地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

人材ネットバンク

戻る

公共ホール等求人情報 | 人材育成研修開催情報

人材育成研修開催情報
←戻る
No. 100034
団体名 株式会社シービーシーメソッド(日暮里サニーホール・荒川区ムーブ町屋指定管理者)
研修名 平成22年度文化庁芸術団体人材育成支援事業 第2回 ダンスライティングワークショップ
内容  舞台照明技術基盤の変革や、数多くのホール・劇場が新しく建設される状況の中で、照明技術の現在を若い舞踊家・舞踊制作者が知り、舞踊家の創造の意味・目的や手段を、将来プランナーを目指す照明家が知ることによって舞踊文化の向上を目指す人材育成事業です。

 経験豊かな舞踊家と舞台照明家の協力を得て開かれる今回のワークショップは、作品創造の過程を実際に舞台空間の中で体験し、具体的な方法論の発見・向上を目指すものです。舞踊家は光の本質的機能・役割を理解・体験し、照明家のプランメイキングのプロセスを、照明家は舞踊創作の意味・目的・創造の本質を知る場として、舞踊家と舞台照明家それぞれの方法的な向上を、協同作業の過程から構成します。

  また、若い照明家がダンサーと共通に学ぶ場や時間が少ないことと共に、舞踊家が他のスタッフ、たとえば舞台監督その他、照明のプランメイクだけでなく、裏方全体が創造のプロセスを共有することが容易ではない現状があります。劇場・ホールの設置条件は一律でないにしても、舞踊家の作品創造プロセスを支える方法的改善、向上は、表現者と舞踊文化全体の発展には欠かせないと考え、前回(2009年開催)寄せられた意見をもとに、技術革新と新しい劇場・ホールのあり方の中で、今回のワークショップテーマを、舞踊文化を支える裏方方法論全体の中でとらえるフォーラムも加えて計画しました。

  振付家、舞踊家、照明家、それを目指す人たち、そして舞踊に関係するすべての人たちを対象にしたワークショップです。是非ご参加ください。
対象 ■ 舞台技術系   ■ 制作系    ■ その他シンポジウム・フォーラムなど
募集人員 30人
日時 平成22年6月22日(火) "ダンス照明今昔"
平成22年6月29日(火) "舞踊空間の明日を考える"
平成22年7月6日(火) "照明家はこう考える"
平成22年7月13日(火) "ダンス照明の現在を知る"
平成22年7月20日(火) "照明プラン 実践のプロセス1"
平成22年7月21日(水) "照明プラン 実践のプロセス2"
平成22年7月27日(火) "ダンスを支える"
平成22年7月28日(水) "演出を支える 総合力としての 『裏方論』フォーラム1"
平成22年8月1日(日) "ダンスを創る (試演会)"
9月末、または10月初旬"演出を支える総合力としての 『裏方論』フォーラム2"
会場 日暮里サニーホール、荒川区ムーブ町屋
受講料 10回通し券15,000円/1回参加費1,800円
学生 10回通し券9,000円/1回参加費1,200円(※要学生証提示)
申込み期間 開催中随時
申込方法 電話申し込み:03-3365-0159(株式会社シービーシーメソッド)
メール申し込み:office@cbc-method.co.jp
特記事項 講師、会場等詳細はウェブサイトへ
http://cbc-move.jp/

申込み、問い合わせ先

郵便番号 〒169−0073
住所 東京都新宿区百人町1-24-8・3F
電話番号 03-3365-0159 
担当者氏名 田中・大神
地域 □北海道・東北 ■関東 □中部 □近畿 □中国・四国  □九州・沖縄 
ホームページ http://cbc-move.jp/
掲載可能な団体は公立文化施設を運営する地方公共団体や関連の公益法人等(注)です。
    (注)
  1. 地方公共団体
  2. 地域における芸術創造活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人のうち、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号。以下「改正法」という。)附則第2条の規定により、なお従前の例によることとされた改正前の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき公の施設の管理を行うもの
  3. 改正法による改正後の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定管理者として指定を受け、公の施設の管理を行う法人その他の団体
  4. 地域にける芸術文化活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人(2.を除く)のうち、地方公共団体が基本金その他これに準ずるものを出資している法人で地域創造が特に認めるもの

ページトップへ↑