一般社団法人 地域創造

令和元(2019)年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」終了報告

p5_2.jpg

p5_3.jpg

上:さいたま公演の一場面(撮影:細野晋司)
下:地図のワークショップ(伊達市)

 複数の公共ホールが共同して演劇作品の上演とワークショップなど地域交流プログラムを行う「公共ホール演劇ネットワーク事業」が終了しました。

 令和元年度は7月から8月にかけて、9つの公共ホールで『めにみえない みみにしたい』の上演を行いました。この作品は、次代の演劇界を担う人材として注目を集める演劇作家・藤田貴大さんが作・演出を手がけ、子どもから大人まで一緒に楽しめる作品となっています。演劇ならではの見立てや、しりとりやじゃんけんといったゲーム要素、しゃぼん玉などを使った視覚効果など、多様な手法で子どもたちの観劇の敷居を下げる一方、少女の成長や自立、戦争というモチーフにも挑み、子どもはもちろん大人も楽しめる公演となりました。

 地域交流プログラムは、地図のワークショップを行いました。「今朝、最初に話した人は?」など藤田さんが参加者に向けてインタビューをしながら、全員で再現されたそれぞれの風景を藤田さんが構成し、みんなで小さな演劇作品を発表しました。

 参加したホールの担当者は「他館のスタッフと会議を重ねることでさまざまな情報交換をしながら公演制作を行うことができた。十分満足された数多くのお客様の表情を見ていると、良質な演劇作品を上演し続けることで、市民の演劇に対するニーズはまだまだ伸びるという手応えを感じた」と事業を振り返っていました。 本事業は令和2(2020)年度も実施予定です。詳しくは当財団ウェブサイト等をご確認ください。

 

●令和元(2019)年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」『めにみえない みみにしたい』(作・演出:藤田貴大)

 

◎開催地(会場/地域交流プログラム実施日/公演日)
•さいたま市(彩の国さいたま芸術劇場/2019年7月7日/7月13日~15日)
•北海道富良野市(富良野演劇工場/8月2日/8月3日)
•北海道士別市(あさひサンライズホール/8月4日/8月5日)
•北海道伊達市(だて歴史の杜カルチャーセンター/8月7日/8月8日)
•札幌市(札幌文化芸術劇場/8月9日/8月10日、11日)
•福岡県久留米市(久留米シティプラザ/8月14日/8月15日)
•福岡市(福岡市民会館/8月16日/8月17日、18日)
•熊本県(熊本県立劇場/8月19日/8月20日、21日)
•埼玉県東松山市(東松山市民文化センター/8月23日/8月24日)

 

◎問い合わせ
芸術環境部 山本・藤原
Tel. 03-5573-4079

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2019年度地域創造レター10月号-No.294令和元(2019)年度「公共ホール演劇ネットワーク事業」終了報告