地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

出版物

戻る

財団からのお知らせ

3月号-No.227


●平成26年度「公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)」第2回全体研修会&公開プレゼンテーション報告

 新年の幕開けを告げる平成25・26年度ダン活登録アーティストによるプレゼンテーションが、1月7日、8日にティアラこうとう(江東公会堂)で行われました。
  ダン活では、事業を実施する前年度に、参加するホールの職員を対象にした2回の研修会を実施しています。今回は昨年11月に開催した入門編に続くアーティストプレゼン編で、登録アーティスト6組が各30分のデモンストレーションとワークショップを行いました。また、各館の企画についてコーディネーターを交えて意見を交換するグループディスカッションも実施しました。
  2年目となる登録アーティストは、1年目からさらに工夫を凝らした魅力的なプログラムでアピール。堤康彦コーディネーターから「ダンスと言うと音楽に乗って元気よくというリクエストも多いように思いますが、実は静かに触れあって感覚を分かちあうことも望まれています」と紹介されたのが、コンタクトインプロビゼーション(CI)の勝部ちこ+鹿島聖子。勝部さんは、「私たちはひとりではできない動きを他の人と触れあうことでつくり出していく即興のダンスをやっています」と自己紹介。「今何をしていますか」と自問自答しながら「スピーカーのノイズが聞こえる」など五感で今をとらえて身体と心を一致させていくウォームアップ方法などを伝授していました。
  また、拠点にしている前橋市への地域愛をアピールした山賀ざくろさん、舞踏の世界観をわかりやすく楽しく紹介した田村一行さん、参加者に使い捨てカメラを配布してフラッシュを照明効果にしたオープニングアクトと被り物をしたパフォーマンスで楽しさをアピールした赤丸急上昇、自分と他者の距離感や信頼関係を発見できるというCIのワークショップを実演した坂本公成+森裕子さん、身体を動かすことの解放感を前面に押し出して参加者を誘導しながら参加型作品をつくり上げた田畑真希さんと、コンテンポラリーダンスらしいバラエティに富んだプレゼンテーションが続きました。
  プレゼンテーションを踏まえて行われたグループディスカッションでは、平成26年度に事業を実施する8ホールの職員が3グループに分かれて「地域でどのようなことを実施したいか(狙い、ビジョン、事業内容)」「どのアーティストを招聘したいか」「アーティストのどこに魅力を感じたか」などを題材にディスカッション。その後、各ホール担当者によるプランの発表が行われました。
  「地元にある古墳をフィーチャーした事業を行いたいと、文化財保護係と相談している」(福岡県うきは市・うきは市文化会館)、「子どもから大人まで参加した音楽劇をつくっている。今後の展開のためにも振付ができる人材育成をしていきたい」(北海道滝川市・たきかわホール)、「いろいろなアーティストに震災支援で来てもらっているが一過性になりがち。子どもたちから働きかけて長期的にまちの文化芸術の下支えをつくっていきたいし、仮設住宅で引きこもりがちになっている人たちに元気になってもらいたい」(岩手県大船渡市・大船渡市民文化会館)など。参加者の熱い思いに満ちたグループディスカッションとなりました。


 
左上:勝部ちこさんと鹿島聖子さんのデモンストレーション
右上:赤丸急上昇のデモンストレーション
左下:田畑真希さんのワークショップ

●平成25・26年度「公共ホール現代ダンス活性化事業」登録アーティスト
・田畑真希
・田村一行
・山賀ざくろ
・赤丸急上昇(赤松美智代+丸山陽子)
・勝部ちこ+鹿島聖子
・坂本公成+森裕子(Monochrome Circus)
●公共ホール現代ダンス活性化事業に関する問い合わせ
芸術環境部 栗林・小林
Tel. 03 -5573 -4055・4077
dankatsu@jafra.or.jp


●平成27年度「リージョナルシアター事業」実施団体募集のお知らせ

 平成20年度より実施してきたリージョナルシアター事業は、より参加しやすいプログラムとして平成25年度にリニューアルしました。演劇の表現者(演出家、以下派遣アーティスト)を公共ホールに最大3回派遣し、演劇の手法を使ったワークショップを実施します。子どもたちに向けたアウトリーチやホールでの公募型ワークショップ、教員や行政職員を対象としたワークショップなど、公共ホールが地域のニーズに合わせたプログラムを自由に企画できる事業です。
  すでに実施された25年度のモデル事業では、小学校や中学校へ出向いて授業時間を使ってのアウトリーチ、中学校の演劇部へ出向き演劇の基礎の指導、市内の高校演劇部員が合同で参加するワークショップや市役所職員の新人研修の一環として実施したワークショップなど、プログラムも多岐にわたりました。なかでも、地元で演劇活動をする表現者がワークショッププログラムをつくる過程をサポートするというプログラムは、地域の課題に向き合った内容となりました。
  参加されたホール職員の方からは「派遣アーティストの学校アウトリーチを地元表現者が見学することで、今後のプログラムづくりの勉強になった」、劇場建設中のホール職員の方からは、「開館前のプレ事業として『参加・体験』事業のイメージが共有できた」という感想がありました。
  この事業では、事業実施前に全参加団体と全派遣アーティストが一堂に会しての研修会も実施します。いろいろな地域の特性を共有することで、自分の地域が客観的に見え、これまで当たり前だと重視していなかった事柄にスポットが当たり、地元の文化をより深める機会にもなります。演劇の新しい取り組みへ挑戦したい、または派遣アーティストからの新しい視点を活用したいというホールの皆様のご応募をお待ちしております。
募集締切:4月18日(金)必着

●リージョナルシアター派遣アーティスト
内藤裕敬(南河内万歳一座座長、劇作家・演出家)、岩崎正裕(劇団太陽族主宰、劇作家・演出家)、多田淳之介(東京デスロック主宰、演出家・俳優)、田上豊(田上パル主宰、劇作家・演出家)

●リージョナルシアター事業に関する問い合わせ
芸術環境部 大垣・福岡・蔵満
Tel. 03-5573-4124
※参加申込書は、当財団のウェブサイト内の「様式箱」→「リージョナルシアター事業」→からダウンロードできます。
http://www.jafra.or.jp/form_box/form/detail/category_id/13/


●平成27年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」プレゼンテーション団体募集・事業説明会開催のお知らせ

 この事業は、複数の公共ホールがネットワークを組み、単独での実施が難しい演劇公演を共同・連携して実施する事業です。単独の公共ホールでは予算的に難しい演劇公演もネットワークを組むことで負担を軽減でき、現場での実体験を通じた制作ノウハウを参加ホール全体で共有し習得することができます。これまでに参加したホール担当者からは、「今後に繋がるネットワークができた」「他の参加ホールの情報がとても役立ち、今後の事業に生かせるノウハウが得られた」という感想をいただいています。
  平成27年度の事業実施に向けて、演劇公演(再演作品)の実績のある公演団体と一体となって当事業を実施できる公共ホール等を募集します。事業説明会では、公演内容、予算等についてプレゼンテーションを行っていただきます。地域創造は、応募団体の中から事業説明会においてプレゼンテーションを行っていただく団体を選定します。
  併せて事業説明会の参加団体も募集します。当事業への参加をご希望の公共ホール等には、4月22日(火)に開催する事業説明会にご出席いただいた上で、参加意向を募り実施作品および実施団体を決定しますので、当事業の実施を検討されている公共ホールの担当者は必ずご出席ください(事前登録制)。
※各応募・申し込み方法および締切については下記をご覧ください。


●平成27年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」
◎プレゼンテーション団体応募方法
事業申請書および予算書等に、参考資料(公演企画書、作品の映像または台本)を添付して、郵送にてお送りください。詳細は同封の実施要綱をご覧いただき、申込書等の様式は当財団ウェブサイトよりダウンロードしてください。
募集締切:3月14日(金)必着
[申し込み・問い合わせ]
芸術環境部 蔵満・福岡・大垣
Tel. 03-5573-4073
◎事業説明会の参加方法
[日程]2014年4月22日(火)14:00〜18:00
[会場]地域創造会議室
事業の予算説明を行いますので地域創造が発行している「演劇制作マニュアル」(*)を事前にご一読ください。当財団のウェブサイトから参加申込書をダウンロードし、メールまたはFAXにてお申し込みください。
参加申込締切:4月7日(月)必着
[申し込み・問い合わせ]
芸術環境部 大垣・蔵満・福岡
Tel. 03-5573-4124 Fax. 03-5573-4060
ogaki@jafra.or.jp

*「演劇制作マニュアル」
2006年3月発行。各ホール等に配布しておりますが、お持ちでない場合は地域創造までお問い合わせください。


●「第14回地域伝統芸能まつり」がNHKで放送されます

 2月22日(土)・23日(日)に、全国各地の地域伝統芸能と古典芸能を一堂に集めて紹介する「地域伝統芸能まつり」を開催、今年度は「芽生え」をテーマに、11の地域伝統芸能と、2つの古典芸能が出演しました。この公演の模様がNHKで放送される予定です。ぜひご覧ください。
◎放送予定日
NHK Eテレ 2014年3月15日(土) 14:00.17:00


ページトップへ↑