一般社団法人 地域創造

平成21・22年度「公共ホール音楽活性化事業・応用プログラム」終了報告

 本事業は、おんかつ事業等の実績があるホールを対象として、発展的な企画づくりを支援するものです。平成21・22年度は、ユメニティのおがた(福岡県直方市)との共催で、おんかつ支援アーティストの田村緑さん(ピアニスト)による計12回のアウトリーチ、6回のワークショップ、2回のコンサートに取り組みました。
  「めざせこどもプロデューサー!」をテーマに今年4~7月に全6回、連続で実施したワークショップには、公募により集まった12人の子どもたちが参加しました。第2回の「ピアノのひみつ」では、呼びかけに応えて市民から寄付されたアップライトピアノをバラバラに解体し、ピアノの構造や音の出る仕組みについて実体験を通して学んだほか、そのほかの回でも、客席ごとに違う音の響きを聴きながら「マイベストシート」を探したり、楽曲のアナリーゼ(分析)に粘土を用いたり、絵本と音楽の融合を体験するなど、田村さんの溢れるアイデアによりさまざまな角度から音楽やホールの魅力にふれることのできる内容で、参加した子どもたちは少々難しいことにも夢中になって取り組んでいました。
  集大成となる「おんがく畑の収穫コンサート」では、Kidsプロデューサーとして認定された子どもたちが、ステージ上で田村さんと共にアナリーゼをしたほか、ピアノ解体ショーやベストシート紹介、受付、カゲアナ、開演ベルなどを担当し、ユメニティのおがたの公演を支える重要なメンバーの一員として活躍しました。

Photo05.jpg
ワークショップ「ピアノのひみつ」ピアノ解体の様子

●平成21・22年度「公共ホール音楽活性化事業・応用プログラム」事業内容
◎Kidsワークショップ「めざせこどもプロデューサー!」(4月18日、5月15日、6月5日、19日、7月3日、24日)
◎連続アウトリーチ(市内2小学校にて各4回/4月19日、20日、5月13日、14日、6月3日、4日、17日、18日)
◎おんがく畑のタネまきコンサート(3月13日)
◎おんがく畑の収穫コンサート(7月25日)
◎プレ企画(アウトリーチ4回/1月12日、3月12日)
[問い合わせ]芸術環境部 沼田
Tel. 03-5573-4093

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2010年度地域創造レター9月号-No.185平成21・22年度「公共ホール音楽活性化事業・応用プログラム」終了報告