一般社団法人 地域創造

平成27年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」終了報告

 複数の公共ホールがネットワークを組み、上質な演劇作品の上演および地域交流プログラムを実施する「公共ホール演劇ネットワーク事業」が終了しました。
  今年度は、7月から8月にかけて、三重県文化会館、穂の国とよはし芸術劇場PLAT、大垣市スイトピアセンター、長久手市文化の家、伊丹市立演劇ホール(アイホール)、ひたちなか市文化会館、小田原市民会館、妙高市文化ホール、アルカスSASEBO、茅ヶ崎市民文化会館の10の公共ホールで地域交流プログラムの実施と演劇作品ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネード』の上演を行いました。
  この作品は、作者であるハイバイ主宰の岩井秀人さん自身の経験をベースにつくられたもので、引きこもりという問題を扱かったものの、ユーモラスかつわかりやすいストーリーで初めて観劇する人々にも楽しめるものとなりました。地域交流プログラムとして実施された公募型のワークショップでは、実際に参加者の身に起きたさまざまな出来事を題材にして、参加者自身が演劇にするという内容で、お芝居をすることや演じることの面白さを体験しました。
  今回代表館を務めた三重県文化会館の担当者は、「参加館が10館というボリュームによる合意形成の難しさを感じましたが、他館とネットワークを組むことで、各地域の舞台芸術を取り巻く環境はさまざまであることを知ることができ、今後、事業を展開していく中での参考になりました。また、全国に同志の劇場があることがわかり、心強く感じました」と事業を振り返っていました。

Photo16.jpg
ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネード』
(於:三重県文化会館)
作・演出:岩井秀人 撮影:青木司

●平成27年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」 ハイバイ『ヒッキー・カンクーントルネード』
・2015年7月3日~5日/三重県文化会館
・7月8日、9日/穂の国とよはし芸術劇場PLAT
・7月11日、12日/大垣市スイトピアセンター
・7月16日、17日/長久手市文化の家
・7月19日、20日/伊丹市立演劇ホール(アイホール)
・7月26日/ひたちなか市文化会館
・8月1日、2日/小田原市民会館
・8月8日、9日/妙高市文化ホール
・8月22日、23日/アルカスSASEBO
・8月29日、30日/茅ヶ崎市民文化会館
◎公共ホール演劇ネットワーク事業に関する問い合わせ
芸術環境部 江口・小林
Tel. 03-5573-4076

カテゴリー