地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

書庫

戻る

地域創造レター

News Letter to Arts Crew

5月号-No.205
2012.5.1(毎月1日更新)

新理事長あいさつ
財団法人地域創造理事長 梶田信一郎


 財団法人地域創造の理事長に就任しました梶田信一郎でございます。

 皆様のご支援をいただき、地域のお役に立てるよう努力してまいりますので、何とぞよろしくご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

 私は、地方自治の仕事を志して昭和46年に入省しましたが、当時は公害問題など高度成長の歪み、オイルショックの発生があり、これからどういう地域づくりをしていくかが問われていた変わり目でもありました。経済的な発展だけでなく、地域の歴史や伝統、文化や自然を生かした地域づくりが求められるようになり、心の豊かさが重視されるようになっていったことはご承知のとおりです。そうした大きな変化の時代に、地方自治の現場に携わってきたことを今改めて思い起こしております。

  兵庫県に赴任して半年経った時に阪神・淡路大震災が発生し、1年余りその復興に携わりました。震災後、復興支援のため、さまざまな事業が進められてきたことを記憶しております。文化・芸術は人々にやすらぎや活力を生み出すものであり、今回の東日本大震災の復興に当たって、被災地のニーズをくみ上げながらできる限り応援させていただきたいと考えております。

  内閣法制局におりました頃、議員立法として文化芸術振興基本法などの法律が整備されました。また、地方分権の推進を図るための法整備に携わり、その中で地域が自ら考えていく地域づくりの潮流を肌で感じてきました。

  地域社会には様々な課題があり、取り巻く状況には厳しいものがありますが、公共ホール、美術館等の施設でいきいきと活動されている住民の方々に接しますと、文化・芸術は、地域や世代を越えた広がりのあるものだと感じます。文化・芸術の面から地域が自ら考えていく地域づくりを応援していくことが当財団の大きな役割であり、地域のご要望を伺いながら、財団としてできる限りの知恵を出して地域の皆様のお役に立ちたいと思っております。

  今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


●梶田信一郎(かじた・しんいちろう)
岡山県生まれ。昭和46年自治省入省。熊本県、三重県、兵庫県、内閣法制局(長官)に勤務。

今月のニュース

平成24年度 財団法人地域創造事業スケジュール

 地域創造の平成24年度の事業計画が決定しました(下記参照)。公共ホール等活性化支援事業、研修交流事業等につきましては下記のスケジュールで開催を予定しています。
  埼玉と兵庫で開催されるステージラボ(7月/2013年1月)や、静岡で開催されるアートミュージアムラボ(2013年3月)、鹿児島で開催されるアウトリーチ・フォーラム(6月〜2013年3月)など多彩な事業が予定されています。
  地域創造では、音楽・演劇・ダンスのアーティスト等を学校や福祉施設等に派遣する地域交流プログラムと公演を実施してきました。今年度も、そのフォローアップ事業であるおんかつ支援事業やダン活支援事業が実施されます。
  また、今年の地域創造フェスティバル(横浜赤レンガ倉庫)では、おんかつ、ダン活を中心としたプレゼンテーションやセミナーを開催する予定です。
  各事業の詳細につきましては、適宜、本紙「財団からのお知らせ」および当財団のウェブサイトで告知しますのでご参照ください。



●平成24年度 財団法人地域創造事業計画

T 事業名   財団法人地域創造事業

U 事業の目的
  地域における創造的で文化的な表現活動のための環境づくり等に資する事業等を行い、もって美しく心豊かなふるさとづくりの推進に寄与することを目的とする。

V 事業の内容
  平成24年度において、次の事業を実施する。

1.研修交流事業 99百万円

(1)ステージラボ・アートミュージアムラボ
  地域の公共ホール・劇場及び文化・芸術に携わる地方公共団体の職員を対象とした研修「ステージラボ」及び公立美術館等の職員を対象とした美術部門に特化した専門研修「アートミュージアムラボ」を実施し、事業の企画制作能力等の向上を図る。

(2)文化政策セミナー
  市町村長及び地方公共団体の文化行政担当幹部職員を対象に、地域における文化・芸術活動についての理解を深めるセミナー等を実施する。

(3)都道府県・政令指定都市文化行政担当課長会議
  都道府県及び政令指定都市の文化行政担当課長を対象に、文化・芸術振興の在り方等の理解を深め、地域創造と各地方公共団体との連携を一層強化するための意見交換等を実施する。

(4)リージョナルシアター事業
  公共ホール等の推薦を受けた地域文化・芸術活動に貢献している演劇表現者及び当該公共ホール等の職員を対象に、演劇の手法を活用した地域交流プログラム(アウトリーチ、ワークショップ等)に必要な基礎知識と共通認識を深めるとともに、地域交流プログラムを企画・検討する研修等を実施し、地域に根ざした企画能力等の向上を図る。参加者は、企画した事業を本事業終了後、地元で実施する。

2.公共ホール等活性化支援事業 865百万円

(1)公共ホール音楽活性化事業
  地域においてクラシック音楽を身近なものとするため、市町村等と共催で、公演や地域交流プログラムを実施する。また、企画から公演に至る過程において、企画・制作能力を高めるための機会を提供することで、地域の文化事業担当職員の人材育成と地域文化の活性化を図る。
@通常プログラム
  市町村等との共催で、親しみのあるクラシック・コンサートと地域交流プログラムを実施する。これにより、クラシック音楽に触れる機会の少ない地域にコンサート等を提供するとともに、事業の企画・制作を通じて、公共ホールの担当者が実践的なノウハウを修得するための機会も提供する。
  またモデル事業として、昨年度に引き続き市町村連携事業(過去に当事業を実施した公共ホールが中心となって、近隣市町村と連携して公演や地域交流プログラムを実施)を行うとともに、新たに都道府県、政令指定都市との連携により、人材育成・研修に重点を置いたプログラムを実施する。
A支援プログラム
  通常プログラムで蓄積したノウハウを活用して、引き続き実施する身近で親しみのあるクラシック音楽演奏会及び地域交流プログラムを支援(1年目:2/3助成、2年目1/3助成)する。
B普及啓発プログラム(アウトリーチ・フォーラム)
  都道府県・政令指定都市等との共催により、地域との交流を図るアウトリーチと身近で親しみのあるコンサートを組み合わせて開催する公演事業及び実施ホールの企画制作担当者や派遣演奏家などを対象とした研修事業を実施する。

(2)公共ホール現代ダンス活性化事業
  地域において現代ダンスを身近なものとするため、市町村等と共催で、公演や地域交流プログラムを実施する。また、企画から公演に至る過程において、企画・制作能力を高めるための機会を提供することで、地域の文化事業担当職員の人材育成と地域文化の活性化を図る。
@通常プログラム
  市町村等との共催で、ダンス公演と地域交流プログラムを実施する。これにより、コンテンポラリーダンスによる創造的で文化的な芸術活動のための環境づくりに寄与するとともに、事業の企画・制作を通じて、公共ホールの担当者が実践的なノウハウを修得するための機会も提供する。
A支援プログラム
  通常プログラムで蓄積したノウハウを活用して、引き続き実施するダンス公演及び地域交流プログラムを支援(1年目:2/3助成、2年目1/3助成)する。

(3)公共ホール演劇ネットワーク事業
  公共ホールの活性化、情報発信能力の向上を図るとともに、地域の演劇分野における環境づくりに寄与し、併せて創造性豊かな地域づくりに資することを目的に、複数の地方公共団体等が共同・連携して実施する演劇作品の上演及び演劇の手法を活用した地域交流プログラムを支援(助成率2/3以内)する。

(4)邦楽地域活性化事業
  都道府県・政令指定都市等との共催により、日本の伝統音楽の継承・発展と、都道府県域内の公共ホールの連携促進や職員の企画制作能力の向上を図るため、公共ホールを拠点とした邦楽による地域交流プログラム及び公演や、市町村ホールの担当者や参加演奏家などを対象とした研修プログラムを実施する。

(5)公立美術館活性化事業
  公立美術館の企画制作能力の向上、連携の促進、所蔵作品の利活用等を図るため、複数の公立美術館による、公立美術館のコレクションを活用した共同巡回展の実施を支援する。
@市町村立美術館活性化事業(助成率2/3以内)
  複数の市町村立美術館による、地域創造が企画提示する共同巡回展を実施する事業に対して支援する。
A公立美術館巡回展支援事業(助成率2/3以内)
  複数の公立美術館が自主的な企画・制作により所蔵作品等を巡回展示する、共同巡回展の実施を支援する。

(6)地域の文化・芸術活動助成事業
  地方公共団体等の自主事業の企画制作能力の向上及び公立文化施設の利活用の推進等を図り、さらに、地方公共団体の共同事業として、その成果を広く還元するとともに、文化・芸術の振興により創造性豊かな地域づくりの推進を図ることを目的に、以下のプログラムにより、地域の文化・芸術活動を助成する。
@創造プログラム(助成率1/2以内)
  地域における文化・芸術活動に寄与する長期的展望を有し、先進性・テーマ性を備えた自主企画作品の制作・公演、自主企画展覧会のうち、発展的・継続的に事業を実施するうえで運営・住民参画の手法に顕著な工夫が認められる事業
A連携プログラム(助成率2/3以内)
  原則として3以上の地方公共団体等が連携して自ら企画し、共同で制作する公演、展覧会等で、地域住民との交流を図るワークショップ、アウトリーチ等を伴う事業
B研修プログラム(助成率2/3以内)
  公立文化施設等の企画運営に携わる者及び地域文化コーディネーターなど地域の文化・芸術活動を担う者の実践力向上を目指し、地方公共団体等が自ら主体的に企画・実施する広域的な人材育成研修事業
C公立文化施設活性化計画プログラム(助成率2/3以内)
  公立文化施設が地域において果たすべき役割と、それを実現するための方策を登載した計画(公立文化施策の政策評価や市町村合併後の管理運営方策等の内容を含むもの)を策定する事業

(7)被災地支援事業
  東日本大震災等の被災地の実情やニーズを踏まえた、地元自治体との連携による文化・芸術活動を通じた支援の実施に向け、適切な仕組みの検討を行うとともに、可能なものから実施する。

3.情報交流・調査研究等事業 187百万円

(1)情報交流事業
  定期刊行物やホームページにより、地域の文化・芸術活動に資する情報提供を積極的に行う。
@ニュースレター発行事業
  地域創造と各地域の文化施設、制作者等の芸術文化関係者とをつなぐ基本的な媒体として、各地域のユニークな公演・展示の情報や参考となる各地の取組事例及び地域創造の事業のお知らせ等を掲載した「地域創造レター」を毎月発行する。
A雑誌発行事業
  文化・芸術環境づくりのケーススタディーや公立文化施設の有効な運営方法を模索する企画記事等を内容とする雑誌「地域創造」を年2回発行する。
B各種情報提供事業
  ホームページの運営を通じ、地域創造及び公立文化施設に関する各種情報の提供を行うほか、地域創造が収集した地域の文化・芸術に関する情報の蓄積・データベース化を図る。
  また、平成23年度に実施した「東日本大震災以降の被災県における公立文化施設及び文化行政に関する実態調査」のアンケートの結果について取りまとめて、その結果をホームページを通じて広く提供する。

(2)調査研究事業
  地域の文化・芸術環境づくりについて全国的な視点から実態調査・分析・研究を行い、それらの成果を積極的に活用して、関係者の相談や疑問への対応を行う。
@災害時における地域の公立文化施設の役割に関する調査研究
  東日本大震災の影響による経験をふまえて、災害時に公立文化施設に求められる役割とその対応策の参考となる資料を提供することを目的に、専門的な調査研究を行う。
A調査研究成果の活用
  平成22、23年度に実施した「文化・芸術を活用した地域活性化(行政効果の検証)に関する調査研究」に係る成果を研修事業等様々な機会を通じ広く提供する。

(3)コンサルティング事業
@相談事業
  財団に相談窓口を設け、地方団体における文化・芸術の振興による創造性豊かな地域づくりに関する相談に係る取り組みを充実させる。
A地域文化コーディネーター派遣モデル事業
  文化・芸術の振興による創造性豊かな地域づくりに意欲的な市町村を支援するため、文化・芸術を用いた地域活性化に関する知見とノウハウを有する「地域文化コーディネーター」を市町村に派遣する。また、地域文化コーディネーターの助言により企画された事業に対して支援する。

(4)表彰事業
  地域における文化・芸術の振興による創造性豊かな地域づくりに特に功績のあった公立文化施設に対し、「地域創造大賞(総務大臣賞)」を授与し表彰する。

4.地域伝統芸能等保存事業 177百万円
  地域の伝統芸能等(祭り、伝説、神話、民話、伝統芸能、習俗等)を映像に記録・保存・収蔵するとともに、地域伝統芸能等の継承活動の成果を発表するための公演を開催すること等により、地域住民の新しいふるさとづくりへの取組みや地方公共団体の文化環境づくりを支援する。

(1)全国フェスティバル事業
  地域伝統芸能等の保存・継承に関する国民的機運の盛り上げを図るため、「地域伝統芸能まつり」を開催する。

(2)映像記録保存事業(助成率2/3以内)
  各地域で失われつつあり、これまで記録に残されてこなかった伝統芸能等をデジタルビデオ映像に記録・保存する市区町村に対して助成を行う。
  併せて地域創造に映像ライブラリーを設置し、作成された映像記録を保存・収蔵し、広く一般の閲覧に供する。

(3)地域文化資産デジタルコンテンツ発信事業
  映像記録保存事業により作成された映像等をデジタルコンテンツ化し、インターネットで発信する「地域文化資産ポータルサイト」を運営する。

(4)地域伝統芸能継承者(青少年等)育成事業(助成率2/3以内)
  各地域で継続的に青少年等を伝統芸能等の継承者として育成しているその成果を発表する場としての公演を行う市区町村等に対して助成を行う。


平成24年度地域創造助成決定

●平成24年度は「地域の文化・芸術活動助成事業」「地域伝統芸能等保存事業」で合計141件を決定
 平成24年度については、「地域の文化・芸術活動助成事業」、「地域伝統芸能等保存事業」の2つの助成事業について、平成23年7月下旬から9月末にかけて募集を行い、平成24年4月初旬に申請団体等へ助成決定の通知を行いました。

◎地域の文化・芸術活動助成事業
 この事業は、文化・芸術の振興により創造性豊かな地域づくりの推進を図ることを目的に、さまざまな地域が自主的に取り組む文化・芸術活動に助成を行っています。
  平成24年度は、地域の活性化に寄与する長期的展望を有し、発展的・継続的に事業を実施する上で、他の地域の参考となるような顕著な工夫が認められる公演や展覧会事業を対象とした創造プログラム、単独では実施できず、経費削減など連携することにより初めて実施できるもので、本プログラムのために新たに自ら企画し、3以上の地方公共団体等が連携して共同で制作する公演・展覧会のうち「地域交流プログラム」を伴う事業を対象とした連携プログラム、公立文化施設等の企画・運営に携わる者および「地域文化コーディネーター」など地域の文化・芸術活動を担う者のスキルの向上、ノウハウの習得などを目指す、地方公共団体等が自ら主体的に企画・実施する実践的な人材育成事業を対象とした研修プログラム、地域において果たすべき公立文化施設の役割と、それを実現するための方策を登載した計画を策定する事業を対象とした公立文化施設活性化計画プログラムの4つのプログラムで募集を行いました。
  助成事業全体として、地域単独では実施できない事業であること、「地域交流」として地域と積極的に関わりをもつ事業であることを重視しています。またこれに加えて、創造プログラムでは「発展性」や「継続性」をもつ複数年事業であること、連携プログラムでは、連携事業としての「自主性」や「連携効果」などの要件がポイントとなっています。
  今回は、全国から212件、6億9,440万円の助成申請があり、これに対し今年度は、124件、総額4億2,440万円について助成を決定しました。
[平成23年度:96件、2億7,530万円]

◎地域伝統芸能等保存事業
 この事業では、地域住民のふるさとづくりへの取り組みや、地方公共団体の文化を通じた地域づくりの向上に寄与することを目的とし、市区町村が、各地域で失われつつあり記録にも残されていない伝統芸能等を映像に記録・保存する事業に対し助成する「映像記録保存事業」、各地域で継続的に青少年等を継承者として育成している成果を発表する場としての公演を開催する事業に対し助成する「地域伝統芸能継承者(青少年等)育成事業」の2事業について募集を行いました。
  いずれの事業も、実施者が自ら主体的に企画・制作実施する「自主性」や、次年度以降の継続的な保存・継承活動に繋げていく「継続性」等の要件を満たすことが必要となります。
  今回は、全国から20件、2,536万円の助成申請があり、これに対して17件、2,193万円について助成を決定しました。
[平成23年度:18件、1,734万円]

  なお、近年の事業別の申請・決定の状況は表のとおりです。



平成24年度助成事業一覧

*リストの見方
申請事業名以下、申請団体/実施時期(平成24年度)/事業年度の順に掲載

地域の文化・芸術活動助成事業124件

創造プログラム(57件)
地域と連携した舞台芸術創造事業
北海道/2013年1月〜2月/1年目(2 年間)
SAPPORO ART MIX 2012(サッポロ・アート・ミックス)
(財)札幌市芸術文化財団/2013年1月/3年目(3年間)
市民参加劇 〈仮題〉「阿寒湖の母 前田光子」公演
(財)釧路市民文化振興財団/2012年10月(参加公演)/1年目(2年間)
(仮称)南郷アートプロジェクト2012
青森県八戸市/2012年10月/1年目(3年間)
スーパーワークショップ及び展覧会・公演事業
(財)仙台市市民文化事業団/2012年11月〜2013年1月/2年目(2年間)
芸術・文化による現代版「足利学校」創造プロジェクト 足利市民会館・専属芸術団体 発足計画
(財)足利市みどりと文化・スポーツ財団/2013年3月/2年目(3年間)
『絹の国から』演劇制作事業
(財)群馬県教育文化事業団/2012年8月/2年目(2年間)
前橋プロジェクトvol.1『マテリアルプロジェクト』(仮称)
群馬県前橋市/2012年8月〜2013年3月(ワークショップ)/1年目(2年間)
さいたまネクスト・シアター
(公財)埼玉県芸術文化振興財団/2013年2月/3年目(3年間)
さいたま総合芸術演劇プロジェクト
(財)さいたま市文化振興事業団/2012年9月/1年目(3年間)
NANSO舞台芸術創造プロジェクト第8弾 県民参加創作ミュージカル「安房の国の物語」(仮称)
千葉県/2013年2月/3年目(3年間)
市制施行80周年記念ちょうし市民ミュージカル事業
千葉県銚子市/通年(ワークショップ)/1年目(3年間)
オペラBOX
東京都/2012年10月/1年目(3年間)
ハンガリーオペレッタプロジェクト
東京都東大和市/2013年1月/1年目(2年間)
杉田劇場開館8周年記念事業『杉劇歌劇団』結成!〜目指せ、「磯子音楽フェスティバル」(仮称)〜
(公財)横浜市芸術文化振興財団/2013年2月/1年目(3年間)
地域高齢者劇団『劇団しんゆりの風(仮称)』の創造発信
川崎市/2013年3月/1年目(3年間)
音楽家と厚木市の子どもたちをつなぐ文化会館事業
(公財)厚木市文化振興財団/2012年12月/2年目(3年間)
越後妻有・芸能風土記プロジェクト
新潟県十日町市/2012年9月/2年目(3年間)
親子で楽しむ児童劇「シンデレラ」創造プロジェクト in TOGA
(財)富山県文化振興財団/通年(ワークショップ)/1年目(3年間)
未来創造プロジェクト「進化する森」森とこどもとダンスとアート
(財)高岡市民文化振興事業団/2013年3月/3年目(3年間)
金沢若者夢チャレンジ・アートプログラム─美術館はメディエーター「フェデリコ・エレロ×ウクレリアン関口和之」
(公財)金沢芸術創造財団/通年/2年目(3年間)
2013市民ミュージカル公演「たぬき御殿」
(公財)演劇のまち振興事業団/通年/2年目(3年間)
音と音、人と人をつなぐまちづくり事業
福井県美浜町/2012年11月/1年目(3年間)
ふえふき〜音楽散歩道Vol.2
(財)ふえふき文化・スポーツ振興財団/2012年9月、10月/2年目(3年間)
大きな輪となれ「ジョイントコンサート」
長野県/2013年2月〜3月/1年目(3年間)
世界の児童文学発掘プロジェクト in MATSUMOTO
(財)松本市教育文化振興財団/2012年7月、2013年1月/2年目(3年間)
地域住民と創る「飛騨地域オリジナル・ミュージカル」
岐阜県/2013年2月/2年目(3年間)
Tajimi Dance On-Line ダンスで繋ぐ人と人 コミュニティダンスプロジェクト
(財)多治見市文化振興事業団/2013年1月/3年目(3年間)
市民創作オペラ「高野聖」
岐阜県飛騨市/2013年1月/1年目(3年間)
静岡コミュニティダンスプロジェクトVol.1〜3 〜す・べ・てのヒトにダンスを!!〜
静岡市/2012年8月/2年目(3年間)
西村陽平/盲学校生徒作品展(仮称)
愛知県/2012年4月〜5月/2年目(2年間)
パティオ演劇公演2012「世界音楽物語」
愛知県知立市/2012年10月/2年目(3年間)
トリプル3 演劇『ワリカン』ネットワーク プロジェクト
(公財)三重県文化振興事業団/2012年10月/3年目(3年間)
地域大連携によるオペラ創造プロジェクト
(公財)びわ湖ホール/2012年11月、2013年1月/1年目(3年間)
劇場アドベンチャーVol.2「(名称検討中)」
(財)京都文化財団/2013年3月/2年目(3年間)
Dance 4 All フェスティバル(仮)
京都市/2012年12月/1年目(2年間)
ex・pots 2011-2013
大阪市/2013年2月/2年目(3年間)
さかいクラシックweek
(財)堺市文化振興財団/2012年12月/1年目(2年間)
メイシアター演劇のひろば〜吹田の口承文芸をテーマに〜
(財)吹田市文化振興事業団/2013年3月/1年目(3年間)
《神戸の視点》「実践!演劇プロデューサーへの道 2012」
神戸市/2013年3月/2年目(2年間)
豊岡市民プラザ「アートスクール」事業
兵庫県豊岡市/2013年3月/3年目(3年間)
郷の音ホール 演劇創造プロジェクト「さんだほたる」
兵庫県三田市/2012年8月/2年目(3年間)
結崎 DE 能
奈良県川西町/2013年2月/2年目(3年間)
「大淀町能楽プログラム」〜広めよう能楽の輪〜
奈良県大淀町/2012年8月〜11月/3年目(3年間)
声楽×雅楽×ダンスによる「衣通姫」公演
(財)和歌山市都市整備公社/2012年11月/2年目(3年間)
文化芸術を通じた子どもの国際交流プログラム
広島県/2012年8月/1年目(2年間)
アステールプラザダンス活性化事業
(財)広島市未来都市創造財団/2012年9月、2013年3月/3年目(3年間)
音楽文化が息づくまちづくり事業
(財)徳島県文化振興財団/2012年11月/2年目(3年間)
「イン・ザ・ビギニング・ワズ・ザ・エンド」(仮称)国際共同製作
(財)高知県文化財団/2012年9月(ワークショップ)/2年目(3年間)
(仮称)北九州の記憶
(財)北九州市芸術文化振興財団/2012年12月/1年目(3年間)
演劇“カンゲキ”拡大プロジェクトvol.2
(財)筑紫野市管理公社/2012年4月/2年目(2年間)
『音楽会と音学会』〜“楽”しく“学”ぶクラシック
(財)宗像市総合公園管理公社/2012年6月/2年目(3年間)
ながさき音楽祭2012(Nagasaki Music Festival 2012)
長崎県/2012年9月〜11月/3年目(3年間)
市制70周年記念事業「天正遣欧使節ミュージカル“光る海”」
(財)大村市振興公社/2012年8月/2年目(2年間)
邦楽地域普及事業
(財)熊本県立劇場/2012年10月〜12月/2年目(3年間)
おおいたオペレッタ合唱団育成事業「B-Con Plazaオペレッタ劇場」
大分県別府市/2013年2月/3年目(3年間)
市民参加型舞台制作事業
(財)都城市文化振興財団/2012年12月/2年目(3年間)


連携プログラム(15事業57件)
公共ホールネットワーク・ニューアート活性化事業「THE DRAWING SHOW(ザ・ドローイング・ショー)」
(財)札幌市芸術文化財団、(財)北上市文化創造、千葉県流山市、新潟県魚沼市/2012年11月〜12月
劇団東京乾電池公演「寿歌」
北海道北斗市、北海道斜里町、(財)高松市文化芸術財団/2013年3月
おでかけクラシック
(財)青森市文化スポーツ振興公社、(財)高岡市民文化振興事業団、(財)直方文化青少年協会/2012年9月、10月、12月
糸あやつり芝居・石川啄木の世界「(仮称)雲は天才である」
(公財)岩手県文化振興事業団、(公財)武蔵野文化事業団、神戸市/2012年6月〜7月
二兎社新作公演「夜は私のもの」(仮題)
(財)盛岡市文化振興事業団、(財)富士見市施設管理公社、(財)豊橋文化振興財団、愛知県知立市、(財)北九州市芸術文化振興財団/2012年10月〜12月
『ポリグラフ』
仙南地域広域行政事務組合、東京都、(財)松本市教育文化振興財団/2012年12月〜2013年1月
演劇・音楽・ダンスの先駆的作家による次世代音楽劇
(財)水戸市芸術振興財団、(公財)せたがや文化財団、(公財)三重県文化振興事業団、(財)高知県文化財団/2012年9月〜11月
モンゴル国立馬頭琴オーケストラ×竹下景子「白い馬の物語」
(公財)としま未来文化財団、(公財)神奈川芸術文化財団、新潟県五泉市、(公財)兵庫県芸術文化協会/2012年11月〜12月
東京バレエ団〈バレエ・ガラ〉公演
(財)帯広市文化スポーツ振興財団、大阪府岸和田市、(財)アクロス福岡、(公財)佐世保地域文化事業財団/2013年1月〜2月
りゅーとぴあレジデンシャル・ダンス・カンパニーNoism1 新作公演 見世物小屋シリーズ第3弾 Nameless Voice(仮)
(公財)埼玉県芸術文化振興財団、(財)新潟市芸術文化振興財団、(公財)金沢芸術創造財団、(財)静岡県舞台芸術センター、愛知県/2012年6月〜7月、10月
演劇公演「高き彼物」
(財)長岡市芸術文化振興財団、(財)滋賀県文化振興事業団、(財)京都文化財団、(財)広島市未来都市創造財団、(財)筑後市文化振興公社、大分県日田市/2012年7月
ミヒャエルエンデの「モモ」による地域活性化事業
長野県東御市、愛知県碧南市、三重県御浜町/2012年8月〜9月
舞台芸術による地域活性化事業〜オペラで街を元気に!〜
(財)大館市文教振興事業団、(財)つくば都市振興財団、(財)奈良市文化振興センター、(公財)佐賀市文化振興財団/2012年9月〜10月
クラシックコンサート
徳島県小松島市、徳島県美馬市、徳島県三好市/2012年11月
「世界の文化に触れる・感じる」幼児・児童のための演劇祭2012
長野県飯田市、大阪市、沖縄県沖縄市/2012年7月〜8月


研修プログラム(9件)
舞台技術者養成講座
(公財)せたがや文化財団/2012年8月、2013年3月
学校と地域と劇場をつなぐ人材育成事業
東京都杉並区/2012年8月〜10月、2013年1月
茅野市民館をサポートしませんか? 2012
長野県茅野市/通年
愛知県市町村公立文化施設活性化事業
愛知県/2012年6月〜12月
とよなか文化芸術プロデューサー養成講座
大阪府豊中市/2012年7月〜2013年3月
しまね地域文化コーディネーター人材育成事業
(財)島根県文化振興財団/2012年6月〜7月、9月〜11月、2013年1月〜3月
「アートマネジメントセミナー2012〈特別編〉」(仮)
(財)福岡市文化芸術振興財団/2012年9月〜11月
アートの新たな可能性発掘プロジェクト「アウトリーチ推進事業─福祉編─」
(財)熊本県立劇場/2012年6月〜12月
「アートを知る、アートを体験する」セミナー&ワークショップinおきなわ(仮)
沖縄県沖縄市/2012年7月〜8月


公立文化施設活性化計画プログラム(1件)
横浜美術館ほか4館活性化計画策定
(公財)横浜市芸術文化振興財団/1年目(2年間)


地域伝統芸能等保存事業17件

映像記録保存事業(13件)
中野神楽、島守神楽、島守駒踊
青森県八戸市
柳橋の獅子舞
福島県郡山市
田宮囃子
茨城県土浦市
浦山の獅子舞
埼玉県秩父市
ささら獅子舞、白子囃子
埼玉県和光市
戸隠追通地区の鳥追い・セーノカミの勧進行事
長野県長野市
宇内戸地区の門念仏
愛知県豊田市
伏拝の盆踊
和歌山県田辺市
椎名の太刀踊り
高知県室戸市
桐見川地区の七夕行事
高知県越知町
平島のナーマイドー
長崎県西海市
宇座「上い口説囃子(ぬぶいくどぅちべーし)」
沖縄県読谷村
由比のお太鼓祭
静岡市


地域伝統芸能継承者(青少年等)育成事業(4件)
第7回 あさひのまつり
千葉県旭市
吉野川市伝統芸能の祭典&ワークショップ
徳島県吉野川市
第5回 都城民俗芸能祭
宮崎県都城市
粟国島の青少年による「むんじゅる節」継承事業
沖縄県粟国村

ページトップへ↑