一般社団法人 地域創造

山口県山口市 「山口アートマネジメント隊 『アーティストがまちにやってくる』」

  2003年秋にオープン予定の山口情報芸術センター(YCAM)のプレ事業「アーティストがまちにやってくる」が、ゴールデンウィークを挟んだ4月20日から5月6日にかけて、山口市内各所で行われた。
 この事業は、公募市民30名からなる「山口アートマネジメント隊」が現代美術のアーティストと話し合いながら、企画づくりから予算管理、各種交渉、実施までを行うというものだ。参加アーティストは4名(藤浩志、きむらとしろうじんじん、小山田徹、野村誠)。昨年の9月と10月にアーティストと市民のお見合いを行い、誰のプロジェクトに参加するかを決定。70万円の予算で4チームに分かれて話し合いをスタート。今回、行われたのはその中のじんじんチームと藤チームによるパフォーマンスだ。
 きむらとしろうじんじんは、「焼立器飲茶美味釜付移動車(やきたてきやむちゃびみかまつきいどうしゃ)」と名付けたリヤカーに陶芸用の釜とお茶道具を積み込み、各地で出張楽焼きと野点を行うアーティスト。今回はその山口版として市内9カ所を巡った。また、藤チームは、藤浩志が各地で行っている「かえっこプロジェクト」(子ども通貨による不要品の交換会)で集まった廃棄物のぬいぐるみを活用。商店街の空き店舗で期間限定の「ヌイグルミシアター」(ヌイグルミギャラリー&映像シアター&カフェ)を運営した。

  5月5日、野点パフォーマンスの最終日。高田公園にスキンヘッドのド派手メイク、迷彩模様のドレスに身を包んだアーティストとリヤカーがやって来ると、親子連れや若いOLなど20人余りが集まり、絵付けやじんじんとの会話を思い思いに楽しんでいた。一方の「ヌイグルミシアター」は、油まみれで借り手もいなかった元中華屋を大掃除して改装したスペース。その日の夜は、映像系の学生が制作したCATV局の番組が上映され、藤チームの友人や通りがかりの人の話しのネタになっていた。
 どちらもプレ事業としての派手な広報や集客が行われているわけではなく、二人のアーティストは地域の日常の中に静かに、深く潜入している感じだった。事業を監修した熊倉純子氏(元メセナ協議会)は、「YCAMを理解してもらうとか、サポーターを育てるとかではなく、まずはアーティストとの出会いを経験してほしかった」と言う。こうした個人の経験を事業の成果としてどう評価するかは難しい問題だが、現場でインタビューした人たちの言葉は明らかにアーティストとの出会いによる変化を伺わせるものだった。その中の一人、じんじんチームのリーダー、藤田康子さんのコメントを紹介しよう。
 「マネジメントの意味も知らないで参加したが、それが社会に対して責任をもつということだとか、時にはアーティストに対して注文する必要があることなどが自然とわかってきた。じんじんさんの魅力は、リヤカー一台に自分のやりたいことのすべてを積み込んで、それさえあればどこでも彼の世界にできてしまうところ。そういう活動を目の当たりにして、何かしたいというエネルギーをもらった。じんじんさんとリヤカーがコミュニケーションを誘発する存在になっていて、集まった人たちが上下関係もなく機嫌よく同じことに熱中している。それがとても幸せな光景に思えて、ずっと見続けていたかった」
 藤浩志は「既存の価値観に乗っからないところで新しい活動を立ち上げる(新しい価値観を生み出す)デモンストレーションをするのが僕のアーティストとしての仕事だ」と言っていたが、こうしたアーティストの意思が個人に働きかける力について改めて実感させられた。

(坪池栄子)

  5月13日、YCAMの見直しを公約していた合志栄一新市長が就任したのに伴い、施設建設の3カ月中断が発表された。委員会で事業内容から再検討するそうだが、もし市民とのボタンの掛け違えがあったのならそれを正して、幸せな再出発ができることを願ってやまない。

 

山口情報芸術センター(YCAM)

 80年代末に全国で推進された情報都市インキュベーション構想の流れの中で、中園町周辺の3万平方メートルを山口市の新たな「情報・業務・文化ゾーン」として整備する中核施設として検討されたのが始まり。バブルの崩壊により開発規模や施設計画等の見直しを行い、93年に「やまぐち情報文化都市基本計画」を策定。市立図書館とアートスペースの複合施設としてメディアアートを中心とした自主事業を柱に運営する方針だったが、現在、再検討中。
[運営]財団法人山口市文化振興財団
[施設概要]スタジオA(600~800席)、スタジオB(フリースペース約300席)、スタジオC(映像ホール・100席)、図書館など

 

地域創造レター 今月のレポート
     2002.6月号--No.86

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2002年度地域創造レター6月号-No.86山口県山口市 「山口アートマネジメント隊 『アーティストがまちにやってくる』」