地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

書庫

戻る

財団からのお知らせ

10月号-No.186

●平成23年度「公共ホール音楽活性化支援事業」「公共ホール現代ダンス活性化支援事業」実施団体募集

 公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)と公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)、それぞれのフォローアッププログラムの実施団体を募集します。おんかつやダン活で蓄積したノウハウを活用して、引き続き同様の事業を継続して実施する市町村等に対し、財政的な支援を行います。
詳細は様式箱(http://www.jafra.or.jp/j/guide/box/)をご参照ください。


◎公共ホール音楽活性化支援事業
[対象団体]おんかつを平成21年度あるいは22年度に実施した市町村等/おんかつを20年度に実施し、22年度におんかつ支援事業を初めて実施した市町村等
[対象アーティスト]公共ホール音楽活性化支援事業登録・協力アーティスト
詳細
[支援内容]支援1年目は以下の経費の2/3を、2年目は1/3を地域創造が助成します。
@演奏家に係る経費:演奏家等の出演料およびマネジメント料(上限額あり)、交通費(現地移動費を除く)、宿泊費、日当、楽器運搬費(現地運搬費を除く)、損害保険料/A地域交流プログラムに係る経費:ピアノ調律費のみ(10万円を限度)
[募集締切]平成22年11月5日(金)
[問い合わせ]芸術環境部 沼田・友田
Tel. 03-5573-4093・4064

◎公共ホール現代ダンス活性化支援事業
[対象団体(*)]ダン活を平成21年度あるいは22年度に実施した市町村等/ダン活を平成20年度に実施し、22年度にダン活支援事業を初めて実施した市町村等
*平成17年度から19年度までにダン活を実施した市町村等は、平成22年度及び23年度から、それぞれ継続2カ年度に限り、対象となります。
[対象アーティスト]公共ホール現代ダンス活性化支援事業登録アーティスト
詳細
[支援内容]支援1年目は以下の経費の2/3を、2年目は1/3を地域創造が助成します。また、支援1年目に限り、必要と思われる場合には、相談窓口としてアドバイザーをつけて事業を支援します。
@公演および地域交流プログラムに係る経費:アーティスト、アシスタント、共演者、テクニカルスタッフ等の出演料等(上限額あり)、交通費(現地移動費を除く)、宿泊費、日当、損害保険料/A現地下見に係る経費:アーティスト、テクニカルスタッフ等の交通費(現地移動費を除く)、宿泊費、日当、損害保険料
[募集締切]平成22年11月5日(金)
[問い合わせ]芸術環境部 玉木・大澤
Tel. 03-5573-4055・4077


●平成22年度「邦楽地域活性化事業」スタート

 地域創造では平成21年度のモデル事業を経て、今年度より邦楽地域活性化事業を開始しました。本格実施の1年目となる今年度は、熊本県立劇場が中心となり、熊本県内の3市(荒尾市・宇城市・人吉市)で地域交流プログラムを実施します。
  プログラムのスタートとして、8月24日に全体研修会が熊本学園大学で行われました。熊本県や各市ホールの担当者、アウトリーチ先の学校教諭、コーディネーター、演奏家など関係者全員が集まり、事業の趣旨や流れ、準備作業などを確認したほか、児玉真チーフコーディネーターによる邦楽のアウトリーチについての講義を受けました。
  午前中は市町村ホール担当者を対象に、「ホールが町に出来たことで、住民の生活はどのように変わったか」など、ホールが地域でアウトリーチ活動を実践していく必要性について、理論的な説明が行われました。午後からは学校の先生方も参加され、邦楽の聴き手をいかに育てていくか、子どもを対象とした学校アウトリーチの可能性についての講義がありました。
  最後には、3市それぞれのチームミーティングが行われ、ホール担当者と教諭、演奏家とコーディネーターが、各地域の特色や生徒の様子、どのような地域交流プログラムをつくっていくかについて、互いに意見を出しあいました。
  この事業では約1年間の事業プロセスを通して、都道府県と市町村のホールがネットワークを構築し、地域交流プログラムを継続的に行うことのできる環境づくりを目指します。熊本県においても、引き続き実施される現地下見や手法開発研修会などを通じて、事業の参加者がそれぞれの立場からアイデアを出しあい、地域に合ったプログラムづくりを進めていきます。


チームミーティングの様子
チームミーティングの様子


●平成22年度「邦楽地域活性化事業」
◎研修プログラム
・全体研修会(8月24日/熊本学園大学)
・手法開発研修会(10月19日〜22日/熊本県立劇場)
◎地域交流プログラム(日程/演奏家/アウトリーチ会場/ホールプログラム会場)
・荒尾市(11月4日〜6日/佐藤亜美、木村麻耶、町田光/荒尾第三小学校、有明小学校、清里小学校、平井小学校/荒尾総合文化センター)
・人吉市(12月9日〜11日/菊央雄司、伊藤志野、小林静純/人吉東小学校、大畑小学校/人吉カルチャーパレス)
・宇城市(12月16日〜18日/澤村祐司、利根英法、見澤太基/小川小学校、小野部田小学校、青海小学校、豊野小学校/ウイングまつばせ)
◎総括公演プログラム
・ガラコンサート(2011年1月15日/熊本県立劇場)
◎問い合わせ
総務部 布施・関本
Tel. 03-5573-4143


ページトップへ↑