地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

出版物・報告書

戻る

地域通信

12月号-No.272

北海道・東北

青森県八戸市

八戸市南郷文化ホール
〒031-0111 八戸市南郷大字市野沢字中市野沢24-1
Tel. 0178-60-8080 春日千春

http://www.nangoartproject.jp/project/collect-dynamic/

ダンス公演「DANCE×JAZZ vol.6」

ジャズとダンスを組み合わせた、新しい作品のクリエイションを試みる企画の第6弾。今回は、泉彩菜(日本舞踊家)、中村蓉(振付家・ダンサー)、中山貴踏(タップダンサー)と八戸に拠点を置くジャズバンド、ビックバンドがそれぞれ共演し、「ジャズの里、南郷」で躍動したパフォーマンスを行う。

[日程]12月9日、10日
[会場]八戸市南郷文化ホール

青森県青森市地域創造の助成事業

青森県立美術館
〒038-0021 青森市安田字近野185
Tel. 017-783-5243 池田麻美

http://www.aomori-museum.jp/ja/event/74/

青森県立美術館演劇部公演『津軽の女』

太宰治の短編小説『きりぎりす』と『燈籠』を元に戯曲化した『津軽の女』を上演する。10歳代〜70歳代の県民が参加する青森県立美術館「演劇部」(部員27人)を創設し、太宰治文学の魅力を伝えるためワークショップを重ね、青森の文学の魅力を演劇で発信していく。

[日程]12月8日、9日
[会場]青森県立美術館

仙台市

せんだい演劇工房10-BOX
〒984-0015 仙台市若林区卸町2-12-9
Tel. 022-782-7510 岩村空太郎

http://www.gekito.jp/

第5回せんだい短編戯曲賞大賞授賞式&リーディング公演

「劇都仙台」事業の一環として、次世代の演劇を担う人材の育成や仙台市の文化芸術の拠点性の発信を目的に2013年に創設された戯曲賞。5回目となる今年は、応募作品212篇の中から大賞が大竹竜平『タイトルはご自由に。』、鈴木穣『ひみつ箱』の2篇に決定し、授賞式とリーディング公演を行う。大賞作品を含む最終候補作品11篇、選評・選考結果を収録した戯曲集も刊行・出版する予定。

[日程]12月17 日
[会場]せんだい演劇工房10-BOX

秋田県秋田市

秋田県立美術館
〒010-0001 秋田市中通1-4-2
Tel. 018-853-8686 原田久美子

http://www.akita-museum-of-art.jp/

反転するいのち─少女と人形の間─

無生物である人形と、いのちある少女との間の揺らぎに注目した展覧会。四谷シモンの機械仕掛けの人形、すずきすずよによる生身のような人形、人形を絵画世界に息づかせた加藤貞子による作品、平野政吉美術財団が所蔵する無機質な表情の少女が描かれた藤田嗣治の版画、計4作家の33点をとおして、現実と虚構の世界を往還する。会期中にはギャラリートークや講座、ワークショップも開かれる。

[日程]11月18日〜2018年1月3日
[会場]秋田県立美術館

ページトップへ↑

関東

栃木県日光市

小杉放菴記念日光美術館
〒321-1431 日光市山内2388-3
Tel. 0288-50-1200 迫内祐司

http://www.khmoan.jp/

開館20周年記念 没後111年 五百城文哉「高山植物写生図」の世界

小杉放菴の師でもある明治期の洋画家・五百城文哉(1863〜1906 )の個展を、美術館の開館20周年と五百城の没後111年を記念して開催。植物学的な知識に基づき描かれた『高山植物写生図』約100点を一堂に会し、合わせて晩年を過ごした日光に取材した作品、習作を加えた計約120点を展示する。鮮やかな色彩で精緻に描かれた作品をとおして、画家の実像に迫る。

[ 日程]11月11日〜12月24日
[会場]小杉放菴記念日光美術館

埼玉県戸田市

戸田市文化会館
〒335-0022 戸田市上戸田4-8-1
Tel. 048-445-1311 村松美幸

http://www.todacity-culturehall.jp/

戸田市文化会館文化推進プロジェクト 市民ミュージカル『サクラソウの咲く町で』

平成18年度より戸田市における新たな文化資源の発掘と創造を目指して、子どもから大人まで多くの市民が参加する市民ミュージカルに取り組んでいる。今年は、新シリーズの1作目となるオリジナル作品を上演。

[日程]12月10日
[会場]戸田市文化会館

埼玉県三芳町

コピスみよし(三芳町文化会館)
〒354-0041 入間郡三芳町大字藤久保1100-1
Tel. 049-259-3211 竹原・三上

https://www.miyoshi-culture.jp/coppice/program/171203.html

第16回竹間沢車人形公演

竹間沢車人形は、ろくろ車という台車に腰掛けて大型の人形を一人で操る人形芝居で、幕末の頃から三芳町竹間沢に伝わる伝統芸能。現在は竹間沢車人形保存会のメンバーが中心となり、守り継いでいる。毎年冬に行われる公演では、一般公募により参加者を募り、半年間にわたる練習を経て保存会とともに上演に臨む。

[日程]12 月3 日
[会場]コピスみよし(三芳町文化会館)

千葉市

千葉県文化会館
〒260-8661 千葉市中央区市場町11-2
Tel. 043-222-0077 時田

http://www.cbs.or.jp/zaidan/perfomance_info/events/171210cs/index.html

千葉県文化会館開館50周年記念事業 見る、知る、伝える千葉〜創作狂言 里見八犬伝 其ノ壱〜

房総に伝えられてきた民話や伝承を基に、和泉流狂言師・小笠原匡と千葉大学および県民で新たにつくり上げる狂言。今回の公演は、昨年度に引き続き曲亭馬琴作『南総里見八犬伝』に挑む。主題となる「勧善懲悪」を問い直すかと思えば、巧みな言葉遣いやユーモアある動きで笑いを誘うという、見どころ満載の作品となっている。

[日程]12月10日
[会場]千葉県文化会館

千葉県鎌ケ谷市地域創造の助成事業

きらりホール(きらり鎌ケ谷市民会館)
〒273-010 1 鎌ケ谷市富岡1-1-3
Tel. 047-441-3377 平澤・萩原

https://www.kirari-kamagaya.jp

第3回かまがや市民創作ミュージカル『たぬき』

「人づくり・地域づくり・まちづくり」をテーマにした市民参加型ミュージカル第3弾。相澤美智子(「劇団GAYA」主宰)オリジナルの脚本で、地元の梨畑を舞台にした人間とたぬきの恋物語。公募で集まった小学生から80歳代までの市民が、プロの指導を受けながら歌・ダンス・芝居の稽古を積み重ねてきた成果を披露する。

[日程]12月16日、17日
[会場]きらり鎌ケ谷市民会館

東京都北区

北区文化振興財団
〒114-8503 北区王子1-11-1
Tel. 03-5390-1221 田村綾欧子

http://www.kitabunka.or.jp/

北とぴあ国際音楽祭2017

1995年に始まったクラシック音楽の祭典。バロック・オペラの自主制作公演や公募の公演、無料公演を含む17種類の公演を楽しめる。今年のフィナーレは、グルック作曲のオペラ《オルフェオとエウリディーチェ》(パリ版)の上演。寺神戸亮指揮の古楽オーケストラ「レ・ボレアード」や海外から招聘するソリストなどに加え、ダンスカンパニー「ラ ダンス コントラステ」が華を添える。

[日程]11月11日〜12月10日
[会場]北とぴあほか

東京都八王子市

八王子市夢美術館
〒192-0071 八王子市八日町8-1 ビュータワー八王子2F
Tel. 042-621-6777 川俣・梅田

http://www.yumebi.com

没後30年 銅版画家 清原啓子

神秘的、耽美的な物語性のある作品で知られる、八王子市出身の夭折の銅版画家・清原啓子の展覧会。あまりに精緻であったがために、わずか30点しか残っていない全銅版画と、原板や下絵素描、制作ノートなど未発表を含むさまざまな資料も併せて展示する。彼女が影響を受けたジャック・カロやギュスターヴ・モローといったヨーロッパの画家・版画家の作品も紹介し、創作の源泉をたどる。

[日程]11月11日〜12月14日
[会場]八王子市夢美術館

神奈川県横須賀市

横須賀芸術文化財団
〒238-0041 横須賀市本町3 -27
Tel. 046-828-1602 芦川伸久

http://www.yokosuka-arts.or.jp/kouen/1912020/index.html

よこすか能 観世喜正プロデュース 蝋燭能『唐船』

200本の蝋燭が映し出す幻想的な舞台で、従来の能舞台にとらわれず迫力ある演出が魅力の能公演。今年は、中国から日本にわたって苦労した唐人と日本人の織りなす悲喜こもごもを、能と狂言それぞれの世界観で描く。公演に併せて能楽を体験できるワークショップも開催。

[日程]12月2日
[会場]よこすか芸術劇場

ページトップへ↑

北陸・中部

石川県輪島市

国際漆展・石川開催委員会
〒920-8203 金沢市鞍月2-20
Tel. 076-267-0365 谷口昌子

http://www.design-ishikawa.jp/

国際漆展・石川2017輪島展

1989年に始まり今年11回目となる漆の国際公募展。これまで世界の十数カ国から数多くの作品が寄せられ、「漆の新しい広がり」を考える国際的な展示会として高い評価を得てきた。漆を通じた国際交流の推進、人と環境にやさしい漆という素材と技の魅力を再認識し、漆産業の発展を願うことを目的とする。10月に開催した石川県政記念しいのき迎賓館での展示に引き続き、輪島漆芸美術館にて展示。

[日程]11月11日〜2018年1月14日
[会場]石川県輪島漆芸美術館

長野県安曇野市、佐久市、東京都中央区

信州ザワメキアート展2017実行委員会
〒381-0008 長野市下駒沢586
Tel. 026-295-3441 持田めぐみ

http://zawameki-art.com/

ザワメキアート展2017〜信州の障がいのある人の表現とアール・ブリュット〜

障がい者の創作活動の発信の場と障がい者の創作した芸術作品を県民が広く鑑賞する機会を設け、その優れた芸術性や創造性に対する認識を高め、障がい者の文化芸術活動の振興を図るべく、昨年に続けて開催する展覧会。応募数185作品の中から中津川浩章(美術家、アートディレクター)らの審査員から選ばれた20名の作品を展示。


[日程・会場]12月1日〜20日:安曇野市豊科近代美術館/2018年1月6日〜2月4日:佐久市立近代美術館/2月15日〜17日:銀座NAGANO

静岡県川根本町地域創造の助成事業

川根本町文化会館
〒428-0414 榛原郡川根本町東藤川909-1
Tel. 0547-59-3106 服部了士

http://www.sd-lab.org/kawanehoncho/

やまめとまんてん Vol.4「ほしぞらダンスパラダイス」

清流に棲む魚と満点の星を作品名にした創作ダンス。ワークショップでセレノグラフィカの指導を受けた町内全4校の小学4年生が一同に集まり、身体を使って自らを表現する。ダンスを習うだけではなく、子どもたち自身が振り付けを考え練習してきた、世界でたったひとつの作品を発表する。

[日程]12月9日
[会場]川根本町文化会館

名古屋市地域創造の助成事業

名古屋市文化振興事業団
〒460-0008 名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク8F
Tel. 052-249-9387 宮田健秀

https://www.bunka758.or.jp/

子どもアート万博2017

世界各国のさまざまなジャンルの文化芸術が体感できる子どものためのイベント。民族楽器を演奏できるワークショップや外国人アーティストによるダンスパフォーマンスのほか、アートピアホールでは、1日目はセントラル愛知交響楽団、2日目は地元の子どもたちを中心としたジャズバンドが世界の名曲を演奏する。

[日程]12月9日、10日
[会場]名古屋市青少年文化センターほか

ページトップへ↑

近畿

滋賀県高島市ほか地域創造の助成事業

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
〒520-0806 大津市打出浜15-1
Tel. 077-523-7152 杉本実生

https://www.biwako-hall.or.jp/

みんなで作ろう!林光作曲オペラ『森は生きている』

劇場専属の声楽家集団「びわ湖ホール声楽アンサンブル」が3カ年かけて県内全域で行う公演。公演各所でそれぞれ合唱団を立ち上げ、地域一体となって舞台に臨む。成安造形大学とチラシデザインや舞台美術の作成、合唱出演などで連携し、アウトリーチなども実施。


[日程・会場]12 月10 日:ガリバーホール(高島市)/12月16日:甲賀市あいこうか市民ホール/12月24日:湖南市甲西文化ホール

兵庫県尼崎市

尼崎市総合文化センター
〒660-0881 尼崎市昭和通2-7-16
Tel. 06-6487-0806 妹尾綾

http://www.archaic.or.jp/

「白髪一雄 画材と表現」─描き方は、素足だけじゃない─

天井から吊るしたロープにつかまり、床に広げたキャンバスに素足で描く独自のアクション・ペインティングを編み出した白髪一雄(1924〜2008)。本展では、生涯を過ごした尼崎市のアトリエに残された貴重な画材道具をはじめ、尼崎市所蔵作品などを含む約20点を紹介し、アクション・ペインティングが生み出され進化していく過程をたどる。

[日程]11月11日〜12月24日
[会場]尼崎市総合文化センター

ページトップへ↑

九州・沖縄

大分県大分市

ホルトホール大分
〒870-0839 大分市金池南1-5-1
Tel. 097-576-8877 是永幹夫

http://www.horutohall-oita.jp/

舞踊×演劇 いま、咲(え)む。

創作の場とコラボの場をさまざまなかたちで追求していくシリーズの一環で、若手日本舞踊家である小野ひとみ・林杏と、大分県下の演劇人が大分の演劇を盛り上げるために発足した「おおいた演劇の会」が、コラボレーションによる温故創新の舞台を創作。「伝える・創る・踊る」ことを、創作舞踊詩『清廉の華』を通して試みる。

[日程]12月24日
[会場]ホルトホール大分

ページトップへ↑

講座・シンポジウム

京都:Re-Search×福島:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト「地域“に”向き合う、地域“と”向き合う〜アーティスト・イン・レジデンスから、未来に向けた対話〜」

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)により、アート視点で交流人口の拡大や地域活性化へ繋げるべく行っている事業の一環。今回は、第1部にて「はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト」の活動から、大災害・大事故との向き合い方の視点を含めて共有。第2部では「京都:Re-Search 2017 in 福知山&京田辺」、「大京都 2017 in 舞鶴」の取り組み報告とともに、AIRのアーティストらに経験談を聞き、その可能性を探る。
[日程]12月10日
[会場]京都文化博物館
[問い合わせ]京都:Re-Search実行委員会
Tel. 075-414-4279
http://kyoto-research.com/

ページトップへ↑