一般社団法人 地域創造

平成30・31年度「公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業」秋田セッション報告

p4.jpg
アウトリーチ実演の様子

 都道府県と連携し、地域での演奏活動を通じて創造性豊かな地域づくりに資することを目的とした本事業は、平成30・31年度に秋田県で実施しています。今年度は、「アウトリーチ・シンポジウム~こどもたちにホンモノの音楽を届けよう!~アウトリーチのすすめ~」と題したシンポジウムを、6月7日に秋田市内のアトリオンで開催しました。
 今回は県内7市町村の担当者を含む約30人が参加し、アウトリーチの実際と可能性についての理解を深めました。また、平成28・29年度の愛知セッションで派遣されたLes Vents Japonais(木管五重奏)による、小学4、5年生を想定したアウトリーチプログラムの実演が行われ、参加者からは「地元の小学生にも聴かせてあげたい」「実際の様子がわかってよかった」と好評を得ました。実演後のトークセッションでは、「これまで演奏を中心に活動し、普段なら簡単に決めることのできる曲目も、45分のアウトリーチプログラムをつくるときはとても難しかった」とアーティストの本音が語られたのが印象的でした。
 来年度は、4月の研修会より本格的に事業がスタート。参加アーティストがアウトリーチを学ぶ研修を行った後、県内市町村で小学校などへのアウトリーチやコンサートを行い、11月の参加アーティスト全員によるガラコンサートまで続きます。現在、秋田セッションへの派遣アーティストを募集中です。

 

●「公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業」に関する問い合わせ
芸術環境部 山居(やまずい)
Tel. 03-5573-4069

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2018年度地域創造レター9月号-No.281平成30・31年度「公共ホール音楽活性化アウトリーチフォーラム事業」秋田セッション報告