・音楽・演劇のほか、地元出身の芥川賞作家・諏訪哲史や書道パフォーマンスで活躍する横山豊蘭らを講師に迎える。

[日程]8月24日〜26日
[会場]中京大学文化市民会館

ページトップへ↑

近畿

●三重県津市地域創造の支援事業

三重県美術館
〒514-0007 津市大谷町11
Tel. 059-227-2100 毛利伊知郎
http://www.pref.mie.jp/bijutsu/hp/

橋本平八と北園克衛展 異色の芸術家兄弟

プラスティック・ポエム(写真を用いた造形詩)の創始者で、日本モダニズムを代表する詩人である弟・北園克衛と近年評価が高まっている彫刻家の兄・橋本平八。伊勢市出身の芸術家兄弟の全体像を近年の調査研究成果を活かして紹介する。ハーバード大学で北園の研究を行っているジョン・ソルト氏による調査資料等をはじめ、二人の膨大な作品・資料を一挙に展示。世田谷美術館でも開催(10月23日〜12月12日)。

[日程]8月7日〜10月11日
[会場]三重県美術館

●滋賀県甲賀市

滋賀県立陶芸の森
〒529-1804 甲賀市信楽町勅旨2188-7
Tel. 0748-83-0909 鈎(まがり)真一
http://www.sccp.or.jp/

滋賀県立陶芸の森開設20周年記念事業「わくわくミュージアム─ちょっと不思議で楽しい“やきもの”」

戦後、芸術品として社会的メッセージや個人的事象を表現するようになったものから、親しみやすい人物や動物、またティーポットなど身近なうつわや商業製品まで、さまざまな陶芸作品96点を紹介。陶芸の森では作品に触れて楽しむコーナーも初めて設置。陶器をデザインする子ども向け体験講座も実施する。

[日程]6月26日〜9月10日
[会場]滋賀県立陶芸の森

●大阪市ほか

IWF実行委員会
〒535-0003 大阪市旭区中宮1-11-14(大阪市立芸術創造館内)
Tel. 080-3841-6006 緒方江美
http://www.artcomplex.net/doors/index.php

インターナショナルワークショップフェスティバル2010[250 DOORS]

ワークショップの祭典。4回目の今年は過去最大の250もの体験型講座を開設。元ニュースキャスター・平松邦夫の話し方講座や近藤良平(コンドルズ)のダンスワークショップをはじめ、ツイッターでの集客・広報講座、伝統芸能、原宿ポップカルチャー、最新アートなど多彩な講座にワンコイン(500円)で参加できる。今回は廃校舎を利用した京都会場で着物講座が実施され、秋には仙台でも開催予定。

[日程]7月31日〜8月9日、8月16日〜24日
[会場]大阪市役所、大阪市中央公会堂、元立誠小学校(京都市)ほか

●大阪府河内長野市地域創造の支援事業

河内長野市文化振興財団
〒586-0016 河内長野市西代町12-46
Tel. 0721-56-6100 宮地泰史
http://www.lovelyhall.com/

ラブリーホール・オリジナル・ミュージカルvol.6『ムーンライト・ミステリー〜月の女神の秘密〜』

2007年8月にスタートし、地域内外の小学生から大学生まで総勢80人が参加するラブリーホール主催のミュージカルスクール、2年間の集大成として制作。地元ダンススクールの子どもたちも合わせ総勢110人が出演する。音楽はのこぎり演奏家でNHK教育テレビ「シャキーン」の作曲家・サキタハヂメ、脚本はホール職員の宮地泰史が手がける。

[日程]8月8日
[会場]ラブリーホール

●兵庫県朝来市

あさご芸術の森美術館
〒679-3423 朝来市多々良木739-3
Tel. 079-670-4111 山内睦
http://www.city.asago.hyogo.jp/asagomuseum/index.htm

あさご芸術の森アートフェスティバル2010

自然の中での創作活動、交流を通して、つくる喜びや鑑賞する楽しさを広めることを目的に開催。美術家を招いて本格的な作品づくりに挑戦する子ども対象の滞在型ワークショップ「チャイルドアートキャンプ」など、さまざまなコースでアート体験ができる。昨年に続いて開催される野外コンサート「フォーク・ジャンボリー in あさご」(7日)にはムッシュかまやつ、杉田二郎、太田裕美らが出演。

[日程]8月5日〜9日
[会場]あさご芸術の森美術館

ページトップへ↑

中国・四国

●島根県松江市

島根県立美術館
〒690-0049 松江市袖師町1-5
Tel. 0852-55-4700 蔦谷典子
http://www1.pref.shimane.lg.jp/contents/sam/

手のなかの空 奈良原一高 1954-2004

写真家・奈良原一高の最大規模の回顧展。軍艦島などをテーマに大きな反響を呼んだ早稲田大学大学院在学中の初個展「人間の土地」(1956)をはじめとする主に50〜60年代の作品に焦点を当て、8部構成で約500点を展示。会期中は「写真神話SANIN」や「森山大道サンパウロ×ブエノスアイレス」、島根出身の俳優・佐野史郎の「あなたがいるから僕がいる」、一般公募作品によって島根の隠れた魅力をPRする「リメンバーしまね的写真展」など多数の写真展が開催され、美術館の夏が写真一色に染まる。

[日程]7月30日〜9月13日
[会場]島根県立美術館

●岡山市

(財)岡山シンフォニーホール
〒700-0822 岡山市北区表町1-5-1
Tel. 086-234-2001 板見幸行
http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/

シンフォニーは友達!2010

クラシック音楽を中心に事業を展開しているホールをより身近に感じてもらえるようにと始まったプログラム。5年目の今年は、97鍵のベーゼンドルファー「インペリアル」を大ホールで弾くことのできる人気企画を拡大して終日開催としたほか、これまでのバックステージツアーを発展させ、本番さながらにステージづくりを体験できる「1日子どもSTAFF大募集!!」を実施。そのほか、弦楽器アンサンブル教室やハワイアン・フラ教室も開催。

[日程]8月1日、2日
[会場]岡山シンフォニーホール

●広島県尾道市

尾道市立美術館
〒722-0032 尾道市西土堂町17-19(千光寺公園内)
Tel. 0848-23-2281 中浜昌二
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/data_ono/p_museum/

開館30周年記念特別展「スズキコージの祝祭画」展

創作絵本や挿絵、衣裳、壁画などさまざまな分野で活躍する絵本作家・スズキコージを紹介。小学館絵画賞受賞作『エンソくんきしゃにのる』、絵本にっぽん賞受賞作品『ガラスめだまときんのつののやぎ』など代表作の絵本原画を中心に、コラージュや立体作品等180点で構成。スズキによるライブペインティグや子どもと段ボール作品を創作し空き家再生に取り組む「スズキコージと尾道まち歩き探検隊」など関連企画も多数。

[日程]6月26日〜8月22日
[会場]尾道市立美術館

ページトップへ↑

九州・沖縄

●福岡市地域創造の支援事業

NPO法人FPAP
〒812-0038 福岡市博多区祇園町8-3
Tel. 092-262-5027 本田範隆
http://www.fpap.jp/pomp/

ぽんプラザホール10周年記念事業 福岡・九州地域演劇祭

2000年に開館し、今年で10周年を迎えるぽんプラザホール。地域の演劇を体感してもらうため、福岡の7大学演劇部による合同公演や福岡を拠点とする演劇人によるシェイクスピア作品の上演など全8作品・28ステージをプログラム。複数のホールで上演時間を調整し、遠方からの観客でも短期間で多くの作品を鑑賞してもらえるよう工夫を凝らしている。出演者と観客との交流を図るレセプションも予定。

[日程]8月20日〜9月8日
[会場]ぽんプラザホールほか

●大分県大分市地域創造の支援事業

大分県立芸術会館
〒870-0152 大分市牧緑町1-61
Tel. 097-552-0820 池田隆代
http://geijutukaikan-b.oita-ed.jp/

生誕100年記念 宇治山哲平・糸園和三郎賛歌

大分県を代表する二人の洋画家、日田市出身の宇治山哲平と中津市出身の糸園和三郎が共に今年生誕100年を迎える。彼らの画風が確立した昭和20年〜30年に注目し、画風確立の軌跡をたどるとともに、当時の様子を地域の協力を得て行った調査を元に、その創作活動が当時の大分の美術にどのような影響を与えたかを、関係する県内の作家の作品も交えて紹介する。関連事業として日田市や中津市で小中学生を対象にワークショップや鑑賞セミナーなども実施。

[日程]8月24日〜9月26日
[会場]大分県立芸術会館美術館

ページトップへ↑