地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

出版物・報告書

戻る

地域通信

8月号-No.268

データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●:開催地/地域創造の助成事業地域創造の助成事業
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。
太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。

北海道・東北

●札幌市

札幌芸術の森(札幌市芸術文化財団)
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2-75
Tel. 011-592-4125 大橋諒

http://sapporocityjazz.jp/

SAPPORO CITY JAZZ 2017「North JAM Session」

11回目を迎えた、札幌の夏を彩るジャズフェスティバルのフィナーレを飾るライブ。チック・コリア、スティーヴ・ガッドをはじめとするプロミュージシャンのほか、ワークショップを経た市民が参加する100人規模のゴスペルクアイアや、オープニングアクトとして札幌ジュニアジャズスクールも出演する。

[日程]8月26日
[会場]札幌芸術の森 野外ステージ

●北海道釧路市

釧路市立美術館
〒085-0836 釧路市幣舞町4-28
Tel. 0154-42-6116 武束祥子

http://www.pekita.net/

静かな風を聴きながら 貼り絵・北海道63景 藤倉英幸展

JR北海道の車内広報誌の表紙絵を長く手がけていることで知られるイラストレーター・藤倉英幸の個展。一人旅を重ね、目に留まった風景を鮮やかな色彩と緻密な構成による貼り絵で表現し、北海道を叙情豊かに描き出す。各地に取材した63点に、釧路周辺の風景17点を加えた、計80点の作品を展示。

[日程]7月15日〜8月27日
[会場]釧路市立美術館

●岩手県北上市

北上市文化交流センターさくらホール
〒024-0084 北上市さくら通り2-1-1
Tel. 0197-61-3300 高橋裕亮

http://www.sakurahall.jp/lineup.php

さくらホールオリジナル盆踊り大会 さくら盆ジュール2017

盆踊りのオリジナルダンスとして、ダンスカンパニーコンドルズが制作した「はやて」を踊り、ブラックボトムブラスバンドによる「はやて」ブラスバージョンのパレードを楽しむ一夜。また、郷土芸能「小鳥崎さんさ」を地域学区の中学生中心に披露し、参加者総出で踊る。

[日程]8月12日
[会場]さくらホール野外特設会場

●仙台市

仙台市市民文化事業団
〒981-0904 仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5(日立システムズホール仙台内)
Tel. 022-301-7405 佐々木彩

http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=10062

オリジナルミュージカル『仙台ねこ』

同事業団の設立30周年を記念し市民と共に取り組んだ、本格的なミュージカル。作・演出・振付は梶賀千鶴子、音楽は日高哲英、照明は塚本悟と一流スタッフが揃う。約1年のレッスンを経た100人余りの市民が、仙台ならではの地域の魅力を再発見し、そこで生きる人々の喜びや尊さを表現する。

[日程]8月19日、20日
[会場]日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター)

●宮城県大河原町

えずこホール
〒989-1267 柴田郡大河原町字小島1-1
Tel. 0224-52-3004 星井理賢

http://www.ezuko.com/

えずこシアター第20回演劇公演『ほぼ、夏の夜の夢』

仙南圏域の住民劇団「えずこシアター」による20回目の公演。同劇団は、地域内での表現活動を積極的に展開し、地域における住民劇団の可能性を広げながら着実に前進している。講師は劇団山の手事情社の倉品淳子。今回はシェイクスピア『夏の夜の夢』をアレンジした作品を上演する。

[日程]8月26日、27日
[会場]えずこホール

●宮城県七ヶ浜町

七ヶ浜国際村
〒985-0803 七ヶ浜町花渕浜字大山1-1
Tel. 022-357-5931 鎌田徹也

https://www.shichigahama.com/kokusai/

七ヶ浜アート・ウォリアーズ2017「七ヶ浜。夏+の発見伝」

アート・ウォリアーズは、夏の芸術祭として美術・音楽・舞台芸術など多岐にわたるイベントとして1993年にスタート。今年は美術家のすがわらじゅんいちによる3.11の教訓を後世に伝えるべく奇跡の花を植えるワークショップ、3.11後の七ヶ浜の光景を映し出す本郷浩写真展などが行われる。

[日程]7月17日〜9月8日
[会場]七ヶ浜国際村

ページトップへ↑

関東

●埼玉県越谷市

越谷コミュニティセンター
〒343-0845 越谷市南越谷1- 2876-1
Tel. 048-985-1113 纐纈龍治

http://www.suncityhall.jp/

夏休みこどもワークショップ参加者による作品展 未来アート工房!4 〜未来の学校をつくろう!展〜

子どもたちがモノヅクリを通した自由な表現を楽しみ、仲間たちと共に考え、アイディアがカタチになる喜びや達成感を実感してもらう企画。14回目となる今年は、30名の小学生が“未来の学校づくり”に挑戦し、作品は無料で一般公開される。講師は、越谷市在住の矢生秀仁(こども環境デザイン研究所代表)。ワークショップOB・OGや保護者もサポートする。

[日程]8月4日〜6日
[会場]サンシティホール

●埼玉県秩父市地域創造の助成事業

秩父宮記念市民会館
〒368-8686 秩父市熊木町8-15
Tel. 0494-24-6000 島田

http://www.city.chichibu.lg.jp/6955.html

秩父宮記念市民会館開館記念公演ちちぶオペラ『ミカド〜 Town of Chichibu〜』

新しい市民会館のこけら落とし公演。秩父地域の出身者や在住者を中心としたソリストや合唱団が出演するほか、地域の子どもを含む若者たちで編成されたダンスチームも参加。すべて日本語で、台詞の中に秩父弁を加え、地域に伝わる屋台囃子を取り入るなど、秩父地域ならではの個性豊かな舞台を目指す。

[日程]8月20日
[会場]秩父宮記念市民会館

●千葉市

千葉市文化振興財団
〒260-0013 千葉市中央区中央2-5-1
Tel. 043-221-2411 熊田・斉藤

http://www.f-cp.jp

千葉市民創作ミュージカル『夜空に咲く夢─芋神様がくれたもの─』

オーディションで選ばれた小学4年生から80歳代までの約60人のメンバーが、プロの講師陣から演技や歌、ダンスの稽古を受け、千葉市発信のオリジナル・ミュージカルを披露する。作品は、財団の公募により寄せられた17の作品から大賞となった原作『海辺の町・遠い海』(有冨久子作)を元に、千葉市を舞台として書き下ろされたオリジナル。

[日程]8月27日
[会場]千葉市民会館

●東京都墨田区

すみだトリフォニーホール
〒130-0013 墨田区錦糸1-2-3
Tel. 03-5608-5404 飯嶋絢子

http://www.triphony.com/

オルガン・コンサート&バックステージ・ツアー 小学生対象《夏休み自由研究スペシャル》

パイプオルガンの演奏後、スタッフのガイドでステージや楽屋、オルガン演奏台など、普段は入れない舞台裏を見学する演奏付きバックステージツアー。車椅子利用の人や視覚に障がいのある人など各回対象をさまざまに年間6回行われ、夏休み時期の今回は、小学生を対象とした自由研究にも使える内容で実施する。

[日程]8月2日
[会場]すみだトリフォニーホール

●東京都武蔵野市

武蔵野生涯学習振興事業団
〒180-0023 武蔵野市境南町2-3-18
Tel. 0422-30-1901 逸見智子

http://www.placefesta.jp

プレイス・フェスタ2017

図書館、生涯学習支援、市民活動支援、青少年活動支援の4機能を融合した武蔵野プレイスが毎夏実施している総合イベント。今年のメインとなるのは、世界各地で行われている、お金を使わずにモノやスキルを交換する「リアリー・リアリー・フリーマーケット」。ほかにも青少年ライブやパネル展示、山崎亮氏の講演会などさまざまなプログラムにより、「ひと・まち・情報」を通した新しい出会いを提供する。

[日程]7月13日〜30日
[会場]ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス

●横浜市

横浜みなとみらいホール
〒220-0012 横浜市西区みなとみらい2-3-6
Tel. 045-682-2020 白川美帆

http://www.yaf.or.jp/mmh/index.php

おやこオペラ教室2017〜オペラ「笠地蔵」日本の昔ばなし〜

毎年夏休みに開催しているオペラ体験プログラム。今年は松井和彦作曲のオペラ『笠地蔵』を題材に、第1部「ワークショップ」で体を動かしながら歌を練習し、第2部「オペラをみてみよう!」で練習した歌でオペラに参加する。ステージ上に客席をつくることでオペラを間近に体験できる。

[日程]8月12日、13日
[会場]横浜みなとみらいホール

●横浜市

横浜市青葉区民文化センターフィリアホール
〒227-8555 横浜市青葉区青葉台2-1-1
Tel. 045-985-8555 芥川・中島

http://www.philiahall.com/

フィリア・サマーフェスティバル2017

夏休みにホールを一日開放するフェスティバル。初日はフィリア・ジュニア合唱団や馬頭琴などのミニコンサート、ワークショップ、館内ツアーなど終日さまざまなイベントが催され、2日目は慶應義塾ワグネル・ソサィエティー・オーケストラによるファミリーコンサートが行われる。

[日程]8月4日、5日
[会場]フィリアホール

●神奈川県小田原市地域創造の助成事業

おだわら文化事業実行委員会
〒250-8555 小田原市荻窪300
Tel. 0465-33-1709 冨士原・小山

http://www.city.odawara.kanagawa.jp/field/lifelong/culture/event/odamyu.html

おだわら市民ミュージカル『小田原時空写真館』

平成26年度から行われてきた市民参加のワークショップにより、発掘したエピソードを重ね合わせ、小田原の地域・歴史・文化を題材にしたオリジナルのミュージカルを制作。一般公募によりオーディションを行い、出演者を決定。公演支援ができる市民スタッフの育成にも取り組み、人材ネットワークの構築を目指す。

[日程]8月26日、27日
[会場]小田原市民会館

ページトップへ↑

北陸・中部

●静岡市

静岡音楽館AOI
〒420-0851 静岡市葵区黒金町1-9
Tel. 054-251-2200 小林旬

http://www.aoi.shizuoka-city.or.jp/

AOIのオープン・デイ2017

毎年恒例となっているパイプオルガンコンサートや館内ツアー、楽器体験、リハーサル観覧などを行うホール開放イベント。楽器リペアサービスや、常葉大学短期大学部音楽科学生によるロビーコンサート、同館と科学館の共同事業による音楽のサイエンスショーなども行う。

[日程]8月5日
[会場]静岡音楽館AOI

●愛知県刈谷市

刈谷市美術館
〒448-0852 刈谷市住吉町4-5
Tel. 0566-23-1636 古池幸代

https://www.city.kariya.lg.jp/museum/

斎藤吾朗の描けば描くほど モナ・リザ模写から赤絵へ

「母なる故郷」をテーマに、赤を大胆に使った絵画を描く斎藤吾朗の個展。日本人初となる《モナ・リザ》の公認模写をはじめ、新規コレクションとなった新作《三河刈谷の万燈祭》や、愛知の祭りや風物を描いた版画も展示。三河発の「赤絵」の軌跡をたどることで、愛知の魅力を再発見する。

[日程]7月22日〜9月3日
[会場]刈谷市美術館

ページトップへ↑

近畿

●三重県津市

三重県文化振興事業団
〒514-0061 津市一身田上津部田1234
Tel. 059-233-1105 清水・宇田

http://www.center-mie.or.jp/

M祭!2017 キッズ・アート・フェスティバル

毎年3,000人を超える参加者が訪れる県内最大級子ども向けイベント。県内唯一のジュニアオーケストラによるコンサート、図書館や博物館などそれぞれの特色を活かした連携イベントのほか、今年は、藤原康博ら地元出身アーティストと共にアート作品をつくり上げるプログラムを実施する。

[日程]8月6日
[会場]三重県総合文化センター

●大阪府河内長野市

河内長野市文化振興財団
〒586-0016 河内長野市西代町12-46
Tel. 0721-56-6100 守谷有加

http://lovelyhall.com/

ラブリーホール・小ホール・ミュージカルVol.4『ムーンライトミステリー月の女神の秘密』

2010年初演のオリジナル・ミュージカル『ムーンライトミステリー』が、新曲3曲を加えてパワーアップし、小ホールバージョンで公演される。毎週本格的なレッスンを受けているラブリーホール・ミュージカルスクールの子どもたち68人が臨場感あふれる作品を上演する。

[日程]8月5日、6日
[会場]ラブリーホール(河内長野市立文化会館)

●大阪府箕面市

箕面市メイプル文化財団
〒562-0003 箕面市西小路4- 6-1
Tel. 072-723-2525 神田尚

http://event.minoh-bunka.com/article/179811253.html

みのおキッズシアターwith末成由美 第12弾 きたかぜの神話「舞い上がれ!夢の羽」編

吉本新喜劇の末成由美と「みのおキッズシアター」の子どもたち(役者26人、ダンサー6人)が創る、笑いあり涙ありのオリジナル舞台公演。キッズシアターOB・OGによるサポートチームの協力支援を受けつつ、演技やダンスの練習を積み重ね、全員が輝ける舞台づくりを目指す。

[日程]8月26日、27日
[会場]箕面市立メイプルホール

●兵庫県川西市、猪名川町、大阪府豊能町、能勢町

のせでんアートライン妙見の森実行委員会
〒666-0292 川辺郡猪名川町上野字北畑11-1(能勢電鉄内)
Tel. 072-792-7716

http://www.noseden-artline.com/2017/

のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭

兵庫県と大阪府をまたぐ能勢電鉄の沿線地域にて、「里山の歴史と知恵を五感で遊ぶ」をテーマとし、各自治体が民間事業者・地域住民・地域団体などとの間で相互に連携し協働して取り組む芸術祭。今年は堀尾貞治+現場芸術集団「空気」、大西伸明、笹岡由梨子らが参加する。

[日程]7月22日〜8月27日、10月28日〜11月5日
[会場]川西能勢口、黒川+吉川、地黄+野間、大島、妙見各エリア

●兵庫県芦屋市

芦屋市立美術博物館
〒659-0052 芦屋市伊勢町12-25
Tel. 0797-38-5432 渡邉茉央

http://ashiya-museum.jp

「交差するアーティストたち─戦後の関西」展

創作活動に制限のあった第二次世界大戦の後、関西で起こった美術の動向を、当時の作家同士の交流を通して紹介するコレクション展。神戸から大阪を範囲とする地域ゆかりの作家(長谷川三郎、吉原治良、津高和一)を柱に、当時の関西で生まれた活動を振り返る。

[日程]7月15日〜9月18日
[会場]芦屋市立美術博物館

●兵庫県伊丹市

伊丹市立美術館
〒664-0895 伊丹市宮ノ前2- 5-20
Tel. 072-772-7447 岡本梓

http://artmuseum-itami.jp/

開館30周年 O JUN×棚田康司「鬩(せめぐ)」展

画家・O JUNと彫刻家・棚田康司との大規模な一騎打ちとして、両者が出会って20年という節目に二人展を開催する。本展のために制作された新作をはじめとする約150点の展示に加え、会期中には両氏による公開制作も行われ、共鳴と緊張を併せ持った2人の関係性を間近で見ることができる。

[日程]7月8日〜8月27日
[会場]伊丹市立美術館

ページトップへ↑

中国・四国

●広島市地域創造の助成事業

広島県民文化センター
〒730-0051 広島市中区大手町1-5-3
Tel. 082-245-2311 砂田充教

http://www.rccbc.co.jp/event/kagura/

「広島神楽」定期上演〜広島・島根交流特別公演〜

広島神楽を正しく保存し、次世代に継承することを目的に、毎週定期的に公演を実施。今年度は4月から12月にかけて、県内の神楽団が週替わりで登場し、全39公演を予定している。今回の特別公演は、島根県浜田市より岩見神楽を招聘し、広く地域交流を図るとともに、全国有数の神楽どころの拠点を目指す。

[日程]8月19日
[会場]広島県民文化センター

ページトップへ↑

九州・沖縄

●鹿児島県湧水町

鹿児島県霧島アートの森
〒899-6201 姶良郡湧水町木場6340-220
Tel. 0995-74-5945 田中信幸

http://open-air-museum.org/

森本千絵×中島信也〈森の中〉展〜広告づくりの頭の中はアートの森〜

広告デザインの世界で活躍する二人のクリエーターの展覧会。CDジャケットのアートワークや絵コンテ、美術セットなどを展示し、広告ができるまでの過程を紹介する。普段何気なく目にしているものがどのように生まれているかを知る機会となる。美術セットの前で撮影ができる参加型の展示も行われる。

[日程]7月13日〜9月18日
[会場]鹿児島県霧島アートの森

ページトップへ↑