一般社団法人 地域創造

平成21年度「公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業」徳島セッション終了

 3月7日、平成21年度「公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業」徳島セッションを締めくくるガラコンサートがあわぎんホール(徳島県郷土文化会館)で開催されました。出演アーティストは、ピアノトリオのTrio Blanc(トリオ・ブラン)、木管五重奏団notre coeur(ノートル・クール)の2組です。
  この事業は、都道府県・政令指定都市の参加のもと、研修会や域内市町村でのアウトリーチ、コンサートなどの事業を実施することで、アウトリーチ手法による事業展開の普及を目指すものです。今年度は徳島セッションとして、主催の徳島県・(財)徳島県文化振興財団を中心に、県内5市町(徳島市・海陽町・阿南市・吉野川市・小松島市)が連携して事業が行われました。
  昨年11月に開催したアウトリーチに関するシンポジウムを皮切りに、今年1月にはアーティストとホール担当者、コーディネーターが一体となってアウトリーチのプログラムづくりを行う「アウトリーチ研修」を実施。その成果を元に県内5市町で30回のアウトリーチと4回のコンサートを開催しました。
  今回のガラコンサートでは演奏のほか、アーティストの代表2名とチーフコーディネーターの吉本光宏さん(ニッセイ基礎研究所芸術文化プロジェクト室長)によるアウトリーチの活動報告も行われました。notre coeurの新井郁子さんは「グループ名は『私たちの心』という意味。でも1月に初めて集まった時点ではそれぞれ『私だけの心』でした。それがアウトリーチ先の子どもたちやホールの方々と接する中で、木管五重奏としての演奏や想いが一つになり、やっと『私たちの心』になれた気がします」と語り、今回の事業へ参加した意義を感じていました。

Photo05.jpg
ガラコンサートの模様

●公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業に関する問い合わせ
芸術環境部 水口・日下部
Tel. 03-5573-4185

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2009年度地域創造レター4月号-No.180平成21年度「公共ホール音楽活性化アウトリーチ・フォーラム事業」徳島セッション終了