地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google

出版物・報告書

戻る

地域通信

4月号-No.264

データの見方
情報は地域ブロック別に、開催地の北から順に掲載してあります。
●:開催地/地域創造の助成事業地域創造の助成事業
開催地の下は事業運営主体、住所、電話番号、担当者名の順に記載してあります。
太字部分が事業名で、以下、内容を紹介しています。

北海道・東北

●札幌市

札幌芸術の森美術館
〒005-0864 札幌市南区芸術の森2-75
Tel. 011-591-0090 梅村尚幸
https://artpark.or.jp/

札幌美術展 旅は目的地につくまでがおもしろい。

札幌の美術を毎年さまざまな角度から紹介するシリーズ展。今年度は北海道ゆかりの作家8名による“旅の行程”を感じさせる表現を紹介。旅支度や道中の期待と不安が入り交じった感情、移りゆく景色、旅のもつ物語性やゲーム性などの要素を紡ぐ、絵画・写真・映像をはじめとした多様な作品を展示する。

[日程]4月8日〜5月28日
[会場]札幌芸術の森美術館

●北海道旭川市

北海道立旭川美術館
〒070-0044 旭川市常磐公園内
Tel. 0166-25-2577 村山史歩
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm

IFDA第10回記念 北海道立旭川美術館開館35周年記念
デンマーク・デザインの魅力織田コレクションと旭川

近現代の椅子研究者として知られる織田憲嗣東海大学名誉教授が収集してきた世界的にも貴重なコレクションの中から、特に研究に力を注いできたデンマークの椅子を中心に、家具や日用品などの名品を紹介。また、織田コレクションが旭川地域の家具産業やデザイン文化、教育の発展に果たしてきた役割や、デンマークと旭川の家具製作の共通性についても幅広く検証する。

[日程]4月21日〜6月25日
[会場]北海道立旭川美術館

●岩手県盛岡市、花巻市

岩手県立美術館
〒020-0866 盛岡市本宮字松幅12-3
Tel. 019-658-1711 根本亮子
http://www.ima.or.jp/

没後90年 萬鐵五郎展

画家・萬鉄五郎の没後90年を記念し、岩手県立美術館と生誕の地・花巻市の萬鉄五郎記念美術館が初の共同展を開催。県立博物館での展覧会以来、20年ぶりの大回顧展となる。岩手県立美術館では油彩画や素描、周辺資料などを展示し、表現の本質・変化を読み解く。一方萬鉄五郎記念美術館では、水墨画に焦点を当てた展示を行い、油彩画制作との関連性について考察する。

[日程]4月15日〜6月18日
[会場]岩手県立美術館、萬鉄五郎記念美術館

●秋田県横手市

秋田県立近代美術館
〒013-0064 横手市赤坂字富ヶ沢62-46
Tel. 0182-33-8855 奈良・鈴木
http://www.pref.akita.jp/gakusyu/public_html/

絵画×物語 描かれたストーリー

絵画によってイメージ化されてきた物語の数々。絵画に親しみをもって鑑賞する機会にしてもらおうと、中国の故事や日本の説話、絵本、小説の挿絵など、物語を基にした絵画作品を紹介する。素描や水彩画、日本画、版画などバラエティに富んだ作品約150点を展示する。

[日程]2月11日〜4月16日
[会場]秋田県立近代美術館

ページトップへ↑

関東

●群馬県高崎市

高崎映画祭
〒370-0831 高崎市あら町202
Tel. 027-326-2206 志尾睦子
http://takasaki.film.gunma.jp/

第31回高崎映画祭

コミュニティシネマ設立を志向する市民団体が母体となり、1987年に始まった伝統の市民映画祭。16日間にわたり、今年の作品賞受賞作『淵に立つ』をはじめ、邦画・洋画セレクション、昨年他界した巨匠アンジェイ・ワイダの追悼特集、シンガポールの俊英エリック・クー特集など、さまざまなカテゴリーに応じた数多くの映画が市内各地で上映される。バックステージツアーやトークイベントなどの関連企画も開催予定。

[日程]3月25日〜4月9日
[会場]高崎市文化会館、高崎電気館、シネマテークたかさき ほか

●さいたま市

埼玉県芸術文化振興財団
〒338-8506 さいたま市中央区上峰3-15-1
Tel. 048-858-5503 松野・石井
http://www.saf.or.jp/

蜷川幸雄一周忌追悼公演
さいたまゴールド・シアター×さいたまネクスト・シアター
『鴉よ、おれたちは弾丸をこめる』

故蜷川幸雄が率いた高齢者演劇集団さいたまゴールド・シアターの公演。2013年と14年に海外公演も成功を収めた代表作(清水邦夫作)を、蜷川の追悼公演として上演する。3年前の前回公演に引き続き、蜷川が率いたもうひとつの演劇集団、平均年齢28歳のさいたまネクスト・シアターから21名のキャストも出演する。

[日程]4月14日〜16日
[会場]彩の国さいたま芸術劇場

●千葉県市原市

いちはらアート×ミックス実行委員会事務局
〒290-0225 市原市牛久500
Tel. 0436-50-1160 富樫淳一郎
http://ichihara-artmix.jp/

いちはらアート×ミックス2017

2014年に、美術がもつ地域資源を顕在化する働き、多様な層の人々の協働を促す力を活かしながら、市南部地域を活性化させるために始まった芸術祭。廃校を活用し、小湊鐵道や市原湖畔美術館など多くの団体と連携。また地域住民と市外からのアーティストやボランティアが長期的に交流していくことで、新しいコミュニティが生まれた。2回目の開催となる今年は、キジマ真紀や豊福亮、開発好明、小沢敦志らのアーティストが参加。

[日程]4月8日〜5月14日
[会場]市原市南部地域(小湊鐵道上総牛久駅〜養老渓谷駅一帯)

●東京都目黒区

東京都写真美術館
〒153-0062 目黒区三田1-13-3(恵比寿ガーデンプレイス内)
Tel. 03-3280-0099
https://topmuseum.jp/

夜明けまえ 知られざる日本写真開拓史 総集編

公開機関をもつ全国施設に、幕末〜明治期の初期写真や資料などの所蔵状況を調査、出品交渉を行い展示するシリーズ。初展示から10年目を迎える今年は集大成として、学芸員が特に重要と考える名品や国指定重要文化財など全374点(会期中、一部展示替え有り)を出品。当時の写真から世情や歴史上の人物の息吹を実感してもらう。幕末期の写真についての国際シンポジウムなども開催。

[日程]3月7日〜5月7日
[会場]東京都写真美術館

●東京都世田谷区

せたがや文化財団
〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1
Tel. 03-5432-1525 宇都宮萌
https://setagaya-pt.jp/

世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演
狂言「唐人相撲」/「MANSAIボレロ」

4月に開場20周年を迎える世田谷パブリックシアターの記念公演。ユーモアあふれる狂言『唐人相撲』と、芸術監督・野村萬斎による独舞『MANSAIボレロ』の2本立て。現在上演されている狂言の中で最も人数を要する『唐人相撲』では公募で選ばれた約15人が1週間の稽古を経て、能舞台で本番に臨む。5日の劇場開場記念日には劇場友の会会員および世田谷区民を対象にした招待公演「トーク&パフォーマンス『MANSAIボレロ』」を開催。

[日程]4月5日、7日〜9日
[会場]世田谷パブリックシアター

●東京都国立市

くにたち市民芸術小ホール
〒186-0003 国立市富士見台2-48-1
Tel. 042-574-1515 斉藤かおり
http://www.kuzaidan.com/hall/

inc.percussion days 2017 inくにたち市民芸術小ホール

打楽器奏者の加藤訓子がプロデュースする、若手の育成(インキュベーション)を目指したプロジェクト。ギャラリーやロビーなど施設全体を使って、能のすり足勉強会、立体映像を使ったイベントなどが行われる。また金子泰士や上床直人、小野周二らによる打楽器のリサイタルを行い、最終日には加藤による演奏で締めくくる。

[日程]3月31日〜4月2日
[会場]くにたち市民芸術小ホール

●東京都武蔵野市

武蔵野文化事業団
〒180-0006 武蔵野市中町3-9-11
Tel. 0422-54-8822 和田能
http://www.musashino-culture.or.jp/

《武蔵野市民文化会館リニューアル・オープン記念特別公演》
ウィーン・アカデミー管弦楽団“ベートーヴェン交響曲全曲演奏会”

リニューアル・オープンを記念して開催される4日間の連続公演。ウィーン・アカデミー管弦楽団だけでなく、第九のソリスト4名も海外から会館が単独で招聘する。指揮はマルティン・ハーゼルベック、合唱は新国立劇場合唱団(合唱指揮:冨平恭平)。4回公演のセット券など、特別料金の設定もあり。

[日程]4月20日〜23日
[会場]武蔵野市民文化会館

●川崎市

川崎・しんゆり芸術祭2017実行委員会事務局
〒215-0004 川崎市麻生区万福寺1-12-1 クロスアベニューU8F
Tel. 044-952-5024
http://www.artericca-shinyuri.com/

かわさき・しんゆり芸術祭
(アルテリッカしんゆり)2017

音楽や演劇、伝統芸能、映画などさまざまな分野の演目が揃う総合芸術祭として9回目を迎える。今年はオープニングを藤原歌劇団のオペラ『セビリャの理髪師』が飾り、フィナーレの東京交響楽団演奏会には大友直人(指揮)と小川典子(ピアノ)が出演。このほかスターダンサーズ・バレエ団によるバレエ『ドラゴンクエスト』や、人間国宝の友枝昭世と山本東次郎による競演、春風亭昇太や林家木久扇を迎えての落語など大人から子どもまで楽しめる演目が揃う。

[日程]4月22日〜5月14日
[会場]小田急線新百合ヶ丘駅周辺、多摩市民館、宮前市民館

●神奈川県葉山町

神奈川県立近代美術館
〒240-0111 三浦郡葉山町一色2208-1
Tel. 046-875-2800 橋秀文
http://www.moma.pref.kanagawa.jp/

砂澤ビッキ展

旭川市に生まれ、“木魂”を彫るかのような独特な彫刻を北海道で制作し続けた砂澤ビッキ(1931〜89)の、本州の公立美術館では初めての個展。20歳代の一時期を鎌倉で暮らし、亡くなる直前には神奈川県民ホールで展覧会を開き、神奈川県とのゆかりも深い。彫刻約20点、アクリル絵画や素描約50点を展示することで、知られざる側面に光を当て、その創造の秘密を探る。

[日程]4月8日〜6月18日
[会場]神奈川県立近代美術館 葉山

ページトップへ↑

北陸・中部

●石川県金沢市

いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭実行委員会
〒920-0856 金沢市昭和町20-1
Tel. 076-232-8111
http://www.gargan.jp

いしかわ・金沢
風と緑の楽都音楽祭

「ベートーヴェンが金沢にやってきた」をテーマに、金沢をはじめとする北陸の各地が音楽であふれる音楽フェスティバル。能舞とクラシックの共演や、邦楽・日本舞踊など伝統芸能の花舞台、吹奏楽の祭典など5つのプログラムで構成される。北陸の市民オーケストラが一堂に集結し、150人の合同演奏で奏でる『運命』など、地元演奏家や子どもたちと共に楽しむ参加型プログラムなどが多数行われる。

[日程]4月28日〜5月5日
[会場]石川県立音楽堂、金沢アートホールほか

●岐阜県岐阜市

岐阜県教育文化財団
〒502-0841 岐阜市学園町3-42
Tel. 058-233-8164 河合篤賢
http://www.g-kyoubun.or.jp/jimk/plaza/

地歌舞伎推進プログラム
「清流の国ぎふ 春の地歌舞伎公演2017」

岐阜県では毎年複数の地歌舞伎保存団体が公演を行う「地歌舞伎推進プログラム」を展開しており、そのひとつとして行う歌舞伎公演。出演は下呂市白山神社の境内に芝居小屋をもつ白雲座歌舞伎保存会。2020年には県下全域の地歌舞伎保存団体が一堂に会する公演を予定している。

[日程]4月8日
[会場]ぎふ清流文化プラザ

●岐阜県大垣市

大垣市文化事業団
〒503-8601 大垣市丸の内2-29
Tel. 0584-81-4111 岩島麻紀子
http://www.city.ogaki.lg.jp/0000034587.html

2017大垣音楽祭

プロ演奏家を招き、市民の音楽文化の向上を願って毎年開催される音楽の祭典。今年は初めてオーケストラ(中部フィルハーモニー交響楽団)を招きコンサートを開催するほか、指揮者・水戸博之から直接合唱の指導を受けるなど、プロの演奏や技術を間近で体験できる。また市民公募によるスプリング合唱団2017が、オーケストラやソリストと共演する。

[日程]4月1日〜5月21日
[会場]大垣市スイトピアセンター

●静岡市

SPAC─静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
Tel. 054-203-5730 内田稔子
http://www.spac.or.jp/

ふじのくに⇄せかい演劇祭2017

国内外の多彩な舞台芸術を、静岡の地で体験できる演劇祭。SPAC20周年となる今年は、宮城聰演出『アンティゴネ 〜時を超える送り火〜』を、駿府城公園の特設会場で上演するほか、ドイツのニコラス・シュテーマン、フランスのジゼル・ヴィエンヌの日本初演作、演出家タニノクロウが、舞台芸術公園で滞在制作・上演する新作『MOON』など5カ国7作品が上演される。また昨年に引き続き「ふじのくに野外芸術フェスタ」も同時開催。

[日程]4月28日〜5月7日
[会場]静岡芸術劇場、舞台芸術公園、駿府城公園ほか

●静岡市

静岡市美術館
〒420-0852 静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3F
Tel. 054-273-1515 以倉新
http://www.shizubi.jp/

Shizubi Project 6 彼方へ
國府理×林勇気×宮永亮

多くの人が行き交うエントランスホールで現代のさまざまな美術の姿を紹介するシリーズの6回目。今回は「彼方へ」と題し、3名の現代美術家の作品を展示。世界が隅々まで探索され、急速に映像化される現代において、世界の彼方やメディア(デジタル世界)の彼方、心の彼方などへと、3人の作品を通して誘う。6月4日以降の約2週間は、展示会場をさらに展示室にも拡張する。

[日程]3月28日〜6月18日
[会場]静岡市美術館

ページトップへ↑

近畿

●神戸市

「ジャズの街神戸」推進協議会
〒650-0017 神戸市中央区楠町4-2-2
Tel. 078-351-3597 三島美智代
http://www.kobe-bunka.jp/

KOBE JAZZ DAY 2017

日本のジャズ発祥の地とされている神戸で、4月4日を「KOBE JAZZ DAY 4/4(エイプリルフォース)」と制定し、毎年記念イベントを開催。ジャズの力により神戸の街を活性化していく。3回目の今年は、2016年10月に結成後、プロミュージシャンによる指導で練習を続けてきた神戸市近郊在住のジャズ好きの中学生・高校生たちによる神戸ユースジャズオーケストラが神戸文化ホールでデビューする。

[日程]4月2日
[会場]神戸文化ホール、大倉山公園

ページトップへ↑

中国・四国

●岡山県真庭市

真庭エスパス文化振興財団
〒719-3214 真庭市鍋屋17-1
Tel. 0867-42-7000 岡村一郎
http://kuse-espace.jp

ミュージカルVivo第16回エスパス公演『森の木陰に吹く風は』

真庭市を拠点に活動しているミュージカルグループVivoの定期公演。3歳から19歳までの計47人が出演。第1部は、2006年に公演したオリジナルミュージカル『森の木陰に吹く風は』のリメイク版を上演。子どもたちの個性や成長に合わせて脚本、大道具、楽曲、衣装を手づくりしている。第2部は、ダンス&バレエ『VIVO WORLD』を上演。

[日程]4月1日、2日
[会場]エスパスホール

●広島市

広島市現代美術館
〒732-0815 広島市南区比治山公園1-1
Tel. 082-264-1121 松岡剛
https://www.hiroshima-moca.jp/

殿敷侃:逆流の生まれるところ

社会的なテーマへの取り組みや、地域住民との協働による制作が再評価されている、没後25年を迎える広島ゆかりの作家・殿敷侃の活動を包括的に振り返る。“逆流”とは、晩年に作家自身が制作に対して用いた言葉で、本展はその意味や作家からの問いに答えるヒントとなる作品が展示される。

[日程]3月18日〜5月21日
[会場]広島市現代美術館

●広島県安芸太田町

あきおおた国際音楽祭実行委員会
〒731-3810 山県郡安芸太田町戸河内759-1
Tel. 090-7540-8975 中川圭子
http://akiootakokusai.info/

あきおおた国際音楽祭 with Bechstein

戸河内ふれあいセンター設立時に寄贈されたピアノが、ベルリン・フィルハーモニーホールで実際に使用された名器ベヒシュタインであったことから、ピアノを通して音楽で繋がることを目的に始まった音楽祭。7回目となる今回は、バイロイト祝祭管弦楽団のメンバーによるヴァイオリン四重奏団の演奏とマスタークラスを開催。

[日程]4月2日
[会場]戸河内ふれあいセンター

●山口県下関市

コルトー音楽祭実行委員会
〒759-6301 下関市豊浦町大字川棚5180(コルトーホール内)
Tel. 083-774-3855 増田玲子
http://www.kawatananomori.com/

第8回川棚・コルトー音楽祭
『京都フランス音楽アカデミー特別演奏会』

20世紀を代表するフランス人ピアニスト、アルフレッド・コルトーが唯一行った来日公演(1952年)で滞在し、永住を望むほど魅了された川棚で、2010年から始まった音楽祭。コルトーが設立した音楽院と教育提携する京都フランス音楽アカデミーの協力を得て、フランスから2名の招聘教授を迎え、室内楽コンサートを行う。

[日程]4月3日
[会場]下関市川棚温泉交流センター 川棚の杜・コルトーホール

●徳島県徳島市

勘緑&木偶舎、阿波十郎兵衛屋敷
〒771-0114 徳島市川内町宮島本浦184
Tel. 088-665-2202 佐藤憲治
http://joruri.info/jurobe/

じょうるりに行こうセッションvol.8「チェロ+人形」

浄瑠璃人形遣いの勘緑が、人形浄瑠璃の新たな可能性を求め、さまざまな芸術分野とセッションを行う「じょうるりに行こう」シリーズ。昨年3月からスタートし、創作ダンスや箏、太鼓、藍染めの衣装などとセッションを行ってきた。今回はベルギー在住のフランス人チェリスト、スタン・デュゲとのコラボレーション。曲目は、バッハの『無伴奏チェロ組曲第1番』、黛敏郎が義太夫節をモチーフに作曲した『BUNRAKU』など。

[日程]4月7日
[会場]徳島県立阿波十郎兵衛屋敷

●香川県高松市

香川県立ミュージアム
〒760-0030 高松市玉藻町5-5
Tel. 087-822-0247 瀧上華
http://www.pref.kagawa.lg.jp/kmuseum/index.html

クロスポイント/交差する視線20の表現

香川県出身・ゆかりの作家20名の作品を紹介する展覧会。絵画、彫刻、写真、映像、インスタレーションなど、年齢層もジャンルも多様な作品を展示することにより、多彩な視点や表現の手法などを探っていく。出展作家によるトークショーやワークショップなども開催。

[日程]4月15日〜6月4日
[会場]香川県立ミュージアム

●愛媛県東温市

東温市企画財政課
〒791-0292 東温市見奈良530-1
Tel. 089-964-4401 桑原・山本
http://www.city.toon.ehime.jp/life/life_theme/gyousei/tiikisinkou/shimin_myuzikaru/

東温市ミュージカル『城ノブ』〜愛媛のマザー・テレサ〜

明治から昭和にかけて活躍した東温市出身の社会事業家・城ノブの生涯を題材とした市民参加ミュージカル。市の新たな魅力の発信と市民一人ひとりが活躍するまちづくりを目指し、歴史・文化・伝統をテーマとした演目を数多く手がけてきた坊っちゃん劇場の協力を得て制作。公募により集まった市民55人が半年にわたる稽古の成果を披露する。

[日程]4月29日、30日
[会場]坊ちゃん劇場

ページトップへ↑

九州・沖縄

●長崎県佐世保市

アルカスSASEBO
〒857-0863 佐世保市三浦町2-3
Tel. 0956-42-1111 田上・古賀・川村
http://www.arkas.or.jp/

アルカスSASEBOジュニアオーケストラ第5回定期演奏会

設立5年目の節目となるジュニアオーケストラの定期演奏会。現在90人が在籍し、ミュージックアドヴァイザーであるヴァイオリニスト豊嶋泰嗣のほか、長崎県内外の音楽家が幅広く指導に当たっている。関連企画として、練習見学や楽器体験を通して、地元講師が地域の子どもたちにオーケストラの魅力を伝える「オーケストラとふれあおう!」を開催(4月8日)。

[日程]4月29日
[会場]アルカスSASEBO

●宮崎県宮崎市

宮崎国際音楽祭事務局
〒880-8557 宮崎市船塚3-210(宮崎県立芸術劇場内)
Tel. 0985-28-3208 花田昌明
http://www.mmfes.jp/2017/

第22回宮崎国際音楽祭

1996年から開催しているクラシックの音楽祭。今回から音楽祭のメインビジュアル・デザインを日本画家・立山周平の手により刷新。国内プロオーケストラの首席クラスの演奏家で構成する宮崎国際音楽祭管弦楽団のほか、ピンカス・ズーカーマン、ミッシャ・マイスキー、ライナー・キュッヒルら多くの世界的な海外演奏家も出演する。前回からスタートした「Oh! My! クラシック」と題する著名人を起用したトーク・コンサートなど、裾野を広げるための企画も開催。

[日程]4月28日〜5月14日
[会場]メディキット県民文化センター ほか

ページトップへ↑