地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

人材ネットバンク

戻る

公共ホール等求人情報 | 人材育成研修開催情報

人材育成研修開催情報
←戻る
No. 100024
団体名 世田谷パブリックシアター
研修名 『制作者のための、技術の仕事―安全の観点からの理解』
内容 ■本講座は、世田谷パブリックシアター技術部と制作部企画の、舞台芸術の制作者の方々に向けた技術講座です。 シアタートラムを会場とし、座学と実技をワークショップ形式で進めていきます。 舞台技術各セクションの仕事の流れを踏まえながら、現場が無理なく、安全に、滞りなく進んでいくための見取り図を立てていけるように なるための基礎的な考えを身につけることを目標とします。

制作の経験を積みながらも、技術に関する理解が漠然としている不安を 隠しつつ仕事をしている経験はありませんか?

確かな知識を持って、舞台芸術の現場に向かうことで、 より良い創造環境をつくりあげていくことが出来るようになりたいと思っている 制作経験者の方、またとない機会ですので、是非ご参加ください。 ※当講座は、技術の習得を目的としたものではありません。

<詳細>※内容は、変更の可能性があります。

10月21日(水)13時〜18時
・安全管理の重要性、劇場におけるリスクアセスメントの考え方
・図面から読み取る危険(事故のケーススタディーズに関する意見交換)
・舞台仕込の流れ
・プロダクションケーススタディーズ(平面、断面図の読み方、スケジュールの立て方、予算、スタッフ構成)

10月22日(木)10時〜16時
・各セクション(舞台、照明、音響)の仕事、舞台技術基礎用語
・制作と技術スタッフのコミュニケーション
・グループディスカッション
※22日終了後、実費で懇親会を実施します。

<講師>
世田谷パブリックシアター 技術部
・熊谷 明人(くまがいあきひと)
・勝 康隆(かつやすたか)
・尾崎 弘之(おざきひろゆき)
・柘植 幸久(つげゆきひさ)
・市来 邦比古(いちきくにひこ) ほか
対象 ■ 舞台技術系   ■ 制作系    □ その他シンポジウム・フォーラムなど
募集人員 20名(制作経験者、2日参加可能な方)
日時 10月21日(水)13:00〜18:00、10月22日(木)10:00〜16:00
※22日終了後、実費で懇親会を実施します。
会場 シアタートラム
受講料 6,000円(全2回)
※受付は15分前より開始、お申込後キャンセルの場合は必ずご連絡ください。
申込み期間 先着順、定員になり次第終了します
※応募者多数の場合は、10月10日(金)締め切り後、抽選の上、参加者を決定後、通知いたします。
申込方法 ◆HPの申込みフォーム、または劇場ファックス(03-5432-1559)に、
希望講座のタイトルと共に下記の情報を記載の上、お申込みください。

HP:http://setagaya-pt.jp/workshop/2009/10/post_148.html

FAX
1)名前 (ふりがな)
2)住所
3)電話番号
4)年齢
5)メールアドレス
6)所属
7)どこで講座情報を知ったか
8)舞台芸術における経験
9)今回の講座を受講しようと思った理由/期待すること。
特記事項 [助成] アサヒビール芸術文化財団

申込み、問い合わせ先

郵便番号 〒154−0004
住所 東京都世田谷区太子堂4−1−1キャロットタワー5階
世田谷パブリックシアター学芸
電話番号 03−5432−1526 
担当者氏名 世田谷パブリックシアター学芸
地域 □北海道・東北 ■関東 □中部 □近畿 □中国・四国  □九州・沖縄 
ホームページ http://setagaya-pt.jp/workshop/
掲載可能な団体は公立文化施設を運営する地方公共団体や関連の公益法人等(注)です。
    (注)
  1. 地方公共団体
  2. 地域における芸術創造活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人のうち、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号。以下「改正法」という。)附則第2条の規定により、なお従前の例によることとされた改正前の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき公の施設の管理を行うもの
  3. 改正法による改正後の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定管理者として指定を受け、公の施設の管理を行う法人その他の団体
  4. 地域にける芸術文化活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人(2.を除く)のうち、地方公共団体が基本金その他これに準ずるものを出資している法人で地域創造が特に認めるもの

ページトップへ↑