地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

人材ネットバンク

戻る

公共ホール等求人情報 | 人材育成研修開催情報

人材育成研修開催情報
←戻る
No. 100018
団体名 世田谷パブリックシアター
研修名 『劇場における公共性』
内容 ■「シリーズ講座『日本の公共劇場を考える』
日本における公共劇場が、「公共」の「劇場」として機能し、日本の社会の中で成立していくために、あらためて向き合わなければならない「公共」という概念と演劇/劇場空間との関係性について考えます。ドイツやフランス、アメリカの公共劇場を参照項としながら、日本の公共劇場のあり方を検討していきます。
※なお、本講座は、世田谷パブリックシアターレクチャー2007『公共圏としての劇場―劇場空間の可能性』、2008『劇場における公共性―劇場空間の可能性』と内容が重複する部分がございます。ご了承ください。

2009年
(1)「公共性と行為/批評の空間」
講師:齋藤純一(早稲田大学教授)
(2)「アメリカ・リージョナルシアターにおける公共性の発見―日本における地域演劇政策の発展のために2」
講師:青野智子(諏訪東京理科大学講師)
(3)「公共劇場の根にあるもの」
講師:佐伯隆幸(演劇評論家)
(4)「〈演劇王国〉ドイツの公共劇場制度―その歴史と現在」
講師:谷川道子(東京外国語大学教授)
(5)「劇場的思考の現在―視線と空間のアルケオロジー」
講師:八角聡仁(批評家)
対象 ■ 舞台技術系    ■ 制作系    □ その他シンポジウム・フォーラムなど
募集人員 30名
日時 2009年
(1) 8月5日(水)19時〜21時 (2) 8月18日(火)19時〜21時
(3) 8月19日(水)・21日(金)19時〜21時 30分
(4) 8月20日(木)19時〜21時
(5) 9月2日(水)19時〜21時
会場 世田谷文化生活情報センター セミナールーム(キャロットタワー5階)
受講料 9,000円(全6回)
※受講当日に会場にてご精算いただきます。
※お席に余裕がある場合は、単発でも受け付けます。
申込み期間 先着順。定員になり次第終了します。
申込方法 ◆お申し込み、詳細はこちらへ
http://setagaya-pt.jp/workshop/2009/08/post_142.html
特記事項 [助成] アサヒビール芸術文化財団

申込み、問い合わせ先

郵便番号 〒154−0004
住所 東京都世田谷区太子堂4−1−1キャロットタワー5階
世田谷パブリックシアター学芸
電話番号 03−5432−1526
担当者氏名 世田谷パブリックシアター学芸 九谷
地域 □北海道・東北 ■関東 □中部 □近畿 □中国・四国  □九州・沖縄 
ホームページ http://setagaya-pt.jp/workshop/
掲載可能な団体は公立文化施設を運営する地方公共団体や関連の公益法人等(注)です。
    (注)
  1. 地方公共団体
  2. 地域における芸術創造活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人のうち、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号。以下「改正法」という。)附則第2条の規定により、なお従前の例によることとされた改正前の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき公の施設の管理を行うもの
  3. 改正法による改正後の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定管理者として指定を受け、公の施設の管理を行う法人その他の団体
  4. 地域にける芸術文化活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人(2.を除く)のうち、地方公共団体が基本金その他これに準ずるものを出資している法人で地域創造が特に認めるもの

ページトップへ↑