一般社団法人 地域創造

2020・2021年度「公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)」新規登録アーティスト集合研修報告

p11_3.jpg
神谷未穂さん(ヴァイオリン)、新居由佳梨さん(ピアノ)によるゼミ[4]「おんかつ事業について」

 2020・2021年度の公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)登録アーティスト6組7名の集合研修を、10月8日、9日の2日間にわたり当財団事務所にて開催しました。

 初日はまず、劇作家・演出家でリージョナルシアター事業アドバイザーの岩崎正裕さん(劇団太陽族代表)によるワークショップを行いました。アーティストたちは自分たちの緊張をほぐしてお互いの距離を縮めただけでなく、芸術分野のアウトリーチには、参加者の協調性や想像力を育む効果があることを学びました。

 OBアーティストからの講座では「アウトリーチの魅力と苦労」「演奏家として求められるスキル」などをテーマに、ヴァイオリニストの神谷未穂さん、ピアニストの新居由佳梨さんからお話しをいただきました。地域の方々との距離を縮めるために地元の催しに参加したという体験談や、ホール担当者や地域の方々と一緒につくる事業だと理解することが大切といった話など、OBアーティストならではの生の声を聞くことができました。

 今回の研修と2020年1月~2月にかけて行われる実地研修を経て、新規登録アーティストたちはさまざまな地域に寄り添うことができるプログラムを検討します。来年度からの7名の活躍にご期待ください。

 

●2020・2021年度「公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)」登録アーティスト

・齊藤一也(ピアノ)
・石上真由子(ヴァイオリン)
・梅津 碧(ソプラノ)
・竹多倫子(ソプラノ)
・新野将之(打楽器)
・實川風・高橋ドレミ(ピアノデュオ)

 

●「公共ホール音楽活性化事業」に関する問い合わせ

芸術環境部 永田
Tel. 03-5573-4069

カテゴリー

ホーム出版物・調査報告書地域創造レター地域創造レターバックナンバー2019年度地域創造レター12月号-No.2962020・2021年度「公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)」新規登録アーティスト集合研修報告