一般社団法人 地域創造

平成30年度「公立美術館出前(オーダーメイド)型ゼミ」報告

p5.jpg
札幌会場の様子

 この事業は、公立美術館のマネジメントに関する研修を行うもので、昨年度から開始しました。地域創造と申請館の共催で、申請館の関心のあるテーマの下、2年間にわたって複数回講師を派遣し、半日ほどの研修を行います。今年度は、昨年度から事業実施をしていた、札幌芸術の森美術館と熊本県立美術館と共催で、それぞれ1回ずつのゼミを開催しました。
 札幌市では、昨年度オープンしたばかりの札幌文化芸術交流センターSCARTSを会場に、札幌市内、近隣市の公立美術館や、美術館の所管部局の行政職員を対象に開催しました。「美術館の付加価値 より親しまれる場になるために」というテーマの下、雑誌「ミュゼ」編集長の山下治子氏を講師に招き、歴史系・自然史系の博物館の館キャラなどの取り組みの事例について講義を聞いた後、ミュージアムグッズについて考えるワークショップを行いました。山下さん持参の全国の工夫あふれるミュージアムグッズを参考にしながら、それぞれの館のオリジナルグッズを持ち寄り、アイディアを共有する時間となりました。
 熊本県では、昨年から引き続いた関心事に、新たな観点としてインバウンド対策を付け加え、「観光と使命(ミッション)」というテーマの下、熊本県内の公立美術館、博物館や図書館の職員、美術館の所管部局の行政職員を対象に、熊本県立美術館を会場に開催しました。

 全国通訳案内士の古屋絢子氏から、インバウンドを案内する視点を生かした具体的なお話を聞いた後、碧南市藤井達吉現代美術館の木本文平館長のお話から地域の美術館の社会的意義について考える時間を持ちました。そうした2人のお話を伺った後に、さまざまな役割が公立美術館に求められる昨今において、今後の目指す方向性について全員でディスカッションを行いました。
  2年間にわたり、それぞれの興味のもと開催した研修を通して、美術館同士の相互交流やマネジメントに関する意識向上に繋がった事業となりました。

 

●公立美術館出前(オーダーメイド)型ゼミに関する問い合わせ
総務部 高野
Tel. 03-5573-4143

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2018年度地域創造レター4月号-No.288平成30年度「公立美術館出前(オーダーメイド)型ゼミ」報告