一般社団法人 地域創造

平成27年度「公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)」報告

 コンテンポラリーダンスのアーティストを地域に派遣し、ホールとアーティストが共同で企画した地域交流プログラム(アウトリーチと公募型ワークショップ)と公演を実施する「ダン活」。平成27年度は9地域で事業を実施しました。
  公演では、市民を対象にワークショップを重ねて創り上げる市民参加作品の上演が7地域で行われました。アーティスト作品と市民参加作品との2部構成の公演やアーティスト作品に市民参加のシーンを取り入れた作品などスタイルはさまざまですが、地域の人々と一緒に創り上げることで、ホールと地域の人々の繋がり、日常では出会うことのない人同士の絆を深めることができ、それぞれの地域でしかできない公演となりました。
  地域交流プログラムのアウトリーチでは、学校での実施が多く、各ホールが教育普及事業に積極的であることがうかがえました。一方で、子育て支援団体を対象にした親子向けなど他施設・団体と連携して取り組んだアウトリーチも実施しました。また、公募型のワークショップでは、母親向けや高齢者向けなど対象を絞った企画や、音楽家を対象として、演奏するからだを見つめ直すワークやダンサーとのコラボにもトライしたユニークな企画もありました。
  この事業を実施したホールからは、ダンスのもつ魅力、人と人を繋ぐ力を関係者に提示して理解を得ることができた事が大きな成果だったという声も聞かれるなど、今後の事業展開が楽しみです。
  平成29年度からは事業をリニューアルして実施します。より地域のニーズに合わせて段階的に取り組めるよう、下記の3つのプログラムを設定。当財団が負担する経費をこれまでより増額し、継続的に事業を実施できるように支援します。また、過去に当該事業を実施したホールも再度申請いただけるようになります。

◎Aプログラム(地域交流プログラム)
学校や福祉施設等でのアウトリーチ、公募型ワークショップを実施するプログラム
◎Bプログラム(市民参加作品創作プログラム)
市民参加作品を創作し上演するプログラム
◎Cプログラム(公演プログラム)
コンテンポラリーダンスの公演(アーティストのレパートリー作品)を実施するプログラム

 平成29年度事業の詳細、実施団体募集については次号5月号(4月25日発行)および当ウェブサイトにてお知らせします。

 

Photo04.jpg
ワークショップ参加者が出演した伊藤キムさんの公演『砂の上にポツリ』(浦安市民プラザwave101)

●公共ホール現代ダンス活性化事業
◎平成27年度開催地
(主会場/日程/派遣アーティスト)
・北九州市(北九州芸術劇場/2015年7月7日~13日/東野祥子)
・愛媛県西条市(西条市総合文化会館/8月18日~24日/田畑真希)
・静岡県御殿場市(御殿場市民会館/9月8日~14日/北尾亘)
・熊本県長洲町(ながす未来館/9月3日~4日、9月29日~10月5日/田村一行)
・静岡市(静岡市清水文化会館マリナート)/11月3日~9日/北尾亘)
・岐阜県飛騨市(飛騨市文化交流センター/11月2日~3日、12月8日~14日/東野祥子)
・福岡県中間市(なかまハーモニーホール/12月8日~14日/田畑真希)
・仙台市(せんだい演劇工房10-BOX /2016年1月18日~24日/青木尚哉)
・千葉県浦安市(浦安市民プラザwave101/2015年11月11日~12日、2016年2月15日~21日/伊藤キム)
◎問い合わせ
芸術環境部 栗林・湯澤
Tel. 03-5573-4055
dankatsu*jafra.or.jp(*を@に変えてご利用ください。)

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2015年度地域創造レター4月号-No.252平成27年度「公共ホール現代ダンス活性化事業(ダン活)」報告