地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

書庫

戻る

財団からのお知らせ

平成30年度「公共ホール現代ダンス活性化支援事業(ダン活支援)」実施団体募集

 公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)実施団体を対象としたフォローアッププログラムです。ダン活で蓄積したノウハウを活用し、引き続き同様の事業を自主的に行う地方公共団体等に対し、財政的な支援を行います。
 なお、登録アーティストのプロフィール等の資料は、本事業の対象団体に送付させていただきます。

◎対象団体
・ダン活を平成28年度に実施した地方公共団体等
・ダン活支援を平成29年度に初めて実施した地方公共団体等
◎対象アーティスト
公共ホール現代ダンス活性化支援事業登録アーティスト(21組)
◎支援内容
支援1年目は以下の①〜③に係る経費の2/3を、2年目は1/3を地域創造が助成します。
①公演、地域交流プログラムおよび関係者向けワークショップに係る経費:
アーティスト、アシスタント(ソロの場合のみ)、共演者、テクニカルスタッフ等の出演料等(上限あり)、交通費(現地移動費を除く)、宿泊費、日当、損害保険料
②現地下見に係る経費:
アーティスト、テクニカルスタッフ等の交通費(現地移動費を除く)、宿泊費、日当、損害保険料
③舞台費:
舞台監督、照明、音響テクニカルスタッフ等の公演の実施に必要となる人件費(上限額あり)
※詳細については要綱をご確認ください。
募集締切:10月31日(火)必着

ステージラボ横浜セッション開催のお知らせ

 ステージラボは公立文化施設等の職員を対象に、ワークショップなど体験型プログラムやグループディスカッションなど、講師と参加者の双方向コミュニケーションを重視したカリキュラムに取り組む、少人数形式の実践的な研修事業です。今年度後期セッションは2018年2月20日〜23日、横浜市の横浜みなとみらいホールを会場に、ホール入門、自主事業(音楽)の2コースを予定しています。
 詳細および参加者募集については、今後地域創造レターおよび当ウェブサイトにてお知らせします。

◎横浜みなとみらいホール
 同館は1998年に開館した音楽専用ホールで、大型のパイプオルガンを設置した大ホール(2,020席)とウッドデッキの屋上庭園を隣接した小ホール(440席)では、毎日のようにコンサートが開催されています。豊かな「音楽社会」を拓くコンサートホールの実現を掲げ、国内外のトップアーティストによる公演や、低料金で楽しめるコンサート、他ジャンルとのコラボレーションや次世代のアーティストを育成する事業、小学校などへのアウトリーチ事業など独自の企画を展開。多くの方々に音楽を身近に感じていただける場を提供しています。
 運営団体の(公財)横浜市芸術文化振興財団は、創造性豊かで潤いと活力に満ちた市民生活の実現に寄与することを使命として、美術、音楽、ダンス、古典芸能、大衆芸能などあらゆるジャンルの芸術文化を総合的に振興しています。

(一財)自治総合センター「地域の芸術環境づくり助成事業」の募集開始について

(一財)自治総合センターでは、宝くじの社会貢献広報事業であるコミュニティ助成事業の一環として、公立文化施設の利活用の推進や企画制作能力の向上等を図るため、市(区)町村(ただし政令指定都市を除く。)に対する「地域の芸術環境づくり助成事業」を実施しています。
 このたび平成30年度事業の募集が開始されましたのでお知らせしますとともに、積極的なご活用をお願いします。締切は各都道府県の文化担当課へお問い合わせください。

ページトップへ↑