地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

書庫

戻る

財団からのお知らせ

平成31年度ステージラボ開催地のお知らせ

 ステージラボは、公立文化施設等の職員を対象にした少人数形式の実践的な研修事業で、毎年開催しています。
 平成31年度は、前期(2019年6月下旬)に富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ(埼玉県富士見市)で2コースを実施します。後期(2020年2月下旬)は、東北地方で実施の予定です。詳細は決定次第、当覧でお伝えします。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

市町村長特別セミナー「地域経営塾」終了報告


上:BUZZ FIVEによるミニコンサート
下:上田市前市長・母袋創一さんによる講義

地域創造では、全国の市町村長を対象に、文化・芸術による地域づくりへの理解を深めていただくため、年2回「市町村長特別セミナー」を実施しています。今年度2回目となるセミナーは滋賀県大津市にある全国市町村国際文化研修所(JIAM)との共催により文化・芸術に関する講演と音楽アウトリーチを身近に経験していただくミニコンサートを実施しました。
 今回の市町村長特別セミナーは11月1日、2日の2日間で開催しました。
 1日目のミニコンサートでは地域創造おんかつアーティストの金管五重奏BUZZ FIVEが演奏を披露しました。BUZZ FIVEは経験も豊富で、全国の小学校などで音楽の魅力を発信し続けています。コンサートには他のセミナー受講者を含め70名を超える方が参加し、それぞれの楽器の個性など、軽快な説明とともに金管楽器の迫力や繊細さを身近に感じ、アウトリーチを実体験していただく貴重な機会となりました。
 2日目の講義では「地域文化の振興〜地域資源を生かした文化創造都市を目指して」と題し、上田市前市長の母袋創一さんによる文化芸術拠点を生かした同市のまちづくりを紹介。母袋さんは「まちづくりのことを考えると、文化行政は教育委員会に任せず、市長部局が主体的に担うべきだ」と上田市交流文化芸術センター サントミューゼの活動とこれまでの軌跡について話しました。
 市が直営管理するサントミューゼはホールのほかに上田市立美術館を併設、演奏会や学生による演劇創作活動や子どもの美術創作活動を実施しており、「今後社会で求められる自己表現が豊かな人材の育成に繋がっている」とその効果を発表。またセンター整備後に中心市街地で起きた街の活性を紹介し、「“モノを売る”のではなく“コトをなす”まちづくりを進めてほしい」と語りました。受講生の方々からは「文化による活性化やリーダーシップの重要性など、今後自分の自治体でも取り入れていきたい」「文化・芸術の社会的価値と拠点施設の役割について再度考えさせられた」などの声が寄せられました。

平成29年度事業報告書 ウェブサイト公開のお知らせ

平成29年度各事業報告書をウェブサイトで公開しています(PDF版を閲覧・ダウンロード可能です)。
 「出版物・報告書」→「事業報告書」
 地域創造が運営しているウェブサイトは、地域の文化・芸術に関する情報をより広く提供することを目的に、当財団の概要・事業紹介のほか、地域創造レターや雑誌「地域創造」、調査研究報告書を掲載し、地域の最新の動向・活動等をお伝えしています。また各事業の申請書や様式をダウンロードすることができます。
 地域における文化・芸術活動の情報収集、公立文化施設の活性化や芸術環境づくりにぜひご活用ください。

ページトップへ↑