地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

出版物・報告書

戻る

地域通信

8月号-No.292

北海道・東北

北海道鹿追町

神田日勝記念美術館
〒081-0292 河東郡鹿追町東町3-2
Tel. 0156-66-1555 川岸真由子

http://kandanissho.com/

しずくの中の神田日勝

2020年の画家・神田日勝没後50年に向けたプレイベントとして開催される日勝作品と道内アーティストのコラボレーション企画展。第1弾には「しずく写真」で注目を浴びる北海道帯広市在住の写真家・浅井美紀を紹介。しずくの中に日勝作品を閉じ込めた全12点の新作写真とそのモチーフになった日勝作品を中心に展示される。

[日程]6月26日〜9月1日
[会場]神田日勝記念美術館

岩手県大船渡市

大船渡市民文化会館リアスホール
〒022-0003 大船渡市盛町字下舘下18-1
Tel. 0192-26-4478 谷川徹也

https://www.city.ofunato.iwate.jp/site/riash-lib/

劇団壱劇屋公演『リアスホールダンジョン』

関西を中心に活躍する劇団壱劇屋が、地域の名勝地である「穴通磯」や三陸の海などの自然をモチーフに設計されたリアスホールをダンジョン(迷路)に見立て、俳優たちと一緒に巡る「ツアー型演劇」を上演する。6月に現地滞在を行い、リアスホールに合わせた公演に仕上げた。

[日程]8月11日、12日
[会場]大船渡市民文化会館リアスホール

宮城県塩竃市

塩竈市杉村惇美術館
〒985-0052 塩竈市本町8-1
Tel. 022-362-2555 阿部沙斗加

http://sugimurajun.shiomo.jp/

若手アーティスト支援プログラムVoyage 阿部明子・是恒さくら展「閾─いき─を編む」

地元にゆかりのある若手アーティストに多様な表現の機会を設け、新たなステップを提供するプログラム。今回は、写真のレイヤーを重ねることで日常の風景を“編む”阿部明子と、人と自然の関係を本や刺繍として“編む”是恒さくらが公募により選出された。制作を通して、豊かな視点で物ごとの本質や真実を見つめる、2名のアーティストによる展覧会。

[日程]7月6日〜8月25日
[会場]塩竈市杉村惇美術館

福島県いわき市

いわき芸術文化交流館アリオス
〒970-8026 いわき市平字三崎1-6
Tel. 0246-22-8111 大伍綾子

http://iwaki-alios.jp/

第23回 たんけんアリオス

大人気の子ども向けバックステージツアー。普段入れない舞台の裏側を“たんけん”できるだけでなく、本物のお芝居をつくり上げながら舞台スタッフの仕事を“たいけん”できる。今回は、名作絵本を原作に、大信ペリカンの脚本・構成・演出で好評を博した『すてきな三にんぐみ』を4年ぶりに再演。地方の高校生らが役者となり、参加者と共に物語をつくり上げる。

[日程]7月28日
[会場]いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場

ページトップへ↑

関東

群馬県太田市

太田市文化スポーツ振興財団
〒373-0026 太田市東本町16 -30
Tel. 0276-55-3036 小金沢智

http://www.artmuseumlibraryota.jp/

本と美術の展覧会vol.3 佐藤直樹展:紙面・壁画・循環

美術館と図書館の複合施設である同館が継続実施している企画展シリーズ。今回は書籍を中心とするデザイナーで、2010年代からは精力的に木炭壁画を描き始めた佐藤直樹の個展を通し、本と美術の関連性を問う。これまで手掛けた書籍等のデザインの仕事を約20メートルにわたるスロープの壁面で紹介するほか、絵画作品では同地に通いながら描かれた部分も新たに発表する。

[日程]6月29日〜10月20日
[会場]太田市美術館・図書館

さいたま市

埼玉県立近代美術館
〒330-0061 さいたま市浦和区常盤9-30-1
Tel. 048-824-0111 大浦・鴫原

http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

MAY I START? 計良宏文の越境するヘアメイク展

今注目のヘアメイクアップアーティスト・計良宏文の仕事を通して、ヘアメイクの現在と可能性を新たな視点からとらえる展覧会。宣伝広告などの仕事から従来のヘアメイクの枠を越える挑戦的な仕事まで、計良のクリエーションの全貌を紹介。ファッションデザイナー・坂部三樹郎との共作による大規模な映像インスタレーションも展示されている。

[日程]7月6日〜9月1日
[会場]埼玉県立近代美術館

埼玉県川口市

川口市立アートギャラリー・アトリア
〒332-0033 川口市並木元町1-76
Tel. 048-253-0222 秋田美緒

http://www.atlia.jp/

新鋭作家展 第8回優秀者 上坂直、蓮沼昌宏 「あ、これ、ウチのことです。」

文化芸術の振興と新鋭作家の発掘・育成を目的に開催している企画公募「新鋭作家展」の第8回優秀者2名による新作展。作家自ら地域に出向いて取材し、住人の“ウチ”(自分とその周囲のこと)をミニチュアやパラパラ漫画などの手法により作品に。ウチとは本当はどんなものか、ウチと言えるのはどこまでか、暮らしを振り返るきっかけにもなり得る。

[日程]7月13日〜8月25日
[会場]川口市立アートギャラリー・アトリア

東京都町田市地域創造の助成事業

町田市立国際版画美術館
〒194-0013 町田市原町田4- 28-1
Tel. 042-726-2771 町村悠香

http://hanga-museum.jp/

インプリントまちだ展2019

2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた若手作家による展覧会シリーズ第3弾として、自然と人の関わりを表現する版画家・田中彰の個展を開催。伐採予定だったエゴノキを掘り起こし、切り出した版木に木と町田の人々の記憶を描く。館内では滞在制作を行い、来館者と共に本展タイトルにちなむ「町田芹ヶ谷えごのき縁起絵巻」を制作予定。

[日程]7月6日〜9月23日
[会場]町田市立国際版画美術館

横浜市地域創造の助成事業

KAAT神奈川芸術劇場
〒231-0023 横浜市中区山下町281
Tel. 045-633-6500 伊藤文一

https://www.kaat.jp/

KAATキッズ・プログラム2019 『二分間の冒険』

夏休み期間に合わせて行われるKAATキッズ・プログラムのラインナップのひとつ。子どもたちに人気のファンタジー小説『二分間の冒険』を、作家・演出家の山本卓卓(範宙遊泳)が紡ぐ言葉や世界と、イラストレーター・ひらのりょうが描くアニメーションで舞台化。期間中は公演後に子どもを対象としたバックステージツアーも予定されている。

[日程]8月17日〜25日
[会場]KAAT神奈川芸術劇場

川崎市地域創造の助成事業

川崎市岡本太郎美術館
〒214-0032 川崎市多摩区枡形7-1-5 生田緑地内
Tel. 044-900-9898 大杉・片岡

http://www.taromuseum.jp/

これまでの企画展みんな見せます! 前期/岡本太郎・縄文から現代へ

開館20周年を記念し、これまで実施した約60回の企画展から代表作や資料を抽出して構成する展覧会。これまでの企画展を振り返り、今後の美術館の役割を模索することを目指す。前期展では岡本太郎の多面的な活動を代表作で紹介するほか、民族学を学び縄文土器を“再発見”した太郎のフィールドワークによる資料や写真、関わりの深い同時代の作家による作品も展示する。

[日程]7月13日〜10月14日
[会場]川崎市岡本太郎美術館

神奈川県大和市

やまと芸術文化ホール
〒242-0016 大和市大和南1- 8-1 大和市文化創造拠点シリウス1F
Tel. 046-259-7591 竹内美保

https://www.yamato-bunka.jp/hall/

鈴木ユキオ×公募による青少年ダンサー『星の約束』

プロのアーティストと市民が共に大和発の作品をつくる企画「市民とつくるON STAGE」。第3弾は、中学の必修科目となったダンスを、技術ではなく自由に楽しむことに着目。コンテンポラリーダンサーの鈴木ユキオと、ダンス経験を問わず集まった7人の青少年ダンサーが、会館の愛称にちなみ“星”をテーマに新作を創作する。約2カ月の創作期間で、新たなダンスとの出会いを通じて、自分のカラダの可能性と向き合う。

[日程]8月12日
[会場]大和市文化創造拠点シリウス1F芸術文化ホール サブホール

ページトップへ↑

北陸・中部

石川県金沢市

金沢芸術創造財団
〒920-0962 金沢市広坂1-9-15
Tel. 076-223-9898 中谷豪志

https://www.kanazawa-arts.or.jp/

金沢ティーンズミュージカル第10回公演『THE MIRROR(ザ・ミラー)』

新しい芸術文化の担い手となる若者育成のため、2008年に発足した「金沢ティーンズミュージカル」の第10回定期公演。地域の小・中・高校生を中心に構成され、夏の定期公演のほか、福祉施設や地域イベントでの上演活動を行っている。節目となる今回は、立ち上げから関わる講師4名が、これまでの上演作品を盛り込んだ作品を手掛け、普遍のテーマである「本当の幸せ」を問う。

[日程]8月11日
[会場]金沢市文化ホール

長野県佐久市地域創造の助成事業

〈キッズ・サーキット in SAKU〉実行委員会
〒384-0303 佐久市下小田切124-1(コスモホール内)
Tel. 0267-82-3962 市川賀朗

https://kc-saku.com/

〈キッズ・サーキット in 佐久〉2019

児童・青少年のための舞台芸術フェスティバルとして、国内外の優れた舞台芸術団体が佐久にに集結。夏休みの3日間、市内6会場をサーキット(回路)のように巡って、家族や友達と多彩なステージが楽しめる。演劇や人形劇、サーカスなど16作品が並ぶほか、公募で集まった子どもたち約70人と創作する音楽劇『スイミー』や、ジャワの伝統的な音楽影絵の野外公演も上演される。

[日程]8月2日〜4日
[会場]佐久市コスモホールほか

長野県伊那市

長野県伊那文化会館
〒396-0026 伊那市西町5776
Tel. 0265-73-8822 鈴木ゆり香

http://www.inabun.or.jp/

TRIAL GALLERY 2019

若手アーティストの支援を目的とした公募展。今回は長野県ゆかりの20〜30歳代の3人の作家(市岡一恵、唐澤安伊歌、和全)による展覧会を実施する。8月18日には関連イベントとして、作家が描いた絵に語りを付けた紙芝居「信州駒ケ根の昔話 早太郎物語」の上演や、二胡の生演奏とともに描く書道パフォーマンスのほか、作家自身によるギャラリートークも行う。

[日程]8月16日〜25日
[会場]長野県伊那文化会館

名古屋市

愛知県芸術劇場
〒461-8525 名古屋市東区東桜1-13-2
Tel. 052-971-5609 水野学

https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/

THE オルガン DAY&NIGHT 2019

「短めのプログラム」「出かけやすい時間」「ワンコイン」など“手軽さ”を追求したパイプオルガンのコンサート。初日の大人向け「NIGHT」は、終演後に教養アップに繋がる「オルガン耳より講座」を実施。2日目の「DAY」は、幼児向け・子ども向けのコンサート。子ども向けコンサートの終演後にはオルガンを間近に見ることができる見学会も実施される。

[日程]8月28日、29日
[会場]愛知県芸術劇場

愛知県豊田市

豊田市文化振興財団
〒471-0025 豊田市西町1-200
Tel. 0565-35-8200 伊藤智香

https://www.t-cn.gr.jp/junior/

豊田市ジュニアオーケストラ第34回定期演奏会 サマーコンサート

豊田市の文化活動のシンボルとして1996年に結成されたジュニアオーケストラの定期演奏会。これまでも著名な演奏家や指揮者と共演を重ねてきたが、今回は指揮界の重鎮・飯守泰次郎を招き、チャイコフスキーの組曲「白鳥の湖」op.20a(抜粋)、ドヴォルザークの交響曲第7番ニ短調op.70に挑戦する。

[日程]8月4日
[会場]豊田市コンサートホール

ページトップへ↑

近畿

滋賀県甲賀市

滋賀県立陶芸の森
〒529-1804 甲賀市信楽町勅旨2188-7
Tel. 0748-83-0909 鈎真一

https://www.sccp.jp/

特別企画 交流と実験─新時代の〈やきもの〉をめざして─展

滋賀県立陶芸の森では開館以来、53カ国1,200人余りのアーティストが滞在制作を行う一方、海外のレジデンス機関との連携による交換プログラムも展開し、交流を深めてきた。彼らは異国また信楽の地で何に関心をもち、どのような制作を試みたのか。本展では「交流と実験」をテーマに、その成果を紹介し、多様な現代の“やきもの”を展望する。

[日程]6月18日〜9月6日
[会場]滋賀県立陶芸の森陶芸館

大阪府高槻市

高槻現代劇場
〒569-0077 高槻市野見町2-33
Tel. 072-671-9999 仲隆志

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/bunka/theater/index.html

こども広場

劇場を親子に親しんでもらうため例年開催している子ども体験プログラム。劇場全体の事業の柱として日頃より開催している伝統芸能の演者を講師に迎えた狂言や能楽の体験、障がいの有無を問わず手や目でコミュニケーションの楽しさを体験できる「てとめでおはなししよう」など、7つのプログラムとキッズコンサートを3週間にわたって開催する。

[日程]8月10日〜24日
[会場]高槻現代劇場

兵庫県明石市

アワーズホール・明石市立市民会館
〒673-0883 明石市中崎1-3-1
Tel. 078-912-1234 坂田拓也

https://akashi.hall-info.jp/

市民創作オペラ『イワイさまおじゃったか』

市制100周年を記念して、明石岩屋神社の伝承を基にしたオペラを30年ぶりに改訂上演。舞台は4世紀ごろの明石浦。武力をもたない明石の漁民たちは、祈りの力をもって大王の暴虐に立ち向かおうとする。今回は市民公募による合唱団・児童合唱団ほか、ソリストやオーケストラ、指揮者も明石ゆかりのメンバーで上演する。

[日程]8月11日
[会場]アワーズホール・明石市立市民会館

ページトップへ↑

中国・四国

徳島県吉野川市

NPO法人吉野川市文化協会
〒776-0010 吉野川市鴨島町鴨島696-14
Tel. 0883-22-0015 鈴木エリ子

http://park15.wakwak.com/~yoshi-bunka/

あわ文化創造支援事業「共通文化の創出〜モン文化とあわ文化〜」

東南アジアの山岳地域に住む少数民族モン族を招聘し、元々は文字をもたずに文化を継承してきたその営みから、地域に根ざした文化について考える。当日は、モン族の高校生による民族舞踊と音楽のほか、復活を遂げた吉野川地域の獅子舞や日本舞踊、阿波踊りを上演。同時期にそれぞれの刺繍や藍染めの展示も行い、異文化のなかにある共通文化を紹介する。

[日程]8月4日
[会場]吉野川市文化研修センター

ページトップへ↑

九州・沖縄

大分県大分市地域創造の助成事業

iichiko総合文化センター
〒870-0029 大分市高砂町2-33(OASISひろば21内)
Tel. 097-533-4004 工藤茂

http://www.emo.or.jp/

劇で恋するワークショップ

演劇に関心をもつ人の増加を図ると同時に、若い世代の施設利用者を増やしたいという思いから生まれた企画。劇作家・演出家の福田修志を講師に迎え、概ね18〜39歳の未婚者を対象とした恋愛がテーマの演劇ワークショップを開催。全3回(「知り合う」編、「伝える」編、「ふれてみる」編)のワークショップで、役者と一緒に恋愛感情を表現しながら、演じることの楽しさや面白さを感じることができる。

[日程]7月27日、28日、9月14日、15日、11月23日、24日
[会場]iichiko総合文化センター

ページトップへ↑