一般社団法人 地域創造

調査研究報告書(令和元年度)

2019年度「地域の公立文化施設実態調査」報告書

概要

 地域創造では、公立文化施設の管理運営の実態を総合的に把握するとともに、地域における文化・芸術施策の企画・立案に活かして頂くことを目的に、ホール、美術館など様々な公立文化施設の設置状況に加え、運営体制、自主事業の状況などに着目した調査をおよそ5年に1度のペースで実施しています。

 今回は、2014年から5年ぶりの調査となることから、この間に制定された文化芸術基本法や障害者による文化芸術活動の推進に関する法律に基づく取組、インバウンド対応など、地方公共団体における新たな取組を調査項目に加えました。また、国全体が本格的な人口減少に突入する中、市区町村の施策の分析に当たっては、従来の人口規模別に加え、将来人口の増減予測に基づく分析も試みました。

 報告書は以下のリンクから、閲覧・ダウンロードが可能です。ぜひご活用下さい。

報告書の構成

 はじめに (PDF 98.8KB)

 目次 (PDF 392KB)
 Ⅰ 調査の概要と手法 (PDF 322KB)

 Ⅱ 公立文化施設の概況 (PDF 725KB)

 Ⅲ 専用ホール (PDF 992KB)

 Ⅳ その他ホール (PDF 832KB)

 Ⅴ 美術館 (PDF 1.23MB)

 Ⅵ 練習場・創作工房 (PDF 736KB)

 Ⅶ 公立文化施設の運営について (PDF 843KB)

 Ⅷ 地方公共団体の文化政策について (PDF 1.05MB)

 参考資料(PDF 617KB)

 調査票 (PDF 2.48MB)