地域創造

WWW を検索 jafra.or.jp を検索 powered by google  

人材ネットバンク

戻る

公共ホール等求人情報 | 人材育成研修開催情報

人材育成研修開催情報
←戻る
No. 100093
団体名 公益財団法人三重県文化振興事業団
研修名 ミエ・アート・ラボ
内容 アート教育の実践と展開についてともに学ぶ研修会を開催します。
今年のテーマは ふりかえることの大切さ、効果を学ぶ
アート教育・ワークショップに関心のある人、大募集!!
「子ども」や「アート」に関わるさまざまな立場のみなさんで“アート教育”の実践と展開について、ともに学びあい、つながりあうことを目的とした研修会です。現在、さまざまな分野で注目されている「ワークショップ」や「ファシリテーション」をキーワードに、実演家・演奏家、教育関係者、劇場・音楽堂関係者が一堂に会し、教育をはじめとした様々な“学びの現場”におけるアートを活かした実践力の向上をめざします。 今年で5回目となるラボのテーマは、「ふりかえることの大切さ、効果を学ぶ」。国内有数の講師によるワークショップを”素材”として体験いただき、その後、アートの多様性を活かしたプログラムの構成や、参加者に配慮した進め方、目的達成に向けたデザインなどについて、専門家と共に振り返り、考えます。
【講師】
苅宿俊文(青山学院大学教授) ダンスカンパニー セレノグラフィカ 吉野 さつき(愛知大学准教授)ほか
【ミエ・アート・ラボ修了生によるワークショップ試演会】
監修:南波圭(NPO法人演劇百貨店)
【対象者】
ワークショップ・ファシリテーション・アクティブラーニング・アート教育に関心のある方、教育関係者、文化・生涯学習・男女共同参画行政担当者文化施設関係者、公民館職員、アート系NPO関係者、教育普及に関心のある実演家。演奏家、PTAの皆さん、芸術系大学でアートマネージメントを学んでいる学生 など
対象 □ 舞台技術系   □ 制作系   ■ その他シンポジウム・フォーラムなど
募集人員 80人
日時 2017年12月3日(日曜日) 10時から18時まで
会場 三重県男女共同参画センター 多目的ホール
受講料 無料 ※ただし、食費・交通費・宿泊費などは参加者の個人負担となります
申込み期間  
申込方法 「ミエ・アート・ラボ参加申込書」をご提出ください。
※参加申込書はHPでダウンロードいただけます
※申込締切:2017年11月24日まで
郵送、FAX、またはE-mailに添付してお申込みいただけます。
E-mail: manabi-kouza@center-mie.or.jp
特記事項 【ご参加にあたって】
  • ・ワークショップの参加が前提となるため、ワークショップ 「ダンス」学ぶ(伝える)ためのツールとして意識したワークショップ の参加をおすすめします。 やむをえない場合は、時限毎の参加も可能です。
  • ・募集状況によって、人数の都合上ご参加いただけない場合がございます。
  • ・駐車場混雑が予想されますので、できるかぎり公共交通期間をご利用ください。
  • ・未就学児の入場はお断りします。
  • ・受講案内等は送付いたしません。

申込み、問い合わせ先

郵便番号 〒514-0061
住所 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター(指定管理者:公益財団法人三重県文化振興事業団)
E-mai:manabi-kouza@center-mie.or.jp
電話番号 TEL 059‐233‐1151
担当者氏名 三重県生涯学習センター 生田・南谷
地域 □北海道・東北 □関東 □中部 ■近畿 □中国・四国  □九州・沖縄
ホームページ https://www.center-mie.or.jp/event/detail/13529
掲載可能な団体は公立文化施設を運営する地方公共団体や関連の公益法人等(注)です。
    (注)
  1. 地方公共団体
  2. 地域における芸術創造活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人のうち、地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号。以下「改正法」という。)附則第2条の規定により、なお従前の例によることとされた改正前の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき公の施設の管理を行うもの
  3. 改正法による改正後の地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき指定管理者として指定を受け、公の施設の管理を行う法人その他の団体
  4. 地域における芸術文化活動の振興に資することを目的として民法第34条の規定により設立された法人(2.を除く)のうち、地方公共団体が基本金その他これに準ずるものを出資している法人で地域創造が特に認めるもの

ページトップへ↑