地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

ニュース

戻る

【ステージラボ富士見セッション 参加者募集】

 ステージラボは、公立文化施設等の職員を対象に、ワークショップなど体験型プログラムやグループディスカッションなど、講師と参加者の双方向コミュニケーションを重視したカリキュラムに取り組む、少人数形式の実践的な研修事業です。

2019年度前期セッションは、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみを会場に開催します。

 下記リンクより、募集要領、参加申込書、申込アンケートをダウンロードし、必要事項ご記入のうえ、メールでお申し込みください。みなさまのご参加お待ちしております。


[日 程] 2019年6月25日(火)〜28日(金)

[会 場]  富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ(埼玉県富士見市鶴馬1803−1)

[申込締切] 2019年4月22日(月)必着

[申込方法] 募集要領に記載されているメールアドレスに「参加申込書」、「申込アンケート」を添付の上、お送りください。


※申込書の受信連絡は行いません。確認が必要な場合は、お問い合わせいただくか、メール送信の際、「開封確認」の設定をお願い申し上げます。



◎ホール入門コース(定員20名程度)

[コーディネーター]

 ヤッシー(トロンボーン奏者/BBBB〔ブラック・ボトム・ブラス・バンド〕リーダー)

[対象者]

 公共ホール・劇場(開館準備のための組織を含む。)において、業務経験年数1年半未満程度(開館準備のための組織にあっては年数不問)の職員

[コース内容]

 皆さんが面白いと思ってること。その面白いが、今回のテーマです!ワークショップや、実験的なプログラムを体験しながら『面白い』が、ホールの楽しさ、地域の皆さんの楽しさにどう繋がっていくのか。大いに考え、大いに語り合っていく中で、探していきたいと思います。


◎自主事業コース(定員20名程度)

[コーディネーター]

 多田 淳之介(演出家/東京デスロック主宰/富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ芸術監督(2019.3.31退任))

[対象者]

 自主事業を実施している公共ホール・劇場において、業務経験年数が2〜3年程度の職員

[コース内容]

 地域のホールとして、ホールに来てもらうだけではなく、ホールが地域にあることで何が生まれるかを考えるプログラムづくり、ホールで生まれた関係が地域で広がっていくためのプログラム作りを考えます。鑑賞、創造、アウトリーチの連動について改めて考えてみましょう。


●募集要領・参加申込書・申込アンケート●

ページトップへ↑