一般社団法人 地域創造

公共ホール現代ダンス活性化事業 (通称名:ダン活)  / 公共ホール現代ダンス活性化支援事業(通称名:ダン活支援)

公演の様子(セレノグラフィカ)撮影:鹿島聖子.jpg
公演の様子(セレノグラフィカ)撮影:鹿島聖子
公募型ワークショップ(伊藤千枝).jpg
公募ワークショップ(伊藤千枝)
小学校でのアウトリーチ(北村成美)撮影:鹿島聖子.jpg
小学校でのアウトリーチ(北村成美)撮影:鹿島聖子
 

全国公募で選ばれた現代ダンス(コンテンポラリーダンス)の登録アーティストとダンス公演の企画制作経験が豊富なコーディネーターを公共ホールに派遣し、公共ホールとアーティストが共同で地域交流プログラム(アウトリーチ・公募のワークショップ)又は公演を企画、実施する事業です。公共ホールの活性化と、公共ホールスタッフの企画・制作能力の向上、創造性豊かな地域づくりを目的にしています。
 地域交流プログラム(Aプログラム)、市民と作品を創作するプログラム(Bプログラム)、アーティストの作品を上演するプログラム(Cプログラム)があり、1つを選択して事業を実施します。翌年度以降に他のプログラムを継続して実施することが可能です。また、この事業に参加する公共ホールを対象にした全体研修会の開催をはじめ、コーディネーター(コンテンポラリーダンスの公演や地域交流プログラムに詳しい専門家)による企画から実施までの支援など、初めてコンテンポラリーダンスの事業に取り組むうえでのサポート体制も整備しています。

ダン活を実施した団体を対象としたフォローアップ事業として「公共ホール現代ダンス活性化支援事業」があります。ダン活で蓄積したノウハウを活用し、登録アーティストとして実績のある支援アーティストを招いて、公演と地域交流プログラムを自主的に企画・実施する団体に、財政的な支援を行います。

アーティスト

コーディネーター

2020(令和2)年度 コーディネーター[五十音順]

 
氏名 肩書
大澤苑美

八戸市新美術館建設推進室 主事兼学芸員

小岩秀太郎

東京鹿踊代表、縦糸横糸合同会社代表

神前沙織

NPO法人JCDN 教育・福祉・地域交流プログラム チーフ・コーディネーター

坂田雄平

NPO法人いわてアートサポートセンター、株式会社retoプロデューサー

中冨勝裕

公益財団法人横浜市芸術文化振興財団

中西麻友

NPO法人芸術家と子どもたち 事務局長

宮久保真紀

Dance New Air チーフプロデューサー

スケジュール

ダン活[2021(令和3)年度事業実施の場合]

ダン活2021スケジュール.jpg

 

募集・申請書式

2021(令和3)年度ダン活

要綱・要領・募集案内等

提出様式等

  • Aプログラム(地域交流プログラム)

 

 

  • Bプログラム(市民参加作品創作プログラム)

 

 

  • Cプログラム(公演プログラム)

 

【受付終了】2020(令和2)年度ダン活

要綱・要領・募集案内等

提出様式等

  • Aプログラム(地域交流プログラム)

 

  • Bプログラム(市民参加作品創作プログラム)

 

  • Cプログラム(公演プログラム)

【受付終了】2020(令和2)年度ダン活支援

要綱・要領・募集案内等

提出様式等

 

カテゴリー